「セクシー謝謝!」中島健人が主演ドラマ『リビングの松永さん』台湾イベントに登場!

公開: 更新: カンテレTIMES
「セクシー謝謝!」中島健人が主演ドラマ『リビングの松永さん』台湾イベントに登場!

リビングの松永さん』 主演の中島健人が、台湾でイベント!

「セクシー謝謝! セクシーサンキュー!」

「時間が許されるなら一人一人にハグしてあげたいです。皆さんの歓声のシャワーが本当に心の栄養となって頑張れる!」

カンテレ・フジテレビ系の火曜夜11時連続ドラマ枠「火ドラ★イレブン」で、中島健人が主演を務める連続ドラマ『リビングの松永さん』。人気コミックを原作に、さまざまな世代の男女が共に暮らすシェアハウスが舞台のドラマで、中島が演じる30歳を迎えたグラフィックデザイナーの松永純が主人公。松永は、髙橋ひかる演じる17歳の女子高生のミーコこと園田美己と同じシェアハウスで共同生活をすることになり、恋に不器用なカタブツのアラサー男子と、ピュアで一生懸命な女子高生が、時に衝突し、時に助け合う事で互いを認め合い成長していく、ドキドキ年の差ラブコメディー。

今年1月9日(火)にスタートし、これまで10話まで放送。今週OAした10話の放送中に、「#リビ松みてる」「#リビングの松永さん」でXの世界トレンド1位、2位を独占するなど、すべての放送回で、多くの関連ワードも含めてトレンド入りするなど話題となっている。全12話で、最終回は3月26日(火)に放送される。 

アジア圏でも好評配信中の『リビングの松永さん』だが、さらに世界に広めるべく、昨夜(3月15日)、台湾・台北市内でファンミーティングが開催された。

イベント開催決定を受けて「海外でイベントをやるのが僕自身初めてなので、すごくうれしいです。自分のやりたいことを叶えてくれる『リビングの松永さん』。アジア中をリビング色にできるように、まずは台湾から!」と意気込んでいた主演の中島健人。超多忙なスケジュールを縫って、当日現地入りという強行スケジュールで台湾に駆け付け、空港では待ち構える500人を超えるファンを前に、笑顔で登場。「台湾に着いた瞬間、こんなに愛していただけているんだなって思って本当に感動しました。時間が許されるなら一人一人にハグしてあげたいです。皆さんの歓声のシャワーが本当に心の栄養となって頑張れるんです」と満面の笑顔。

“連続ドラマ『リビングの松永さん』ファンミーティング”と銘打って開催されたイベントでは、中島がスペシャルゲストとして、満席状態の1200人のファンの前に登場。約8割が地元台湾のファンで、大歓声と拍手で熱狂に包まれる会場に、中島も「たくさんの方に集まっていただいて謝謝!」と笑顔。「ダージャーハオ」の挨拶に続き、「皆さん、こんにちは。中島健人です。皆さんにお会いできてうれしいです。楽しんで行きましょう!」のメッセージを中国語で挨拶すると、さらに大きな歓声が上がり会場が一つに。「何よりもまず僕に会いに来てくれてありがとう」とコメントした。

台湾では、『リビングの松永さん』はKKTVで、日本と同時期に配信されている最新ドラマ。会場のモニターには、ドラマの魅力を凝縮したダイジェスト映像をはじめ、見どころの一つになっている、中島演じる松永の“胸キュン&ツンデレ”シーン、そして“肉体美”を惜しげもなく披露しているシーン映像が会場に流れると、会場からは、「キャー」っと大歓声が。すかさず中島が「セクシー謝謝(シェイシェイ)」と返すと、さらに大歓声が巻き起こった。また、ドラマで松永を象徴するキーアイテムとなっているメガネ姿も披露。演じる松永の特徴である“ツンデレ”を楽しむかのように、メガネをじらしながらかける中島に、会場のファンもうっとり。

さらに、ドラマに出演しているヒロインの髙橋ひかるをはじめ、向井康二、藤原大祐のシェアハウスメンバーから、中島に関するタレコミコメントが届くと、中島は「え~どういうこと!?」とツッコミながら笑顔。髙橋が暴露した「じゃんけんが異常に強い」という撮影現場での“秘密の素顔”を検証すべく、抽選で選ばれたファンと中島とのじゃんけん対決も。「僕はじゃんけん最強です()。台湾でも最強っていうのを証明したいですね」と張り切る中島を前に、ファンが勝った場合には“胸キュンセリフのプレゼント”という特典付き。見事、選ばれた3人のファンは、それぞれ台湾、香港、韓国とアジア各地からイベントに参加しており、思わず中島も「インターナショナルだね!」と喜びを隠せない様子だった。じゃんけんは、いきなりファンが勝つ展開になり、リハーサルでは男性MC相手に全勝だった中島は「俺は、いつだってレディには敵わないんだな()」とハニカミ笑顔を見せ、「君に会いたくて台湾まで来たよ」「ギュッとしてあげる」など胸キュンセリフを中国語で披露し、ファンを沸かせていた。

 

続いて、向井と藤原からは、「ウラでもかっこいい」「朝の入りの時間が早くても、めちゃめちゃ顔がかっこいい」「インスタ用の自撮りの時間がめちゃくちゃ長い」というタレコミが寄せられ、写真へのこだわりが強すぎるという中島の素顔を披露。向井の暴露によって、スマホのINカメラではなく、外カメラを使うというこだわりが明らかになり、中島は思わず苦笑いしながら、台湾イベントが始まる直前に、向井と藤原に「今から台湾でイベント」とメールしたことを明かす一幕も。

 

最後に、中島が大好きだという台湾料理のルーローハンなど、台湾グルメが登場。先日3月13日(水)に30歳の誕生日を迎えた中島の節目を、会場全員でバースデーソングを合唱し祝った。中島は満面の笑顔を浮かべながら「必要なエネルギーを得られたので、明日の自分はもっとかっこよくなっていると思います!今後もこの言葉は大切にしたいので、この場でも言わせてください。台湾の皆さん、セクシーサンキュー!」のメッセージで締めくくった。

中島が海外でイベントを行ったのは初めてのことで、無事に終えた中島に感想を聞くと「楽しめました! こんなにも海外の方に愛していただけていることに驚きましたし、『リビングの松永さん』というドラマも海を越えて愛していただけていることがすごくうれしかったです。“リビ松”がインターナショナルになったことを共演者とも喜びたいです。僕個人としても、今後の夢が叶うような貴重な時間でした。ファンの皆さんに支えられているんだなって改めて思うことができて幸せでした」と充実の笑顔でコメント。また、できる限り中国語での挨拶をしたいと時間をかけて練習していた中島は「自分自身が、海外の方が日本に来た時に日本語を話してもらえるとすごくうれしくて。意思が伝わっている気がして、その人のことを好きになれるきっかけになるんですよね。僕も現地の言葉を使うことで、自分のことをもっと好きになってくれるきっかけをたくさん作りたいと思って、現地の言葉を大切にしました」と時間をかけた理由を語った。「台湾をリビング色に染めることができてたら、うれしいです。30歳になって一発目の仕事が台湾でのファンミーティングだったので、すごく良い幕開けになりました。早くこの台湾での幸せを、日本のファンの皆さんにシェアしたくてたまらないです。次は日本の皆さんと、もっと大きな世界を見られたらいいなって心から思います!」と日本のファンへの思いも語った。

次回3月19日(火)放送の『リビングの松永さん』第11話は、《同居人以上、恋人未満!? プラトニックな愛をはぐくむ松永(中島健人)と美己(髙橋ひかる)の恋に最大の危機が! 朝子(黒川智花)には思わぬキスの後遺症!?》という見逃せない展開に。最終回の直前となる『リビングの松永さん』11話も、ぜひ、お楽しみに!

<作品概要>

【放送枠】 毎週火曜夜11時~11時30分放送 (カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

【タイトル】 火ドラ★イレブン 『リビングの松永さん』

【出演】 中島健人 髙橋ひかる 向井康二 藤原大祐 大久保桜子 黒川智花 ほか

【原作】 『リビングの松永さん』 著者:岩下慶子(講談社「KCデザート」刊)

【脚本】 田辺茂範

【音楽】 眞鍋昭大 畑添美菜

【主題歌】 SexyZone puzzle」 (Over The Top)   

【プロデューサー】 萩原崇 島本講太 本郷達也 村山太郎

【演出】 金井純一 日暮謙 松川嵩史  

【制作協力】 MMJ  【制作】 カンテレ StormLabels        

【ドラマHP】 https://www.ktv.jp/matsunagasan/

【ドラマSNS

X(旧Twitter)> @matsunagasan8

Instagram @matsunagasan8

TikTok> @matsunagasan8

PICK UP