春の芸能界俳句No.1はFUJIWARAフジモンで秋春2冠達成!強豪を抑え堂々2位に入ったのは・・・?

公開: 更新: MBSコラム

桜満開、3月30日放送の「プレバト!!」は春の俳句タイトル戦「2023年 春光戦」が行われ、予選を勝ち進んだ実力者10人が激突した。優勝は、昨秋のタイトル戦に続き二冠の“フジモン”ことFUJIWARA藤本敏史。永世名人がトップ5にズラリとひしめく中、実体験を素直に詠んで堂々の2位にランクインしたのは、名人4段の皆藤愛子だった。

TVerで見逃し配信中!ここをクリック!!※4月6日(木)18:59 終了予定

皆藤愛子は"ギャラ明細二行"の世知辛い実体験を句に
本戦に進んだのは、3グループに分かれての予選を突破した10人。藤本と皆藤に加え、先日句集を完成させた梅沢富美男、永世名人のフルーツポンチ村上健志、千原ジュニア。永世名人にあと一歩の名人10段・Kis-My-Ft2横尾渉に、昨年春のタイトル戦王者・立川志らくと、冬のタイトル戦王者・森迫永依。さらに、特待生4級の春風亭昇吉、夏井門下生11年の特待生5級・勝村政信という顔ぶれだ。

夏井いつき先生からのお題は「給与明細」。真っ先に順位が発表され、永世名人たちから「いいなぁ!」の声が上がったのは、世代交代を狙う実力者・皆藤だった。

★2位
ギャラ明細は二行療養の春   皆藤愛子

「数カ月お休みをいただいていた時に事務所から届いたギャラ明細が衝撃的で。"再放送"しかなくて。それを句にしました」

2年前、病気療養のため活動休止していた際の実体験を詠んだという。夏井先生も「細部がお上手なんですよね。"ギャラ"っていう言葉から入るので芸能系のお仕事かな、みたいな想像がつきます。そしてその明細がたった2行であると。この数詞にリアリティがある」と高評価。その上で、「季語をもうちょっとだけ主役に押し上げるとすれば...」とさらり添削。

<添削後>
療養の春やギャラ明細二行

「明細は、の"は"がなくなるだけで引き締まるでしょう。こうしたら今日はちょっと勝負がまた動いたかもしれません」とした夏井先生に、皆藤だけでなく永世名人たちからも「なるほど!」の声が上がった。

TVerで見逃し配信中!ここをクリック!!※4月6日(木)18:59 終了予定

優勝ならず!恨み節の梅沢富美男に夏井先生のキツ~イ一言
句集完成の勢いに乗って優勝を狙った梅沢は、惜しくも3位。2018年秋以来のタイトル戦優勝は、またもおあずけとなった。

★3位
鞦韆(しゅうせん)に退職の日の花束と   梅沢富美男

※鞦韆とはブランコを意味する秋の季語。
「ふと思いました。私のような年齢になれば、定年するしかないんです。ブランコに乗るように毎日会社に行っていたわけです。いつかは降りなきゃならない。それを私の気持ちとして読ませていただきました」

夏井先生に「この鞦韆、ブランコと(定年退職の)取り合わせはとても良いと思いました」とほめられホッと安堵の梅沢。夏井先生からは、「鞦韆"に"の説明臭さを取って、余韻に変える」という意図で、こんな添削も。

<添削後>
退職の日の花束と鞦韆に

要素はそのまま、前後を入れ替えただけでぐっと余韻が増す、さすがの添削。それでも「恐れ入りました!...でもね!これ(添削前)で十分じゃない!? 句集を出した永世名人が優勝して当然でしょうが!」と吠えた梅沢は、夏井先生に「あんたね、自分を甘やかすなら句集出すのもうちょっと延ばしたほうがいいかもしれない」と一刀両断され、撃沈!

TVerで見逃し配信中!ここをクリック!!※4月6日(木)18:59 終了予定

フジモンの力作に夏井先生絶賛「お見事。直しはいりません」
「2023年 春光戦」を制したのは、永世名人の藤本。給料を手渡しでもらっていた時代の町工場をイメージした一句で挑んだ。

★1位
給与手渡し春宵(しゅんしょう)の喫煙所   藤本敏史

「給与をもらったらやっぱり気持ちもウキウキするじゃないですか。で、みんなで喫煙所で集まってタバコ吸いながら『今日飲みに行くか』みたいな」

夏井先生も「まさに懐が"ちょっと温かい"、タバコを吸い終わって『よし今日はちょっと一杯やっていくか』というような、そんな感じの春の宵なんです。小さなところにちゃんと目をつけて、季語を主役に立てる。お見事だと思います。直しはいりません」と絶賛の出来映えで、みごと賞金30万円とトロフィーをゲット!

<2023年 春光戦 結果発表>
1位 FUJIWARA・藤本敏史
2位 皆藤愛子
3位 梅沢富美男
4位 フルーツポンチ・村上健志
5位 千原ジュニア
6位 森迫永依
7位 Kis-My-Ft2・横尾渉
8位 立川志らく
9位 春風亭昇吉
10位 勝村政信

この回では、夏のタイトル戦「炎帝戦」のルールも発表された。参加資格は「才能アリ」獲得経験者で、該当者はのべ200人超!お題は「行きつけのお店」で、2か月間募集を受け付け、優秀者がスタジオに呼ばれる。

今大会からのシード権該当者は「2位まで」で、藤本と皆藤のみ。「3・4・5位の永世名人の皆さんは予選からやってもいいんじゃないかと」と厳しいジャッジの真意を語った夏井先生に、「実力の差を見せつけてやりましょうよ!」と張り切ったのは梅沢のみ。いまいちノリの悪い村上&ジュニアに「ちょっと!乗ってこないの!?」と泣きつき、周囲の爆笑をさらっていた。

次回、4月6日(木)の「プレバト!!」は...「句集完成!永世名人梅沢富美男ヒストリー」
先日の放送で50句を達成、句集発売を発表した梅沢富美男の歩みを、これまでの俳句作品を通してたどる。

芸術性や文才など芸能人のあらゆる才能をプロが査定! 才能アリなら絶賛!才能ナシなら容赦なく酷評!浜田雅功が最強講師陣を率いてお届けする新しいカルチャースクール番組『プレバト!!』はMBS/TBS系で毎週木曜よる7時放送。https://www.mbs.jp/p-battle/

PICK UP