注目の俳優・坂東、長濱、綱の出演が決定! 4月期月9ドラマ 『366日』

公開: 更新: カンテレTIMES
注目の俳優・坂東、長濱、綱の出演が決定! 4月期月9ドラマ 『366日』

フジテレビ系では4月期月9ドラマ枠にて、広瀬アリス主演のラブストーリー『366日』を放送する。本作はHYの名曲『366日』の世界観に着想を得たオリジナルストーリーで、高校時代に実らなかった恋をかなえようと再び動きだした男女が、予期せぬ悲劇に直面しながらも、愛する人を想(おも)い続ける壮大な愛の物語。メガホンを取るのは『義母と娘のブルース』(2018年ほか/TBS系)、『JIN-仁-』(2009年、2011年/TBS系)などで知られる平川雄一朗。そして、『最愛』(2021年/TBS系)など数々の名作を手がけてきた清水友佳子が脚本を書き下ろす。日本を代表する大ヒットメーカーの2人が初タッグを組み、世代を越えて愛される名曲をモチーフにした純愛ラブストーリーをお届けする!この度、広瀬演じる雪平明日香(ゆきひら・あすか)、眞栄田郷敦演じる水野遥斗(みずの・はると)の高校時代の同級生役で坂東龍汰、長濱ねる、綱啓永の出演が決定!

◆初単独主演映画の公開が控える注目の俳優・坂東龍汰が月9初出演!

坂東が演じるのは、高校からの遥斗の親友・小川智也(おがわ・ともや)。体を動かす事が大好きな肉体派で、喜怒哀楽が全部顔に出る単純明快で陽気な性格。高校時代は遥斗と同じ野球部で甲子園を目指して切磋琢磨(せっさたくま)する。高校を卒業してからも野球への情熱は消えず社会人野球の道へ。運送会社に勤めながら野球漬けの日々を送っている。ドラフトでのプロ入りを目指していたものの、指名はかからず28歳になり、父親の体調不良もある中で、今後の身の振り方を考え始めている。高校時代も、同窓会での再会後も遥斗が明日香に思いを寄せていることに気づいており、2人に結ばれてほしいと密かに思っている。坂東は、2017年にデビュー後、映画初主演を務めた『フタリノセカイ』(2022年)で、第32回日本映画批評家大賞・新人男優賞を受賞。ドラマでは『リバーサルオーケストラ』(2023年/日本テレビ系)、『王様に捧ぐ薬指』(2023年/TBS系)、『きのう何食べた? season2』(2023年/テレビ東京系)、映画でも『春に散る』(2023年)、『バカ塗りの娘』(2023年)、『一月の声に歓びを刻め』(2024年)などの話題作に続々出演。さらに、映画『若武者』(主演・5月25日公開)、『君の忘れ方』(初単独主演・2025年公開予定)などの待機作も控える注目の俳優である。月9ドラマへの出演は今作が初となる坂東は、今年公演の舞台『う蝕』などで綱と共演。主演の広瀬とは今作が初共演となる。

◆長濱ねるが『院内警察』に続き2クール連続でフジ系連ドラ出演&月9初出演!

長濱が演じるのは、高校からの明日香の親友・下田莉子(しもだ・りこ)。高校2年の時に転校してきた明日香と仲良くなり、自分が所属していた吹奏楽部に引きこむ。おっとりしているように見えるが頑張り屋で負けず嫌い。だが、異性関係になると弱気になってしまう性格。高校卒業後は福祉系の専門学校へ進学。現在は介護福祉士として働きながら、理学療法士の資格を取るために勉強中。遥斗とは小学校からの幼馴染でもある。現在も親友の明日香とは頻繁に会う仲で、同窓会後、明日香の遥斗への恋心にも気づき、2人が結ばれるように応援している。長濱は、2015年にけやき坂46(現在の日向坂46)として活動を始めたのち、欅坂46のメンバーとしてデビュー。2019年に同グループを卒業後は、『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系)のMCや、NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』(2022年、NHK総合)にレギュラー出演するなど多岐にわたって活躍。現在放送中の金9ドラマ『院内警察』では、院内交番にやってきた交番事務員を好演中。月9ドラマへの出演は今作が初となり、2クール連続でフジテレビ系連ドラレギュラー出演を果たす。また、主演の広瀬とは今作で初共演となる。“頑張り屋だが、恋愛では弱気になってしまう”という莉子を長濱がどう演じるのか、ご注目いただきたい!

◆今年公開の映画がすでに2本!大躍進中の綱啓永が月9初出演!

綱が演じるのは、明日香と遥斗の高校時代の同級生・吉幡和樹(よしはた・かずき)。写真を撮るのが好きで、高校では写真部に所属していたが、ひょんなことから野球部のマネージャーを掛け持ちすることに。部の頭脳として、遥斗ら部員だけでなく監督や顧問にも信頼を置かれる存在に。常に冷静沈着で成績も優秀。高校卒業後は、離婚した母親に苦労をかけまいと、国立大学に進学。学生時代は母に仕送りをするためにバイトに明け暮れる。大学卒業後は、外資系コンサルタント会社に入社。エリートコースを進み、忙しい日々を送っている。数年前に起きた“とある事”がきっかけで、明日香ら高校時代の同級生とは疎遠になっている。綱は、第30回『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』(2017年)でグランプリを受賞後、ドラマ『文学処女』(2018年/MBS・TBS系)にて俳優デビュー。デビューから1年で『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(2019年~2020年/テレビ朝日系)に大抜てき。『君の花になる』(2022年/TBS系)では劇中のボーイズグループのメンバー役を演じ話題を呼んだ。2023年は、『恋愛のすゝめ』(TBS系)で連続ドラマ単独初主演を果たし、フジテレビ系ドラマでは水10ドラマ『ばらかもん』(2023年)などに出演。月9ドラマへの出演は今作が初、主演の広瀬とは今作で初共演となる。今年は『違う惑星の変な恋人』(1月公開)、『恋わずらいのエリー』(3月公開)と出演映画がすでに2本公開。躍進を続ける綱の演技にご注目いただきたい!

今作では現代と12年前の高校時代という異なる時間軸が描かれることも特徴の一つ。主演の広瀬を中心に、眞栄田、坂東、長濱、綱が演じる高校生たちのどこか懐かしさを感じさせる青春時代にもご注目いただきたい。2024年は、4年に一度しかこないうるう年。過酷な試練を乗り越えようとする明日香と遥斗、そして、その家族や友人たちにとって、1年が“366日”になるこの年はどんな年になるのか?4月スタートの『366日』をお見逃しなく!

コメント

◆坂東龍汰・今作のオファーを受けた時の感想をお聞かせください。「率直に驚きと喜びがありました。自分と同じ世代の物語でもあるので等身大で、力まず演じられたらと思います。脚本家の清水友佳子さんとまたご一緒させていただけることがうれしかったです。キャストの皆様も初めてご一緒させていただく方も多いので今から楽しみです!」・月9初出演となります。意気込みをお聞かせください。「月9にまさか自分が出る日が来るとは思ってもいなかったので本当に光栄です。野球をやっている役でもあるので日頃から素振りとキャッチボールをして準備しています。見てくださる皆様に少しでも明るさと感動をお届けできるように、自分の出せる全てを出して挑みたいと思います」・主演の広瀬さんの印象は?「広瀬アリスさんはお会いしたことはありませんが、とても明るくて元気いっぱいな印象です。どこか男勝りなイメージもあります。今回お芝居でご一緒出来ることがとてもうれしいですし、楽しみです」・演じるうえで心がけようとしていることはありますか?「皆さんとのお芝居でのテンポ感や、和気あいあいとした雰囲気を大切にしていきたいです。僕の役がとても元気なキャラクターなので、ハキハキと明るく演じられたらなと思います。これから撮影が始まって、すてきな瞬間をキャッチできるように心も体も整えて本番に挑みます!」・視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。「いろいろな感情を共有して、うれしかったり悲しかったり、キュンとしたり切なかったりジェットコースターに乗っているような感覚になるドラマだと思います。精一杯頑張りますのでぜひ楽しみに待っていただけたらうれしいです」◆長濱ねる・今作のオファーを受けた時の感想をお聞かせください。「率直に驚きました。参加させていただけることが心から光栄です。今はとても緊張していて、何よりも撮影が楽しみです」・月9初出演となります。意気込みをお聞かせください。「広瀬アリスさん、平川雄一朗監督、脚本家の清水友佳子さんをはじめ、すてきなキャスト・スタッフの皆様とご一緒できることを心から光栄に思います。伝統ある月9ドラマに出演できる喜びを胸に、精一杯演じたいです」・主演の広瀬さんの印象は?「とてもたおやかでさまざまなカルチャーがお好きな印象です。今回、親友役としてご一緒できること、とても楽しみです」・演じるうえで心がけようとしていることはありますか?「忘れられない人や時間、過去の心残りなど、自分のこれまでに重ねながら、この作品と向き合いたいです。広瀬さん演じる明日香さんの人生にどう関わっているのか丁寧に演じたいです」・視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。「4月からの新生活、環境の変化がある方も多いと思います。忙(せわ)しない日々の中で、ふと大切な誰かや、愛しい時間に想(おも)いをはせられるような時間をお届けできたらうれしいです」◆綱啓永・今作のオファーを受けた時の感想をお聞かせください。「“げ、月9に?!俺が?!”です。とにかくうれしかったですし、早く家族やファンの皆様に報告したい気持ちでいっぱいでした。作品が決まる度にまず思うのはやはり感謝です。それと同時に、求めて頂いたことに自信を持ち、必ず良い作品にできるよう頑張ろうという気持ちが大きくなります。でも今はまず楽しみな気持ちでいっぱいです」・月9初出演となります。意気込みをお聞かせください。「子供の頃から家族と一緒に見ていたこの月9という枠に自分が出られるのは、すごくうれしいです。そしてこの言葉を使うべき瞬間がきました、“感慨深いです”。月9初参戦ということで、必ず面白いものにしたいです。そして個人的な話にはなりますが、龍汰くんとは3回目の共演で、今年も頭から舞台を一緒にやっていたのですごく心強いです!」・主演の広瀬さんの印象は?「今回が初めましてで、初共演になるのですが、とても気さくで明るい印象があります。僕は人見知りなのですが、広瀬さんは壁をぶち壊してみんなで仲良くしてくれそうだなと勝手に思っています。そしてずっと作品に出続けているので、体調管理をどうしているのか聞きたいです。主演ということで、背負うもの、計り知れない重圧などがあるかと思いますが、微力ながら少しでも支えられるような存在になれたら良いなと思っています」・演じるうえで心がけようとしていることはありますか?「僕が演じる吉幡和樹は冷静沈着、頭脳明晰で、人生エリートコースかと思いきや、実はとても厳しい人生を送っていて重いものを背負っています。同級生のみんなとはあることをきっかけに疎遠になっているという役柄です。僕がこれまで演じてきた役柄とはガラリと違うので、また新しい一面が見せられるのでは、と思っています。すてきなキャストの方々と一緒に、楽しみながら演じられたら良いなと思います」・視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。「改めまして、吉幡和樹役の綱啓永です。現代と12年前の高校時代のそれぞれの時間軸で物語が進んでいきます。懐かしい青春時代を思い出して視聴者の方々それぞれの楽しみ方をしていただきたいです。ドラマを見て、HYさんの楽曲を聴いて、この世界にどっぷりハマってもらえたらうれしいです」◆プロデュース・狩野雄太(フジテレビ ドラマ・映画制作部)「広瀬さん演じる明日香、眞栄田さん演じる遥斗にとってもこの3人はとても大切な友達で、宝物のような高校時代の大切な5人組になります。坂東さんは『ユニコーンに乗って』から『リバーサルオーケストラ』を見て、“これは本当に同じ方が演じているの!?”と個人的にとても驚いたのを覚えています。どんなキャラクターも坂東さんの中に落とし込んで的確に表現して頂けると思っておりまして、今回も智也をどう演じて頂けるのか楽しみです。長濱さんは柔らかさの中に芯があるイメージを持っており、莉子のキャラクターにぴったり合うと思っております。明日香との女子同士の親友感も楽しみですが、物語の中で莉子の恋愛模様も描かれていきますので、それが明日香にどう影響するのか注目して頂けたらと思います。綱さんに演じて頂く和樹は高校時代から大人になっていく中で、おそらく登場人物の中で最も変化していくキャラクターだと思います。大人になって人生のステージが変わると、付き合う人が変わっていってしまい、どこか昔の事を懐かしんだり、戻れない悲しさを感じたりすると思うのですが、そのような気持ちを綱さんに表現して頂けるのが楽しみで仕方がありません。お三方とも驚いていらっしゃいますが、自分としては最高のキャストにご出演して頂けたと感謝しております。是非、ご期待ください」

【番組概要】

366日』

<放送日時>

4月8日スタート 毎週(月)午後9時~9時54

※初回15分拡大(午後9時~1009分)

<出演者>

広瀬アリス、眞栄田郷敦、坂東龍汰、長濱ねる、綱 啓永 他

<スタッフ>

≪脚本≫

清水友佳子(『最愛』、『リバーサルオーケストラ』、連続テレビ小説『エール』他)≪主題歌≫

366日(Official Duet ver.)』/HYPolydor Records / ASSE!! Records

≪演出≫平川雄一朗(『義母と娘のブルース』、『JIN--』、『ROOKIES』他)

≪プロデュース≫

狩野雄太(『知ってるワイフ』、『スタンドUPスタート』、『推しの王子様』他)≪制作協力≫ AOI Pro.

≪制作・著作≫

フジテレビ

<オフィシャルサイト>

https://www.fujitv.co.jp/366days/

<公式X(旧Twitter)>

https://twitter.com/366days_fujitv

<公式Instagram

https://www.instagram.com/366days_fujitv

<公式TikTok

https://www.tiktok.com/@366days_fujitv

PICK UP