宮前徳弘のスポーツコラムVol.58 サンガスタイル~Jクラブのアイデンティティー~

公開: 更新: MBSコラム

京都サンガのサッカーが面白い。試合開始からパワー全開。ピッチ全体を走りまくる。とにかく、全員守備の全員攻撃。前線の選手が、自陣深く迄戻ってディフェンスをすると、最終ラインの選手は、思い切って、相手のペナルティーエリア付近まで進出する。攻守とも、人数をかけるサッカーを展開しているのだ。

京都サンガの高いテンションに、必然と相手チームもヒートアップ。ピッチのあらゆるところで、激しいボールの争奪戦が巻き起こる。先日も、試合終了後には、両チームの大半の選手が、ピッチに膝をつくほどの大熱戦が、繰り広げられた。そんな選手たちを、ホームのサポーターがさらに盛り上げていく。歩調のとれた拍手で選手たちを鼓舞。紫のユニフォームで彩られたサンガスタジアムの一体感あふれる雰囲気は、今やJリーグの一つの風物詩だ。

このサンガスタイルのサッカーを築き上げたのが、昨年就任した曺貴裁(チョウ・キジュ)監督。それまで、ながらくJ2に停滞していた名門チームを、12年ぶりにJ1の舞台に押し上げた。その原動力は、何だったのか? 勿論、監督をはじめとした首脳陣の分析力、戦術眼、チーム構築の力も見逃せない。ただそれ以上に大きかったのが、選手たちが、自分たちのサッカーを信じて、貫き続けたことだ。「このサッカーを続けていけば、必ず自分たちは、成長できる。強くなれる。」という思いが、選手たちの心に火を付けたからに他ならない。だからこそ、J2の長い闘いを勝ち抜き、J1の猛者相手にそん色なく戦えているのだ。

ただ、このサンガスタイルを毎試合貫くには、心身ともにタフさが要求される。90分間走り切る強靭な体力と自らのポジションを離れて動く勇気。キャンプでコンディションを上げて臨んだシーズン当初は、良かったものの、酷暑に加えて、ワールドカップイヤーの今年、過密日程が選手たちに襲い掛かった。それでも、今のサンガの選手たちに迷いなない。シーズンが進むにつれて、連動性が深まり、チームとしても、個人としても、より効率的な動きが増えている。信じるチカラに魂が加わっているのだ。

Jリーグが始まって30年。ことし3月、6代目のチェアマンに就任した野々村芳和氏は、就任の際こう述べた。
「サッカーは作品。スタジアムを含めたJリーグの試合が、サポーターやファンとともに作り出す力(空気感)を大事にしたい。」
スポンサーへの配慮、ガバナンス整備といったビジネスの側面も大事だが、原点に戻って、各クラブが、それぞれのアイデンティティーを発揮して醸し出す、スタジアムでの空気感を、大切にしたいと訴えたのだ。

関西でいえば、オリジナル10(1992年、Jリーグ発足時に参加した10チーム)の一つであるガンバ大阪は、その誇りを胸に、徹底的に勝利にこだわるサッカーを展開。どのチームよりも厳しいサポーターとともに、栄光の歴史を築き上げてきた。同じ大阪のライバルでセレッソ大阪は、セレッソファミリーの名の下、一体感のあるサッカーで積極的に若手選手を起用。香川真司選手や南野拓実選手といった数々の才能あふれる選手を輩出してきた。それに対し、ヴィッセル神戸は、「バルサ化」を念頭に掲げて、スペインの至宝、アンドレス・イニエスタ選手をはじめ、多くのスター選手を獲得。前線のタレント力を武器に魅せるサッカーで結果につなげてきた。

他の3クラブに比べて、これが京都、というサッカーを表現できなかったサンガだが、全員守備、全員攻撃のアグレッシブなサッカースタイル。かつ京都の中心部から少し離れた亀岡のサンガスタジアムが作りだすチーム愛に満ちた空間は、今、京都サンガのしっかりとした個性を引き出している。

世界のどのリーグよりも、各チームの力が拮抗しているといわれるJリーグ。だからこそ、クラブのアイデンティティーにこだわって、貫き通せるかが、激しい闘いを勝ち抜けるかどうかの鍵になっている。実際、今シーズンも、けが人やアクシデントの続出で方向性が定まらず苦しむガンバに対し、セレッソは、改築をへてサポーターとの距離感も近くなったヨドコウスタジアムで、若手選手が躍動。リーグは勿論、カップ戦でも好調をキープしている。
前半戦、最下位に沈んだ神戸は、前線の攻撃力を生かす本来のスタイルを取り戻したことで、ようやく復調の兆しを見せている。

かつては、三浦知良選手も在籍。松井大輔選手や韓国代表の朴智星(パク・チソン)選手といった名選手が集合、天皇杯のタイトルも手にして京都サンガが、長い雌伏の時を経て、ようやく手にしつつあるサンガスタイル。亀岡に駆けつけてくれるサポーターとともに築き上げつつあるクラブのアイデンティティーを、ぜひとも貫いてほしい。

関西の4クラブが、それぞれのアイデンティティーを発揮して激突する「サッカーという作品」。来シーズンも、激戦のリーグを生き残った4チームによるスペクタクルな空間に巡り合えることを、願わずにはいられない。

毎日放送制作スポーツ局エキスパート 宮前徳弘

PICK UP