4月20日放送の「アナザースカイ」は花村想太が韓国へ。

公開: 更新: 日テレTOPICS
4月20日放送の「アナザースカイ」は花村想太が韓国へ。
4月20日放送の「アナザースカイ」は花村想太が韓国へ。

4月20日のゲストは、5人組アーティスト「Da-iCE」のボーカル兼パフォーマーの花村想太さん。今年メジャーデビュー10周年を迎えた「Da-iCE」は、ツインボーカルが織りなす「4オクターブの高音ボイス」が注目を集め、華麗なダンスパフォーマンスで日本の音楽シーンに欠かせないグループとなった。また近年は、ミュージカルの主演や映画の吹き替え声優など、音楽シーン以外にも活動の場を広げている。訪れたのは韓国。この半年で4度目の訪問となる。物心ついた頃から歌が大好きで、人生の多くの時間を音楽にかけてきた。この世界に入ったのは17歳の時。正直、順風満帆なアーティスト人生ではない。2011年、「Da-iCE」結成。朝から晩までレッスンを受けて、夜中はアルバイト。両親の脛をかじって生活していた時期もある。当初は10人くらいのお客さんの前で歌っていた。そんな中、活路を見出そうと訪れた先のひとつが韓国だった。2018年のリリース曲を韓国の振付師に依頼。その振り付けは、今までとは一味違うグループの一面を引き出してくれたという。韓国以外にも様々な国で武者修行してきた。実力の差に落ち込んだり、挫折感も味わった。結果、良くも悪くも自分はJ-POPアーティストだと自覚することができた。「大嫌い」って歌詞が、「大好き」に聞こえる日本語の表現力。それは日本の音楽ならでは。そうした能力を秘めている「歌謡曲」が大好きだ。「Da-iCE」として歌謡曲を進化させていきたい。これからも今までにない音楽を模索していく。