地上波バラエティ初出演でいきなり一発特待生!水彩画・野村先生絶賛の超新星とは!?

公開: 更新: MBSコラム

12月21日放送の「プレバト!!」水彩画才能ランキングは、特待生が一気に2人も誕生する衝撃展開。中でもトップに立ったのは、今回が地上波バラエティ初出演だったという逸材中の逸材だった!彗星のごとく現れ、水彩画の野村重存先生を「ちょっと腰が抜けるレベルです」と驚かせた逸材とは!?

■地上波バラエティ初出演の逸材現る!

今回の挑戦者は、水彩画コンクール3連覇中の名人10段・光宗薫を阻止すべく番組が芸能界中から探し出した逸材ぞろい。中でも驚異の実力を見せ一発特待生昇格を決めたのは、ミス・ユニバース2019全国大会ファイナリストでモデル・俳優の倉中るなだった。

★才能アリ1位 特待生昇格!倉中るなの作品「昼の東京大神宮」30点満点★

描いたのは、東京都千代田区にある東京大神宮。「神社という神聖な場所なので、一つとして雑に描いてはいけないなと思って細部まで丁寧に仕上げました。あとは、質感の違う自然物と人工物が混ざったモチーフなので、質感の違いを出せるようにその差にこだわりました」

制作時間36時間という力作は光宗も「正確性がすごい」と唸る仕上がりで、野村先生の採点も「切り取り方」「正しい描写」「明暗」ともに満点の30点満点。土の部分には、絵の具に水とすりつぶした土を混ぜて作ったものを使うこだわりぶりで、これには野村先生も「本当の土みたい」と目を丸くし、光宗は「画材から作っていかなきゃいけないんですか...」とタジタジ。驚異の新星の登場に、MCの浜田雅功も「エライのが出てきたよ」と衝撃!

■色鉛筆で才能爆発の"3児のパパモデル"ついに水彩画に参戦

光宗と張れるレベルの逸材を集めた今回、次点に入ったのも、通常ならダントツ1位の逸材。「色鉛筆」才能ランキングではすでに名人初段、3児のパパにしてモデルの久保田裕之だった。

★才能アリ2位 特待生昇格!久保田裕之の作品「My landmark」★

モチーフは、横浜・みなとみらいの風景。「水に映るランドマーク(タワー)がとってもきれいだったんです。実物よりも、水辺に映るランドマークを重点的に描き込んで、その空気感を出したくて頑張りました」

ほかの挑戦者たちからも「キレイ...!」「これすげぇな」と驚きの声が上がり、野村先生も一目見て「この景色をこんな風に描けたらいいなと思いますよ」と唸る、まさにお手本レベルの完成度。水面や木々の描写はもちろん、ランドマークタワーの窓の2ミリにも満たない細かい描写まで、一切手抜きナシ。制作には20時間を費やした。

こちらも採点は全項目満点の30点満点。ランキング制のため順位はついたものの、野村先生も「これはもう一発特待生です」と即決するレベルの高さで、あらためて驚異の画力を見せつけた。

■光宗薫の新たな傑作に野村先生「楽しそうに描いてるな~」

名人10段の光宗は現在、東京・東急プラザ渋谷で開催中の「プレバト!!水彩画展」の目玉展示"歴代名画TOP7"にランクインを目指すチャレンジ中。大好きだというサンリオピューロランド(東京都・多摩市)を訪れ、キャラクターたちの並ぶディスプレイを描いてみごとランクイン!

★"歴代名画TOP7"6位ランクイン!光宗薫の作品「みんなに会えてぼくら幸せ」

「全キャラクターが大好きなので、全キャラクターの顔がちゃんとかわいく描けるように意識しました。黒を使っちゃうとあたたかい雰囲気にならないので、暖色を使って陰影を出すことを意識しました」

狙い通りあたたかいタッチの作品に、野村先生も「楽しそうに描いてるな~」と感激。細かな陰影やグラデーションのテクニックにも「超絶技巧に磨きがかかった」と最大限の賛辞を贈った。

「プレバト 水彩画展」は東京都渋谷区の東急プラザ渋谷にて12月31日(日)まで開催中。12月4日にスタートし、20日間で3万5000人以上が来場。連日長蛇の列を見せる盛況っぷりで、12月21日放送の「水彩画」企画でMCの浜田を驚愕させ、初出演にして特待生昇格を果たした倉中るな・久保田裕之、及び光宗の新作も追加展示され、さらなる注目を集めている。
野村先生を唸らせてきた出演者たちの原本を真近で見ることが出来る貴重な機会をぜひお見逃しなく!

PICK UP