3月20日(水) 第7回放送  ゲストに中川晃教が登場!

公開: 更新: 日テレTOPICS
3月20日(水) 第7回放送  ゲストに中川晃教が登場!
3月20日(水) 第7回放送  ゲストに中川晃教が登場!

3月20日(水) 第7回放送  ゲストに中川晃教が登場!

3月20日(水)に放送された第7回は“ミュージカルで得られるスキル”をテーマに、ゲストに中川晃教を迎えて濃密なトークが展開された!
中川晃教といえば、アーティストデビューの翌年から20年も舞台に立ち続け、多い年だと1年間で11作品に出演する生きるレジェンド。Da-iCEの花村とは『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』で共演したり、『ジャージー・ボーイズ』で共にフランキー・ヴァリを演じWキャストを務めたりと関係を深めてきた。

中川のすごさを訊かれた花村は「一言で表せないけど、表現力の塊。歌だけじゃなくて、言葉やセリフの置き場所、意味合いっていうのを、すごく大事にされているかた」と熱弁。師匠といっても過言ではない中川への尊敬を赤裸々に告白した。

そんな花村をミュージカルの世界に引きこんだのは、実は中川だったという話題も。中川は「『Act Against AIDS 2016』で花村の歌声を初めて聴いたときに、ピコーンと来た。『ジャージー・ボーイズ』のプロデューサーに話を持ち帰り、様々な各所が動いて花村さんの『ジャージー・ボーイズ』出演が決まったんです」と、フランキー・ヴァリのWキャストに至った経緯を語った。

中盤では、花村の歌が『ジャージー・ボーイズ』後から確実に上手くなったというNO忖度トークが炸裂。花村は「『ジャージー・ボーイズ』のオーディションに挑むまでに、1年間しっかりとボイストレーニングを受けたのもあるけど、アッキーさん(中川)の歌を間近で聞いて、ピッチやリズムを完璧に合わせた状態でも気持ちを乗せられる音楽があると気づいた」と熱っぽい視線で言葉を口にする。工藤も「明らかに安定感が変わった気がする」と話し、花村の進化を実感しているようだった。

Da-iCEとゲストがスペシャルパフォーマンスを披露するLabコラボでは、花村と大野が中川と一緒に中川のデビュー曲である「I WILL GET YOUR KISS」をパフォーマンス! 花村が「歌手の教材になってもおかしくないくらい、いろんな技や表現力がギュッと詰まってる曲」というだけあり、構成やメロディーがシンプルだからこそ歌い手の実力が試されるナンバー。スキルとエモーショナルを両立させた歌唱を繰り広げる中川に、一緒に歌っている花村と大野も思わずにっこり。美しいハーモニーで情熱的な恋の歌を描き切ったのだった。

Da-iCEが様々なジャンルの第一人者をゲストに迎え、「NO忖度 NOおふざけ」の深堀トークやこの日限りのコラボパフォーマンスを繰り広げるバラエティ番組「Da-iCE Lab」。3月27日(水) に放送される第8回にはオーイシマサヨシが登場し、テーマとなる“生粋のアニソンシンガーが抱く危機感”をインストールしていく!

PICK UP