放送60周年3000回記念SPを9週連続で放送!『MUSIC FAIR』

公開: 更新: カンテレTIMES
放送60周年3000回記念SPを9週連続で放送!『MUSIC FAIR』

これまで長きにわたって多くの視聴者に愛され続けてきた、長寿音楽番組『MUSIC FAIR』<毎週(土)午後6時~6時30分放送中>。1964年に放送を開始して以来、今年で60周年を迎え、放送回数は3000回となる。日本のレギュラー音楽番組としては最長寿の記録を誇る『MUSIC FAIR』では、これを記念し、3月2日(土)より、9週にわたり超豪華なスペシャルプログラムをお送りすることが決定した。

その幕開けとなる第1弾は、松任谷由実スペシャルだ。『MUSIC FAIR』とユーミンの縁は深く、初出演は1974年。当時20歳だったというユーミン初出演時の映像が収められたテープは残念ながら現存せず、現在は誰も見ることのできない幻の出演回となっているが、以来番組との縁は50年にも渡る。自身もデビュー50周年を経て、ますます精力的に活動するユーミンが、冬の名曲を集めたウィンターソングメドレーを披露する。日本初の冬のリゾートコンサートと言われる苗場スキー場でのライブで定番曲となっている『BLIZZARD』『サーフ天国、スキー天国』を含むウィンターソングメドレーは、超有名曲でありながらユーミン自身「テレビで全くと言っていいほどやったことがない曲」と語るほど、テレビ番組で披露されることがないレアな楽曲たちだ。日本のスキーブームを牽引(けんいん)したと言われるユーミンの冬の名曲が多数盛り込まれた、ファン垂涎(すいぜん)のメドレーとなっている。

さらに、1978年に『MUSIC FAIR』で沢田研二と共演する際にユーミンが書き下ろした楽曲『静かなまぼろし』を沢田と歌唱する秘蔵映像を発掘。当時の思い出を語る。また、現在“石川県観光ブランドプロデューサー”を務めるユーミンは、愛する土地・石川県への祈りを込めて『春よ、来い』を歌唱する。

続く9日(土)の第2弾は、松田聖子が4年ぶりに登場。『赤いスイートピー English Jazz Ver.』ほか、ニューアルバム『SEIKO JAZZ 3』からの楽曲をたっぷりとお届けする。エリック・クラプトンやフィル・コリンズ等のアーティストとのコラボレーションで知られる、今回のアルバムのプロデューサーである世界的ベーシスト、ネイザン・イーストが本収録のために来日。エリック・クラプトンの名曲『Tears In Heaven』を共演するなど『MUSIC FAIR』でしか見ることのできない上質なセッションをお届けする。

松任谷由実、松田聖子という日本を代表するスーパースターの2週連続の特集で幕を開ける『MUSIC FAIR』3000回記念SPは、これまでに例を見ないのべ9週に渡る特大のスペシャルウィークとなり、さらに上述のアーティスト以外にも、あっと驚く豪華なアーティストの登場や、記念コンサートも控えている。続報を是非ともお待ちいただきたい。

コメント 

浜崎綾(フジテレビ バラエティ制作部 チーフプロデューサー)

「“『ミュージックフェア』のおめでたい節目なら!”と出演をご快諾いただいたユーミン、松田聖子さんをはじめとする錚々たるアーティストの皆様、本当にありがとうございます。『ミュージックフェア』は番組旗揚げ当初から、“独自のコラボレーション” “番組オリジナル性”を非常に大切にしており、ご出演にあたっては大変な労力と緊張感があったことを皆様懐かしそうに、愛おしい思い出として語っていただけるのは大変ありがたいことだと改めて感じました。アーティストの皆様とともに60年、3000回積み重ねてきた“ミュージックフェアらしさ”はこの先も変わることはありません。どうか“変わらぬまま進化し続ける”日本最長寿音楽番組『ミュージックフェア』にこれからもご注目ください!」

番組概要

MUSIC FAIR

<放送日時>

3月2日(土)午後6時~6時30分 ゲスト:松任谷由実

3月9日(土)午後6時~6時30分 ゲスト:松田聖子

<出演者>

司会:仲間由紀恵

    軽部真一(フジテレビアナウンサー)

<スタッフ>

チーフプロデューサー・演出:浜崎綾

プロデューサー:中村峰子、土田芳美、早川和希

ディレクター:島田和正、松永健太郎、川上 惇、花輪研斗

統括:太田一平

エグゼクティブプロデューサー:石田 弘

制作:フジテレビ

<オフィシャルサイト>

https://www.fujitv.co.jp/MUSICFAIR/

<公式X(旧Twitter)>

https://twitter.com/MUSICFAIR_Fuji

PICK UP