3位「腰」、2位「お腹」、1位は?「痛い」で検索されている身体の部位TOP10

公開: 更新: 日テレTOPICS
3位「腰」、2位「お腹」、1位は?「痛い」で検索されている身体の部位TOP10
3位「腰」、2位「お腹」、1位は?「痛い」で検索されている身体の部位TOP10

1月27日(土)日本テレビで放送(TVerにて最新話を無料配信)の「ニッポン人の頭の中」。

日頃私たちがネットで行う検索や買い物、SNSの投稿など日々無意識に蓄積され続ける莫大なデータ。この番組は、そのような多種多様なデータでニッポン人の頭の中を可視化!OAしたランキングを記事でもご紹介する。

ニチバンの健康調査によると、コロナ禍で身体に痛みなどが慢性化していると感じている人が65%以上いるとのこと。

では、ニッポン人は今、身体のどの部分が痛いと感じているのか?Googleキーワードプランナーで分析している「ラッコキーワード」の調査(身体の部分のみ抜粋、2022年12月~2023年11月で集計)をもとに「〇〇 痛い」での検索ランキングを発表。

1位:足の裏 約29万3400件
2位:お腹 約11万2400件
3位:腰 約10万1600件
4位:喉 約9万4000件
5位:みぞおち 約9万3400件
6位:耳 約9万800件
7位:胸 約8万7700件
8位:ふくらはぎ 約6万4100件
9位:背中 約5万9300件
10位:頭 約4万2500件

ニッポン人が最も痛みを感じている部位は「足の裏」という結果に。

街頭インタビューで聞いてみると、土踏まずが痛いという声が多いよう、他にも、タコが痛かったり、歩きすぎて足が痛かったりという声が聞かれた。

日本初の足の総合病院・下北沢病院の久道勝也先生いわく、「足の中でも1番過酷なのが足の裏」とのこと。「全体重を支えて1日5000歩〜1万歩歩くから、それだけ地面に叩きつけられて、さらに心臓からの距離も1番遠い。血流でも不利な場所にある。とても厳しい環境にある」と説明した。

中でも、土踏まずが痛い人に多いのは「土踏まずのアーチが伸びたり縮んだりして歩く」ため「1番歩く時に衝撃を吸収する場所」だからだそう。「骨・靭帯・筋肉が経年劣化。だから、土踏まずにダメージが出やすい」と話した。

ちなみに、足の裏の痛みで最も多い原因と言われるのが扁平足。扁平足は、土踏まずが潰れて足のアーチが平らになった足のこと。

扁平足かどうかをセルフチェックするには、こぶし1つ分くらいに足を開いて立ち、後ろから見たときに中指以上に内側の指が見えたら、扁平足のサインが出ているそう。扁平足になると、外反母趾などの足の変形障害が起こりやすくなったり、足裏の崩れをカバーするために足首・ひざ・股関節と、上へ上へ関節に無理が生じ、最終的には首が痛くなったり腰痛や肩こり、頭痛の原因になったりもするので注意が必要だ。適切な靴を選んだり、足の形をサポートするインソールで矯正したりするのが良いのだそう。

2位に挙がったのは「お腹」。街の声やSNSの声では、味噌汁や牛乳を飲んだ後にお腹を壊す人が多いよう。専門家によると、味噌汁には食物繊維が豊富な善玉菌である麹が含まれているため、便が緩くなることもあるという。また、牛乳を飲んでお腹がゴロゴロするのは「乳糖不耐」と呼ばれており、小腸の消化酵素が足りておらず牛乳に含まれる乳糖を分解できない状態だからだという。

ちなみに、牛乳を飲んで腹痛や下痢などを起こすニッポン人は約25%程度いるのだそう。 

3位には「腰」がランクイン。腰痛は世代を問わず国民病とも言えるもの。街では、22歳の男性が「力仕事で腰が痛い」「重い感じ」などの声が聞かれた。
 

PICK UP