工場・東大・中高…それぞれの場所で人気の飲料は?自動販売機 売り上げランキングを調査

公開: 更新: 日テレTOPICS
工場・東大・中高…それぞれの場所で人気の飲料は?自動販売機 売り上げランキングを調査
工場・東大・中高…それぞれの場所で人気の飲料は?自動販売機 売り上げランキングを調査

2月3日(土)日本テレビで放送(TVerにて最新話を無料配信)の「ニッポン人の頭の中」。

日頃私たちがネットで行う検索や買い物、SNSの投稿など日々無意識に蓄積され続ける莫大なデータ。この番組は、そのような多種多様なデータでニッポン人の頭の中を可視化!OAしたランキングを記事でもご紹介する。

日本の飲料自動販売機の設置台数は200万台以上。56人に1台の割合で自動販売機があり、これは世界の中でもトップクラスで、なんと売上高は年間2兆円超え。

たとえば、JR東日本東京駅の新幹線改札内に設置された自動販売機は、出発前に購入する人が多いためJR東日本で売上1位。平日の1時間で37本も売り上げ、年間では26万本以上販売し、売り上げはなんと約4000万円とのこと。ちなみに、1ヶ月の売り上げTOP3はこちら。(2023年12月の月間ランキング)

1位:From AQUA 谷川連峰の天然水
2位:朝の茶事 すっきり抹茶入り
3位:朝の茶事 味わい玉露入り

では、ニッポン人が今、自動販売機で最も買っているドリンクはなんなのか?全国の自動販売機設置台数、約37万台のサントリーのビッグデータ(工場/中学・高校 2023年1月〜10月で集計、東京大学 2023年1月〜11月で集計)をもとに、それぞれの場所ごとにTOP3を発表!

【工場】
1位:ボス 無糖ブラック
2位:GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶 
3位:ボス カフェオレ

工場での1位は、「ボス 無糖ブラック」。工場ではとにかく「ボス」人気が高く、眠気覚ましや集中が切れた時に飲む方が多いよう。工場のトップ10のうち「ボス」が5品目ランクイン。

働く人からは、「朝はシャキッとするのと、お昼はゆっくりするような感じ」「休憩の時、一息つくため飲みます」という声が上がった。

【東京大学】
1位:天然水
2位:GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶 
3位:ダカラ Wビタミン

東大の1位はミネラルウォーター。「天然水」は「南アルプス」「北アルプス」「奥大山(おくだいせん)」「阿蘇」の4箇所の水源から採水されているとのこと(時期や地域によって異なる水源が販売されている可能性もある)。

学生からは、「研究してるときに糖分が足りなくておやつをよく食べるので、甘い飲み物というより自分の口がスッキリするような飲み物を飲みたい」「冬とか特に汗かいてることに気づかないので、脱水症状になっちゃってるすることもあるのでやっぱり、水を取るの大事」などの理由が聞かれた。

【中学・高校】
1位:天然水 きりっと果実
2位:天然水 特製レモンスカッシュ 
3位:天然水

東京都北区にある瀧野川女子学園に設置された自販機では、1位は「天然水 きりっと果実 オレンジ&マンゴー」。

摂取が欠かせない1日分のビタミンC、ビタミンB6、ナイアシンが1本でまかなえるそうで、「女子は結構、美容目的で飲んでたりする」という女子の意見に加え、男子からも「肌とか気にしてますね」「女子もやっぱりお肌気にするから」という美意識の高い様子がうかがえた。

また、天然水仕上げですっきりした味わいであることから「部活の時に飲んでる人多かった。炭酸じゃないけど味があるから飲みやすい」「炭酸あんまり好きじゃない。部活中なんで、パフォーマンスに影響が出てくる」などという声もあり、炭酸が入っていないことから部活の際に飲んでいる人も多いよう。

PICK UP