「Da-iCE Lab」ゲストにLDHよりNAOTO・中務裕太・世界が登場!「Choo Choo TRAIN」コラボステージを初披露

公開: 更新: 日テレTOPICS
「Da-iCE Lab」ゲストにLDHよりNAOTO・中務裕太・世界が登場!「Choo Choo TRAIN」コラボステージを初披露
「Da-iCE Lab」ゲストにLDHよりNAOTO・中務裕太・世界が登場!「Choo Choo TRAIN」コラボステージを初披露

2月14日(水)24:59-25:29 日本テレビで放送のDa-iCEの冠番組となる音楽バラエティ「Da-iCE Lab」に、ゲストとしてLDHよりNAOTO(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS)・中務裕太(GENERATIONS)・世界(EXILE/FANTASTICS)が登場!

「Da-iCE Lab」 第2回となる今回は、NAOTO・中務・世界を迎え「LDH」=「Love Dream Happiness」をテーマに語り尽くす。「NO忖度 NOおふざけ」というコンセプトのもと、「ダンスだけで生活できる未来を想像してた?」「LDHに入っていなかったら何してた?」「ぶっちゃけ、歌いたいって思うことない?」など赤裸々トーク。

コラボステージでは、Da-iCEのボーカル2人 大野雄大・花村想太と、NAOTO・中務・世界で「Choo Choo TRAIN」をパフォーマンス!ここでしか見ることのできないコラボは必見!

また、「Da-iCE Lab」前回放送の内容も改めてご紹介。2月7日放送の第1回は、“デビュー10周年”をテーマに、Da-iCE年表と共に赤裸々なトーク。こちらの放送は、現在Hulu、TVer、日テレTADAにて配信中!

■第1回

2022年に放送されていた『Da-iCE music Lab』が、1つのキーワードについてゲストと深いトークをして知識をインストールする番組『Da-iCE Lab』にリニューアルして復活。 2月7日(水)に放送された第1回は“デビュー10周年”をテーマに、あえてゲストを迎えず、Da-iCE年表と共に赤裸々なトークが展開された!

2024年は、Da-iCEがメジャーデビューしてから10周年となる記念すべきアニバーサリーイヤー。5人のメンバーと1人のマネージャーから始まったダンスボーカルグループは、10年間を走りぬけて、レコード大賞を受賞するまでになったのである。

インディーズ時代からスタートしている年表が登場すると、「この時点で13年記念になってますね」と指摘する花村。岩岡も「チラチラ見える2014年の“初のファンクラブイベントで大野ふざける”が……」と食いつき、真面目な話題もポップなニュースもまぜこぜになったヒストリーに興味津々な様子だ。

インディーズ時代のことを尋ねられると、花村が「AAAのオープニングアクトをしてから、いろいろな人に見られるようになってきた」とシビアな現実を告白。大野もあの頃を懐かしむかのように「ちょうどこのあたりにDa-iCEだけを見に来てくれたお客さんが100人を超えた」と口にした。MCに「お客さんが3人の時もあったなんてお話も」と振られた場面では、「ひとりの時もありました」とより少ない観客数のライブがあった事実を告げる場面も。

メジャーデビューの裏話へテーマが移ると、当時のキャッチコピー“顔面偏差値75”で大盛り上がり! 花村は「地元でめちゃくちゃいじられましたからね」と眉間にしわを寄せ、岩岡は知り合いに「顔面偏差値70だっけ?」と訊かれた際に自ら「いや、75です」と訂正したことを明かした。続けて、本当は「SHOUT IT OUT」ではなく「FIGHT BACK」でデビューしたかったという本音トークを繰り広げる。やりたいことをやらせてもらえず、厳しい洗礼を受けたメジャーデビューを振り返ったのだった。

本来だと番組終盤には、スタジオからコラボステージが届けられるのだが、この日は1月15日に武道館で開催された『Da-iCE 10th Anniversary LIVE』のパフォーマンス映像を特別に公開! デビュー曲の「SHOUT IT OUT」やレコード大賞を受賞した「CITRUS」、ヒットチャートを沸かせた「スターマイン」、新曲の「A2Z」といった豪華4曲のパフォーマンスが視聴者に贈られた。

PICK UP