≪上方漫才協会大賞≫大賞受賞のダブルヒガシが独断と偏見で選ぶ!“芸人に最も愛されている芸人”は誰だ⁉

公開: 更新: カンテレTIMES
≪上方漫才協会大賞≫大賞受賞のダブルヒガシが独断と偏見で選ぶ!“芸人に最も愛されている芸人”は誰だ⁉

 ダブルヒガシがMCを務める特別番組『ダブルヒガシpresents 輝け!芸人に愛される芸人大賞』が1月28日(日)にカンテレで放送される。

 この番組は、今年で9回目を迎える≪上方漫才協会大賞≫で名誉ある大賞に選ばれた“大賞芸人”ダブルヒガシにあやかり、【おもしろいのに、まだまだ世の中に知られていない日陰芸人】にスポットを当て、“芸人目線で最も愛されているおもしろ芸人”を発掘し、勝手に大賞を決定する祭典!
 
今回4つの“部門賞”を設け、MCのダブルヒガシと選考委員のさや香、ヘンダーソン、ダブルアート・真べぇ、エルフ・荒川、令和喜多みな実・河野良祐らが、各部門にノミネートされた芸人たちのエピソードを披露し1位を決定。最終的にそれぞれの部門賞に輝いた4名の中から、選考委員長のダブルヒガシ・大東が独断と偏見で、最も愛されていると感じた“芸人に愛される芸人大賞”を選出する。

 最初の部門は、≪天然過ぎて愛おしい部門≫。計算では決して生まれない、奇想天外な発言・行動で多くの芸人をとりこにする天然芸人を発掘する。ノミネートされたのは、芸歴5年目のピン芸人・キャツミ、ダブルアート・真べぇ、ヘンダーソン・中村フー、ツートライブ・たかのり、ポートワシントン・伊藤知貴ら5名。それぞれの天然エピソードが選考委員たちから飛び出す中、ポートワシントン・伊藤の“階段”にまつわる衝撃のエピソードに、「次元が違う」「伊藤はやめよう」と一同騒然となる。

 次の部門、≪男前過ぎて愛おしい部門≫には、MCのダブルヒガシ・東がまさかのノミネート。プライベートでも親交がある選考委員・さや香の石井から、東の男前エピソードが続々明かされるが、東がとある大御所芸人から電話を受けた際の強心臓過ぎるエピソードには、相方の大東が「(大賞)剥奪やで!?」とザワつく場面も。

 ≪優し過ぎて愛おしい部門≫では、ノミネートされたピン芸人・ヒューマン中村と、『R-1グランプリ2023』チャンピオン・田津原理音の胸アツなR-1優勝秘話が明らかに。さらに、≪今この時間に何してんねん賞≫では、アポなしでいきなり3人の芸人に生電話を実施。ノミネートされたのは、『THE W 2023』チャンピオンの紅しょうが(熊元プロレス、稲田美紀)と、天然芸人でもノミネートされた、ポートワシントン・伊藤の3人。“今何してんの?”と聞かれ、一番おもしろい返しをした芸人が部門賞に選ばれるが、果たして3人の反応は…? そして“芸人に愛される芸人大賞”に輝くのは誰なのか!?

 芸人たちが独自の目線で“愛され&おもしろ芸人”を発掘する番組、『ダブルヒガシpresents 輝け!芸人に愛される芸人大賞』は、128日(日)深夜0時30分からカンテレで放送。 どうぞお楽しみに!

番組概要

◇タイトル:『ダブルヒガシpresents 輝け!芸人に愛される芸人大賞』

◇放送日時:2024128日(日)深夜0時30分~1時29分(関西ローカル)

◇出演者

MC:ダブルヒガシ(大東翔生、東良介)

選考委員:さや香(新山、石井)、ヘンダーソン(子安裕樹、中村フー)

     真べぇ(ダブルアート)、荒川(エルフ)、河野良祐(令和喜多みな実)

PICK UP