「となりのナースエイド」第5話みどころ 澪(川栄李奈)が大河(高杉真宙)を尾行すると…たどり着いたのは意外な場所!?

公開: 更新: 日テレTOPICS
「となりのナースエイド」第5話みどころ 澪(川栄李奈)が大河(高杉真宙)を尾行すると…たどり着いたのは意外な場所!?
「となりのナースエイド」第5話みどころ 澪(川栄李奈)が大河(高杉真宙)を尾行すると…たどり着いたのは意外な場所!?

今日2月7日(水)よる10時 第5話が放送の日本テレビ系水曜ドラマ「となりのナースエイド」(毎週水曜よる10時放送)。

現役医師のベストセラー作家 知念実希人 × 3人目のバナナマンと呼ばれるコントの名手 脚本家オークラが仕掛ける、一癖も二癖もある病院エンターテインメント。

澪(川栄李奈)の姉・唯(成海璃子)の命を奪ったかもしれない危険人物を追った先に見たのは、なんと大河(高杉真宙)の姿!天才外科医に黒い影―やがて大河の悪いウワサが広がり、火神教授(古田新太)の耳にも入る…。

一方、ナースエイドのゆかいな仲間たちも何やら騒がしい。まとめ役の晴美(水野美紀)は、大学生の息子にGPSをつけるほど悩み中、相馬(矢本悠馬)は夏芽(吉住)にけしかけられ、とうとう澪にコクってしまう!? そして火神教授の開発する「オームス」計画に、知らぬ間に巻き込まれ始めた澪…。第5話のみどころを場面写真と共にご紹介!

姉の死の真相が知りたい澪は、姉を殺した可能性の高い男・辰巳(やべきょうすけ)のアジトとおぼしき屋敷の前で大河を目撃する。刑事の橘(上杉柊平)が調べたところ、屋敷は辰巳のものではないらしいが、辰巳と関係のある場所だということは間違いない。だとすると、大河は辰巳とつながっている…?橘から「何か見たのか?」と聞かれた澪だが、「いえ、何も…」。大河を見たなんて、絶対に言えない…。

姉のこと、辰巳のこと、そして大河のこと…。分からないことだらけで澪の頭の中はグチャグチャ。仕事に身が入らず、患者が話し掛けても上の空で、大河にもよそよそしい態度をとってしまう。

その頃、火神は独自に開発したオペレーションシステム『オームス』の実用を目指し、オームスに適応できる人材を探していた。「オームスを使いこなせる人間だけが、魔病シムネスに打ち勝つことができる」と豪語する火神。だが、大河でさえ使いこなすことができないオームスを並の医師が扱うことは到底不可能。適応者が見つからないまま時間だけが過ぎていく。焦り始める火神の耳に、大河に関する悪いウワサが届いて…。

一方、澪の悩みなど知る由もない同僚ナースエイドの面々。他人の色恋沙汰を面白がる夏芽は、澪に好意を寄せる相馬に「グズグズしてないで、コクっちゃいなよ」とけしかけ、晴美は最近帰りが遅い大学生の息子のことで頭がいっぱい。

そんな中、辰巳と大河の関係が気になる澪は、朝早くから車で出掛けていく大河をこっそり尾行するが、たどり着いたのは意外な場所で…。姉の死の真相に迫る澪を、またもや不測の事態が待ち受ける!

前回の第4話で、大河の熱い言葉からトラウマ克服の大きな一歩を踏み出した澪だったが…姉の死の真相に大河の影?澪と大河、どうなる!?

そして明かされる大河の秘密…「金のために決まってるだろ」大河の真意は?

衝撃は、二度訪れる――大事件同時多発の第5話は今夜10時放送!

■原作情報

知念実希人『となりのナースエイド』(角川文庫)

知念実希人 プロフィール
1978年、沖縄県生まれ。東京慈恵会医科大学卒業。内科医。2004年から医師として勤務。11年、第4回島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞し、12年、『誰がための刃 レゾンデートル』(のちに『レゾンデートル』と改題し文庫化)で作家デビュー。15年、『仮面病棟』が啓文堂書店文庫大賞を受賞。18年より『崩れる脳を抱きしめて』『ひとつむぎの手』『ムゲンのi』『硝子の塔の殺人』で本屋大賞にノミネート。他の著作に「天久鷹央」シリーズ、「祈りのカルテ」シリーズ、『傷痕のメッセージ』『ヨモツイクサ』など多数。

■番組概要

脚本:オークラ
音楽:井筒昭雄
チーフプロデューサー:松本京子
プロデュ―サー:藤森真実 藤村直人 森雅弘 白石香織(AX-ON) 島﨑敏樹(泉放送制作)
演出:内田秀実 今和紀(泉放送制作)
制作協力:AX-ON 泉放送制作
製作著作:日本テレビ

X(旧Twitter):@tonari_ntv
Instagram:@tonari_ntv
TikTok:@tonari_ntv
推奨ハッシュタグ:#となりのナースエイド

PICK UP