『春になったら』笑いと涙の最終回。かけがえのない日常がこれからも続きますようにー。

公開: 更新: カンテレTIMES
『春になったら』笑いと涙の最終回。かけがえのない日常がこれからも続きますようにー。

 カンテレ・フジテレビ系月10ドラマ『春になったら』は、325()に最終回の放送を迎えた。奈緒と木梨憲武がW主演をつとめる、3カ月後に結婚する娘と3カ月後にこの世を去る父のかけがえのない日常を描いた、笑って泣けるハートフル・ホームドラマ。

最終回では、瞳(奈緒)と一馬(濱田岳)が心をこめて作り上げた一世一代の結婚式と、さらに、瞳が愛する父・雅彦(木梨憲武)にサプライズで用意した「旅立ちの式」が行われた。そんな笑顔と幸せあふれる式の場面写真を一挙大公開。最終回をまだご覧になっていない方はぜひTVerでご確認ください!

その他、写真多数!詳しくは、ドラマHPまで!

  https://www.ktv.jp/haruninattara/topics/t39.html

 

奈緒・木梨を囲む『春になったら』メンバーからクランクアップコメントが到着!

 

【深澤辰哉】本当にステキな作品に、そして、本当にステキなキャスト・スタッフの皆さんに出会えたことがすごくうれしかったです。普段バラエティーばかりで、ドラマに出る機会があまりなかったので、こんなステキなドラマに今後出会えるのかなっていうくらい最高の場所でした。改めて、お芝居は難しいなと思いつつ、それ以上に楽しくて。これからもどんどんお芝居をやっていきたいなと思えた作品です。

 

【見上愛】撮影の際中に“いいドラマだね”と言ってもらえるのがすごい幸せでしたし、“いいドラマですよね”って何の迷いもなく返せることもすごく幸せでした。ドラマを見て下さっている人から“現場の雰囲気いいでしょ?”と聞かれて、理由を聞いたら、“雰囲気の良さが画に出てる”と言われ、やっぱり伝わるんだなと思いました。そんな雰囲気を作ってくださった奈緒さん、木梨さんをはじめ、キャスト・スタッフ全員に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

【西垣匠】僕が演じた黒沢くんは、限られた皆さんとしか接することなく旅立ちの式の日を迎えたのですが、どんな時でもキャストの皆さん・スタッフの皆さんがあたたかく迎え入れてくれて、本当にうれしかったです。こんなステキな経験をさせていただけて幸せでした。

 

【影山優佳】私はお芝居の経験も少なくて、足を引っ張ってしまってばかりだった中で、皆さんから心で表現することをたくさん教えていただきました。そんな温かくて優しい皆さんが、これからも幸せいっぱいで過ごされることを祈っておりますし、またいつか皆さんとご一緒できるように、もっと大きくて深い人間になるために精進していきたいと思います。

 

【葵揚】本当に、本当に楽しかったです。現場では、どこに行っても常に笑いがあって、たくさんの笑顔があって、常においしい食べ物があって() 優しいスタッフがいて、本当に皆さんに助けられました。またご一緒できることを楽しみにしています。

  

【石塚陸翔】朝、現場に入るとみんながいつも“龍ちゃん”と話しかけてくれて、とてもうれしかったです。みんなが優しくて、ずっと撮影終わりたくないなと思っていました。撮影中はもちろん、待ち時間など撮影していない間もみんなが笑顔で、すごくすごく楽しかったです。

 

【矢柴俊博】本当に楽しい現場でした。旅立ちの式の撮影日、皆さんの前でマジックを披露する時の空気ほど辛いものはなかったのですが(笑)それ以外は本気で楽しくて、楽しくて。主に木梨さんとの撮影シーンが多かったのですが、撮影が始まる前は木梨さんとご一緒できるのが夢のようだなと思っていましたけど、撮影している最中もやっぱり夢のようでした。

 

【光石研】皆さんのお仲間に入れていただき、本当に感謝しております。憧れの木梨さんと、初めてたくさん関わらせていただいて、撮影現場が本当に楽しかったです。こんなに、はしゃいだ僕も珍しいと思いますし、こんなツッコまれた僕も珍しいと思います!

 

【橋本マナミ】毎話毎話、一視聴者としても見させていただいていたのですが、本当に温かくて、切なくて、映像もすごくきれいで、こんなにも心温まる作品に参加させていただけたこと、すごく幸せでした。また皆さんとご一緒できるように頑張りたいと思います。

  

【筒井真理子】これまでいろいろな作品をやってきましたが、作品は人だなと思いました。『春になったら』の皆さんは、奈緒ちゃん、木梨さんはもちろん、スタッフの皆さんも含めて、宝物に出会ったような気持ちです。撮影が終わるのは、夢から覚めちゃうな、寂しいな、と感じます。まきのドレッドヘアと別れるのも寂しくて、またぜひ『春になったら』の皆で作品を作りたいです。

  

【小林聡美】キャストの皆様、スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。皆さんのクランクアップのごあいさつにも、現場の素晴らしさがあらわれていたなと感じています。こんなに素晴らしい現場はなかなかないと思うので、貴重で、本当に楽しい経験でした。またどこかでお会いできますよう私も頑張ります。

 

【濱田岳】朝会うだけで無条件に元気をくれる太陽のような親子がいて、その元で作品作りに愛を持ってのぞむスタッフの方々がいて、そんな奇跡のような光景の中で、もう一生懸命やるしかないという思いでした。それは全然楽なことじゃないんですけど、でもすごく楽しくて、一生懸命やることの大事さ・幸せさを今一度思い出させていただきました。こんなに長くお父さん役をやったことがなくて、ふがいない父親ではありましたけど、皆さんのおかげで一生懸命やる姿はお見せできたのかなと思います。本当に幸せでした。

  

<作品概要>

 

【タイトル】『春になったら』

 

【放送枠】毎週月曜よる10時(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

 

【出演】奈緒 木梨憲武 深澤辰哉 見上愛 西垣匠 影山優佳 矢柴俊博・光石研 橋本マナミ 筒井真理子・小林聡美・濱田岳

 

【脚本】福田靖

 

【音楽プロデューサー】福島節

 

【主題歌】福山雅治「ひとみ」(Amuse Inc. / Polydor Records

 

【監督】松本佳奈穐山茉由 稲留武

 

【プロデューサー】岡光寛子(カンテレ) 白石裕菜(ホリプロ)

 

【制作協力】ホリプロ

 

【制作著作】カンテレ

PICK UP