奈緒&木梨憲武W主演『春になったら』ポスタービジュアルが完成!

公開: 更新: カンテレTIMES
奈緒&木梨憲武W主演『春になったら』ポスタービジュアルが完成!

2024115日スタートのカンテレ・フジテレビ系“月10ドラマ”『春になったら』のポスタービジュアルが完成!同時に、場面写真も初公開!

 

限りある親子の時間が凝縮された、モノクロのポスタービジュアルが完成!

キャッチコピーは「父と娘。3ヶ月しかない、ものがたり。」

 

このたび解禁された、娘・瞳(奈緒)と、父・雅彦(木梨憲武)が登場するポスタービジュアルは、2人の自然な表情を切り取るため、穏やかな空気が流れる中でゆっくりと時間をかけて撮影。反発し合いながらもお互いのことを思い、支え合ってきた親子のかけがえのない絆を表現するえりすぐりの1枚が選ばれた。シンプルながらも奥深く、モノクロを基調とした色彩と空間配置にもぜひ注目していただきたい。そして、キャッチコピーは「父と娘。3ヶ月しかない、ものがたり。」限りある親子の時間がギュッと詰まり、かつドラマを見た後にはまた違った味わいとなる、親子の奥深くにある真理に迫る優しいビジュアルに仕上がった。

そんなポスタービジュアルのデザインは、連続テレビ小説 『らんまん』 (NHK)をはじめ、数々の作品を手がけてきた、アートディレクターの加藤秀幸が担当。モノクロポスターで際立つ、ブルーとピンクの配色に関して加藤氏は、「“3ヶ月後に結婚する娘と、3ヶ月後に世を去る父”を考えたときに、“結婚=始まる=ピンク”と、“死ぬ=終わる=ブルー”で、親子の思いが対照的になるようにしました。タイトルロゴのグラデーションは対照的でありながらも、親子の繋がりややがて訪れる“春”を感じさせるようにしています。重くシリアスなテーマですが、笑って泣けるホームドラマのように優しい色を選びました」と話す。

 

アートディレクター加藤秀幸コメント

初めてプロデューサーにお会いした際、膨大なアイデアをベースにお話をさせていただきました。聳え立つ山はすでに目の前にあり、どのルートで登るのか…現場の制作陣とは同じフィーリングを感じました。緩やかな斜面は引き算と掛け算のデザインで歩き、崖には心打つキャッチコピーでトライする。そうして辿り着いたポスター撮影。奈緒さんと木梨さんは、優しさ溢れる親子そのもので、頂きはすぐに目の前に見えました。頂上からの澄み渡る景色は私一人が作った成果では無く、いつも笑顔が絶えないチーム全員で到達したビジュアルだと思います。

 

【加藤秀幸(grindhousehttp://grind-house.jp/

蜷川幸雄氏劇団で俳優を経て、原耕一氏に師事。グラインドハウス設立。

広告キャンペーン、ドラマ、演劇、CDジャケット、写真集、ファッション、映画、映像監修など、多岐にわたる。

 

さらに、場面写真も初公開!

クランクイン初日から親子感たっぷりの奈緒&木梨の貴重な着物姿!

 

主演の奈緒&木梨のクランクイン初日は、神社での撮影。父娘がそれぞれ「3ヶ月後に結婚する」「3ヶ月後に世を去る」とお互いに衝撃的な報告をした元旦の翌日、初詣で家の近くの神社を2人で訪れる場面だ。撮影初日にも関わらず、すでに長年寄り添ってきた親子の空気感を醸し出しており、雰囲気は抜群。そんな親子の様子を見ることができるティザー映像は、来週12/18()よる10時放送「トクメイ!警視庁特別会計係」の放送終了後にテレビ初解禁!ぜひご期待ください。

 

ストーリー

早くに母を亡くし、反発し合いながらも一つ屋根の下で支え合って生きてきた瞳(奈緒)と雅彦(木梨憲武)の父娘。いつも通りに迎えた元旦、2人は互いにとって衝撃的な報告をする。「せーの」で同時に発表したその事実は、“瞳が3ヶ月後に結婚すること”、そして“雅彦が病によって余命3ヶ月と宣告されたこと”。お互いあぜんとしつつ、雅彦は、相手が10歳年上の売れないお笑い芸人であることを知って結婚に猛反対。一方の瞳も、かたくなに延命治療を受けようとしない雅彦をなんとか説得しようと試みる。互いの幸せを願うからこそ衝突や諦めを繰り返す親子は、それぞれ「結婚までにやりたいことリスト」と「死ぬまでにやりたいことリスト」を作り、3ヶ月という残された時間を悔いなく過ごそうとする。次第に明らかになる瞳も知らなかった雅彦の過去や思い、そして雅彦も知らない瞳の結婚相手の秘密…。瞳の結婚相手、親族、友人、職場の人々、雅彦の主治医など、個性豊かな周囲の人たちを慌ただしく巻き込みながら、2人はどのように理解し合い、3ヶ月後の“その時”を迎えるのか…?

<作品概要>

 

【タイトル】『春になったら』

【放送枠】2024115()スタート 毎週月曜よる10時(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

【出演】奈緒 木梨憲武 ・ 光石研 筒井真理子 ・ 小林聡美 ・ 濱田岳 

【脚本】福田靖

【音楽プロデューサー】福島節

【監督】松本佳奈 穐山茉由

【プロデューサー】岡光寛子(カンテレ) 白石裕菜(ホリプロ)

 

【制作協力】ホリプロ

 【制作著作】カンテレ

PICK UP