ベストアンサー企画にバカリズム参戦! 環境を考えた本気の演説に全員タジタジ

公開: 更新: カンテレTIMES
ベストアンサー企画にバカリズム参戦! 環境を考えた本気の演説に全員タジタジ

 博多華丸・大吉と千鳥、かまいたちが“全力で遊んで、全力ではしゃぐ!”をテーマにさまざまな企画に挑戦するバラエティー『火曜は全力! 華大さんと千鳥くん』。豪華ゲストとのスタジオゲームや大はしゃぎのロケなど、華大&千鳥&かまいたちが先輩後輩の垣根や体力の限界を超え、全力で笑いを提供している。

 今回はゲストにバカリズムを迎え、【満票だったら100万円! ザ・ベストアンサー】にチャレンジ。お題に対して各自ベストアンサーだと思う回答を出し、6人でプレゼン合戦。プレゼンを見た一般審査員計30人から最も多くの票を集めたプレイヤーは、賞金として1票につき1,000円、満票の30票を獲得すると100万円ゲットとなる。進行の濱家から「この企画めちゃめちゃ強そう」と言われたバカリズムは、「それっぽくプレゼンする能力はあると思います」と自信をのぞかせる。

 最初のお題は≪24時間営業になるとしたら何がベスト?≫。ノブが「自信あります」と出した回答は我慢できないときに助かるアレ。しかし「すでにある」という指摘にノブは大慌て。移動に便利な大吉の回答には「あー!」「強い!」と全員共感するも、バカリズムから鋭い指摘が。「新たな客層を取り込むことができる」という山内の画期的な提案には、芸人たちが思わず耳を傾ける。

 ≪○○したら国からボーナス…何がベスト?≫では、大吉が「前から思ってた」と、病気にまつわるボーナスを提案。「これで治安がよくなる」と訴えるバカリズムの説得力には全員うなってしまう。プレゼンはヒートアップし「日本の産業を潰す」「闇営業が増える」など、互いの抜け穴を指摘し合う政策論争が勃発。追い詰められたノブが独裁者のような発言で逃げようとしたり、回答をチェンジした大吉に「今の政権みたい」「何の意味もない」とヤジが飛ぶなど、激しい議論が巻き起こる。そんな中、1人だけ違う切り口で挑んだ大悟の奇抜すぎるアイデアとは!? 

 ≪小さくして持ち運べるとしたら何がベスト?≫では、勢いに乗るバカリズムが「ガチで獲りにいきます」と環境問題を改善する回答で「どうですか!国民の皆さん!」と演説口調に。「もう勝てない」「ダメだ」とほかの芸人たちが諦めムードが漂う中、大悟が「勝てるのはこれしかない!」「わしじゃないけどね!男ならだれしも」と出した捨て身の回答に全員「最低や!」とア然。そして、「恥も外聞も捨てて」と華丸がチェンジした大胆な回答には芸人たちが騒然となる。さらに華丸は、MCの濱家から恥ずかしい事実もバラされてしまう。果たして一番多く賞金を獲得するのは誰なのか? ぜひお見逃しなく!

博多華丸大吉&千鳥 感想コメント

(千鳥ノブ) 今回は、【ベストアンサー】の企画でした。ゲストは、バカリズムさんでした。

(千鳥大悟) イメージ、強そうな、得意そう。

(千鳥ノブ) 論破するのが、得意そうですよね。お題は≪○○したら、国からボーナス何がベスト?≫でした。自分がもし政治家になったらどうするかなー?みたいな感じでしたね。

(千鳥大悟) 自分がもし政治家になったら、ああいうこと言うのかなと思いましたが、ノブなんかは、とんでもないことになる…

(千鳥ノブ) 俺がもし政治家になれば…いろいろあって、大失言すると思います。

そして、≪小さくして持ち運びできるとしたら、何がベスト?≫という企画もありました。

(千鳥大悟) これは、素晴らしい!というアイデアもあれば、なんだその考え! というのもあって…

(千鳥ノブ) 非常に危ないです。

(博多華丸) (笑)

(博多大吉) 言えることは、バカリズムが想像以上に、“猛者”でした。

(千鳥ノブ) 楽しかったので、ぜひご覧ください!


前回の放送を見逃した方、もう一度見たい方は、こちらから↓

最新話見逃し配信中! 

【カンテレドーガ】

https://bit.ly/3Nd6YjE

TVer

https://bit.ly/3uSaVnn

PICK UP