中島健人&髙橋ひかる一緒に決めたポスタービジュアル解禁!リビングの松永サンタからクリスマスプレゼント

公開: 更新: カンテレTIMES
中島健人&髙橋ひかる一緒に決めたポスタービジュアル解禁!リビングの松永サンタからクリスマスプレゼント

カンテレ・フジテレビ系の火曜夜11時連続ドラマ枠「火ドラ★イレブン」で、中島健人が主演を務める1月9日(火)スタートの連続ドラマ『リビングの松永さん』。

人気コミックを原作に、さまざまな世代の男女が共に暮らすシェアハウスを舞台に、中島が演じるグラフィックデザイナーの松永純(まつなが・じゅん 29)が主人公。松永は、ひょんなことから、髙橋ひかる演じる女子高生のミーコこと園田美己(そのだ・みこ 17)と同じシェアハウスで共同生活をすることになり、恋に不器用なカタブツのアラサー男と、ピュアで一生懸命で恋愛偏差値「3」の女子高生が、時に衝突し、時に助け合う事で互いを認め合い成長していく、ドキドキ年の差ラブコメディー。

シェアハウスで暮らすメンバーとして、松永と男の友情で結ばれているバーテンダー・鈴木健太郎(すずき・けんたろう 27)を向井康二が、医大に通う大学生でいずれ松永の恋のライバルになる北条凌(ほうじょう・りょう 20)を藤原大祐、カレー屋でアルバイトしていること以外は生活スタイルが謎という不思議オタク系女子・服部あかね(はっとり・あかね 23)を大久保桜子、ヒロインの美己にとって憧れのお姉さん的存在のネイリスト・大貫朝子(おおぬき・あさこ 31)を黒川智花が演じる。

12月24日(日)クリスマスイブの本日、ポスタービジュアルが解禁!

ビジュアルは、あたたかいクリーム色の“部屋着でバージョン”と、すこしオトナなラベンダー色の“ないしょでバージョン”の2種類で、アートディレクターの岡田和朗氏がデザインし、カメラマンのオノツトム氏が撮影。

“部屋着でバージョン”のキャッチコピーは、「部屋着のままで、恋をした。」。ドラマの舞台となるシェアハウスならではのナチュラルで楽しい恋愛を表現し、ドラマの世界観をストレートに伝えるコンセプト。

“ないしょでバージョン”のキャッチコピーは、「いっしょに暮らす人を、ないしょで好きになりました。」。シェアハウスだからこそ生じる、切なくて歯がゆい恋愛を表現し、ドラマの根底に流れる深い世界観を伝えるコンセプト。

先月行われたポスター撮影で、当初は従来通り1パターンのビジュアルを作る予定だったところ、ドラマのキーアイテムの一つとなっているメガネを使って、中島が、“メガネをかけた普段バージョンの松永”も、“メガネをかけていないオフ気味バージョンの松永”も、とてつもなく素敵に表現。どちらのビジュアルも使いたい・・・とスタッフを本気で悩ませる事態に。続いて撮影に臨んだ髙橋も、ヒロインの美己として、“始まりそうな恋の予感が溢れるキラキラな表情”と、“次第に恋の切なさを知ってしまうアンニュイな表情”とを見事に表現。急遽、撮影現場で、どちらのバージョンも、ドラマを楽しみにしてくださっている皆さんにお届けしようと、今回、2パターンの制作が決定した。

 

さらに、出演者の中島と髙橋も交えて、皆で一緒にドラマの世界観が詰まったビジュアルを創り上げられたら・・・と、スタッフサイドで各バージョンを厳選して2択まで絞り込み、最後の決定権は、主演とヒロインに!

この試みについて中島は「こんなの初めて!僕たちに決定権を委ねてくれているんですか?」と大興奮で、髙橋も「うれしい!いつもだと完成版を見せていただく形なので」と満面の笑顔。すぐさま、「考えてみたら、責任は僕たちにある()」(中島)、「センスが問われますね()」(髙橋)と冷静になるも、「僕たちが正解です!」(中島)と、意気揚々と最後のセレクトに臨んだ二人。

 

1パターン目の“部屋着でバージョン”の候補を見た2人は、「おおお!!!いいじゃん!!!!!選ぶの難しい・・・」。「ラブストーリーをやるうえで、最初の視聴者となるヒロインの判断を大事にしているから・・・せーので決めよう!」と中島が提案し、「私も決めました。理由もあります!」(髙橋)と、二人で指差しをすることに。すると、見事に一致し、「うれしい!価値観合ってる!互いの価値観認め合えてる!」と沸く二人。「松永さんのキャラクターと、カタブツの中の優しさを表現した表情がしっかりと定まっていて、その松永の表情の対になっているミーコの表情のバランスがすごくいいなと思って選びました」と中島。髙橋も「選んだ方は、今の最初の二人の関係性が見えるなと思って。最初のビジュアルとして、『リビングの松永さん』の世界観を伝えるのに、こっちの方が届くと思いました」とコメント。

2パターン目の“ないしょでバージョン”の候補を見た二人は、「中島さんのファンの方に両方とも届けたいです!」(髙橋)、「インスタライブしてファン投票しますか!」(中島)と話しながら、「ときめきを大事にして選びます!でも、個人の趣向もあるので、お互いを尊重していきましょう!」と髙橋。中島も「違うの選んで、ここで摩擦起きると、これから続く撮影がきついからね()」と、お互いのインスピレーションも大切にして、再びせーので選ぶと、こちらも見事に一致!選んだ理由について「松永さんの抜け感、大人の色気で選びました」と髙橋。中島は「松永の日常を表現してて、自然体な感じがする。その自然体な大人の松永に恋をしてしまった切ない表情のミーコ。このコントラストがいいなと。松永の両手が入っているのもいいよね」とコメント。

主演とヒロインのセレクトが2パターンとも一致し、実はスタッフ陣のイチ推しとも一致していたという満場一致の形で、本日の2パターンビジュアルの解禁となった。

 

最後に、髙橋は「部屋着でバージョン、ないしょでバージョン、どちらもいいですね。作品のいろいろな面が見せられるビジュアルで、皆さんに伝わるなと思います。中島さんと意見がしっかり合致して、この作品をどういう風に届けたいか、どういう思いで作っているかというのを、制作チームももちろん、演者チームでも意見が合っているんだなというのが再確認できました。このポスタービジュアル選びが、より皆さんにドラマをお届けできるのが楽しみになるワクワクな時間になったので、まずはビジュアルをお届けして、作品をより楽しみに待っていただけるように撮影も頑張りたいと思います!」とコメント。

 

中島は「あまりに良いできのポスタービジュアルなんで、このあと2000枚くらいもらおうかなと思います()

メリークリスマスイブ! 聖なる日に心があたたかくなる素敵なポスターができあがりました。今回、2バージョンのポスターで、松永とミーコのいろいろな表情が見られるようになっています。ドラマを見てくださる方と、僕たちとがお互いに認め合えるようなビジュアルになったと思います。それぞれの価値観の中に、この二つのポスターのコンセプトがしっかりあてはまると思いますので、ポスタービジュアルを通してもドラマを楽しんでいただけたらと思います!皆さんにとって素敵なクリスマスプレゼントになりますように…byリビングの松永サンタ」とメッセージを寄せた。

 

 また、本日、ドラマの60秒PRスポットも解禁に。中島演じる松永の、カタブツの中にあるさりげない優しさと、頼りになる人間力、見せ場の一つでもあるすぐに脱いじゃうシーンなど見どころが詰まった内容で、思わず「こりゃ、好きになるわな」とツッコミを入れてしまう“キュン凝縮”状態のスポットが完成。髙橋演じる美己のピュアな愛らしいシーンや、向井演じる健太郎の“らしさ”全開の映像なども満載でお届け。

 

シェアハウスを舞台に、松永と美己の胸キュン恋愛はもちろんのこと、シェアハウスに住むメンバー同士の距離感0(ゼロ)の恋模様にも大注目の『リビングの松永さん』、ぜひ、ご期待ください!


 <作品概要>

【放送枠】 20241月9日(火)スタート 毎週火曜夜11時~11時30分(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

【タイトル】 火ドラ★イレブン 『リビングの松永さん』

【出演】 中島健人 髙橋ひかる 向井康二 藤原大祐 大久保桜子 黒川智花 ほか

【原作】 『リビングの松永さん』 著者:岩下慶子(講談社「KCデザート」刊)

【脚本】 田辺茂範

【音楽】 眞鍋昭大 畑添美菜

【演出】 金井純一 日暮謙 松川嵩史  

【ドラマHP】 https://www.ktv.jp/matsunagasan/

【ドラマSNS】 <X(旧Twitter)> @matsunagasan8  <Instagram> @matsunagasan8

 

<1/9(火)OA第1話あらすじ>

松永純(中島健人)は、仕事はできるが曲がったことが大嫌いな29歳のグラフィックデザイナー。バーテンダーの鈴木健太郎(向井康二)、ネイリストの大貫朝子(黒川智花)、カレー屋のアルバイト店員・服部あかね(大久保桜子)とともにシェアハウスで暮らしている。ある日、オーナーの河北雅彦(山口森広)の姪で、高校2年生の園田美己(髙橋ひかる)が「ここに住まわせてください!」とお願いにやって来る。聞けば、両親が母の実家の旅館を継ぐため和歌山へ引っ越すことになったが、どうしても親友と離れたくない美己は、卒業までの一年間、叔父の家に居候して今の学校に通い続けたいという。ちょうどその日、シェアハウスには大学生の北条凌(藤原大祐)も内見にやって来るが、結局契約には至らず、空き部屋には両親を説得した美己が住むことになる。引っ越し当日、留守の雅彦から頼まれた松永は、美己にシェアハウスのルールを教え、早速“ミーコ”とあだ名をつけて、荷ほどきや買い出しに付き合う。しかし、ひと足先にシェアハウスに戻ると、そこには美己の母・朋子(映美くらら)の姿が。実は、雅彦が仕事でしばらく海外に滞在することになったため、朋子は未成年の娘を見ず知らずの大人たちが暮らすシェアハウスに置いていくわけにはいかないと、美己を連れ戻しに来たのだ。朋子から電話で話を聞いた美己はショックを受け、帰ってこない。心配になった松永は、美己を探しにシェアハウスを飛び出し…。

PICK UP