萩野公介 パリ2024オリンピックの日本テレビ系アスリートキャスターに決定!「選手の『スゴさ』『本気』を伝えていきたいです」

公開: 更新: 日テレTOPICS
萩野公介 パリ2024オリンピックの日本テレビ系アスリートキャスターに決定!「選手の『スゴさ』『本気』を伝えていきたいです」
萩野公介 パリ2024オリンピックの日本テレビ系アスリートキャスターに決定!「選手の『スゴさ』『本気』を伝えていきたいです」

フランス・パリで行われるスポーツの祭典、第33回オリンピック競技大会の開幕まで180日。日本テレビ系パリオリンピック中継 アスリートキャスターに競泳金メダリストの萩野公介氏が就任することが決定!

萩野氏は、2012年ロンドンオリンピックに17歳で初出場すると、400m個人メドレーで銅メダルを獲得。2016年リオデジャネイロオリンピックの400m個人メドレーで金メダル、200m個人メドレーで銀メダル、4×200m自由形リレーで銅メダルを獲得し、オリンピック3大会に出場し合計4個のメダルを獲得。オリンピックの大舞台で輝かしい功績を残し、様々な競技の見識を持つ萩野氏に、競泳のみならず多くの競技について、番組を通じてオリンピックの感動や興奮、アスリートの魅力や素晴らしさを伝えていただく。

パリ2024オリンピックは、現地時間7月26日(金)に開幕し、8月11日まで32競技329種目が実施される。

【萩野公介 コメント】

Q.現役を引退して初めて迎えるパリオリンピック。およそ半年後に迫ってきたが今の心境は?
私自身、現役時代、様々な大会を経験してきましたが、オリンピックは特別な大会と位置づけてきました。引退して初めて迎えるパリ大会本番が非常に楽しみです。先日開催された競泳の「KOSUKE KITAJIMA CUP 2024」でも選手たちからオリンピックイヤー独特のヒリヒリ感がひしひしと伝わってきましたが、これから行われるオリンピックへの切符をかけた各種目の代表選考会も非常に楽しみです。これから国内で開催される代表選考会もあるので、ぜひ実際に試合会場へ足を運び、生で見るからこそ感じられる選手の「スゴさ」「本気」を伝えていきたいです。

Q.アスリートキャスター就任を受けての心境や意気込み
「幸せ」という一言に限ります。「大幸せ」です。笑
競泳でも、引退してからはあまり競技に興味を持たない人、ものすごく興味を持って競技を見る人の2つに分かれるように思いますが、私は完全に後者の「スポーツ大好き人間」です。競泳も大好きですし、他の競技も大好きで、スポーツに触れることは生きがいの1つでもあるので、アスリートキャスターとして、何より選手の皆さんにリスペクトをもって取材して「大きな幸せ」を感じながら、多くの方々にスポーツの素晴らしさを伝えていきたいです。

Q.アスリートキャスターとして 番組を通して伝えたいこと
先日、競泳の大橋悠依選手にインタビューをさせていただきましたが、2冠を果たした東京五輪の後、苦しかった時期の話を聞きました。選手それぞれに背景、バックグラウンドがある、様々な思いでオリンピックの舞台に立っている、と思います。私自身、最後となった東京五輪はすごく苦しみましたが、最後は笑って終わることができました。その経験も活かして、アスリートならではの目線で、活躍した選手はもちろん、悔しい思いをした選手に対してもリスペクトをもってストーリーを伝えたいと思います。それによって、見ている皆様に、活躍した選手、悔しい思いをした選手に対して、同じようにリスペクトや愛を持って応援したくなる、そんなきっかけを作れればいいなと思います。

Q.パリオリンピックの注目は?
競泳は地元フランスが最近強いです。中でも、レオン・マルシャンが「大注目」です。個人メドレー、バタフライ、そして平泳ぎも挑戦すると聞いていますが、日本選手がメダルを狙う多くの種目で彼が立ちはだかります。日本代表の選考はこれからですが、実績のある瀬戸大也選手、本多灯選手、渡辺一平選手はとても楽しみですし、同じ栃木県出身の個人メドレー・松下知之選手(宇都宮南高3年)にも期待しています。
競泳以外には、「五輪の花形」陸上も大好きで、個人的には、世界記録を更新し続けている男子棒高跳びのアルマンド・デュプランティス選手(スウェーデン)や、東京五輪男子1500m金メダリストのヤコブ・インゲブリクトセン選手(ノルウェー)など、世界の超人たちのパフォーマンスも楽しみにしています。
日本選手の活躍が期待される種目では、卓球女子の中国とのし烈な争いに注目しています。また、先日体験取材をさせていただいたスポーツクライミングの安楽宙斗選手にも期待しています。実際にクライミング競技を体験し、その晩は指に力を入れることが出来ず、本当にハードな競技だと実感しました。

■萩野公介 プロフィール・略歴
1994年生まれ。生後6カ月から水泳を始める。小学校低学年から学童新を更新し、中学以降も各年代の新記録を樹立。
17歳で初出場となったロンドンオリンピックでは400m個人メドレーで銅メダルを獲得。
2016年リオデジャネイロオリンピックでは400m個人メドレーで金メダル、200m個人メドレーで銀メダル、4×200m自由形リレーで銅メダルを獲得した。
東京2020オリンピックをもって、現役を引退。現在は、日本体育大学大学院に通いながら、テレビ、ラジオ、講演会への出演を主な活動としている。

【日本テレビスポーツ局 プロデューサー 山下剛司 コメント】

■萩野公介さんのアスリートキャスター起用について 
萩野公介さんは、2012ロンドン大会から五輪3大会に出場し、ロンドン大会での銅メダルに続き、2016リオ大会では400m個人メドレーの金メダルを含む3個のメダルを獲得。日本、世界のスポーツ史に残る偉業を達成した一方で、アスリートとしての苦しみを経験された時期もあったとお聞きしています。
オリンピックの栄光や、そこに至るまでの我々には想像し得ない過酷なプロセスを誰よりも知る萩野さんだからこそ、アスリートの心に寄り添った取材・発信をしていただけると思っております。それによって、スポーツが持つ他にはない尊さや魅力、夢を諦めないことの大切さ、仲間や恩師、家族ら支える人への感謝の心、といったものが、放送を通じて多くの方々に伝わるものと思っています。
2024パリ大会は32競技329種目が行われますが、様々な競技に見識や関心を持つ萩野さんには、競泳に限らず、できる限り多くの競技、アスリートに現場で触れていただき、オリンピックの放送を通じて、スポーツが「人々の感情を動かし、人々の人生を豊かにし、少年少女たちの憧れであり続けるもの」であることを、日本の皆さんに感じていただき、スポーツを志す、オリンピックを夢や目標に持つ子供たち、全ての方々へ、萩野さんの目線、言葉でメッセージを発信していただきます。

PICK UP