『トキコイ』今夜10話!廻(吉岡里帆)と翔(永山瑛太)に引導を渡す…未来の監査員を演じるのは津田寛治

公開: 更新: カンテレTIMES
『トキコイ』今夜10話!廻(吉岡里帆)と翔(永山瑛太)に引導を渡す…未来の監査員を演じるのは津田寛治

吉岡里帆×永山瑛太 火ドラ★イレブン『トキコイ』

今夜放送の第10話は・・・廻が犯した謎の発注ミスは壮大な辻褄合わせの序章!?

廻と翔に引導を渡す⁉ 未来からやって来る監査員を演じるのは、津田寛治!


カンテレ・フジテレビ系の毎週火曜夜11時放送の火ドラ★イレブン『時をかけるな、恋人たち』。時間SFを得意とするヨーロッパ企画・上田誠のオリジナル脚本。令和の時代を生きる“辻褄(つじつま)合わせ”が大得意な主人公・常盤廻(ときわ めぐ)を演じるのは吉岡里帆、その恋の相手役で未来からやってきたタイムパトロール隊員・井浦翔(いうら かける)を演じるのは永山瑛太。二人がタイムパトロール隊のメンバーとして、恋の事情を抱えて違法に時をかけてくる恋人たちを取り締まりながら、自らも時空を超えた本気の恋をするタイムパトロール・ラブコメディー。

 先週放送の第9話では、廻と翔の逃避行がタイムパトロール隊長にまでバレるも、廻の上司が未来の時間犯罪者と手を組んで金儲けをしているのを暴き、さらに、その時間犯罪者がパトロール隊のメンバー・八丁堀だったことも突き止めた二人。

今夜12月12日(火)放送の第10話では、仲間が罪を犯したことにショックを受けるパトロール隊メンバーの前で、自らの背信行為を詫びた八丁堀。しかし、事態はそれだけにとどまらず、八丁堀が、自然食品の密輸をしていた時空犯罪団をほう助していたことも判明。そのせいで、廻が広告ビジュアルを手掛けていた新商品“ゆずこしょうキャラメル”の柚子の価格が高騰し、肝心の柚子が使えなくなるピンチに。廻は、辻褄を合わせて仕事をまっとうしたいと過去への違法トラベルを試みようとするも、未来から本部の監査員がやって来ることもあり、これ以上違法トラベルをするのは良くないと止められてしまう。廻が過去に行けば、2人は間違いなく記憶を消され、今度こそ会うことは許されない――それだけは何としても阻止したい翔も、廻を必死で止めるが、廻は「私たちだけが幸せになっても、意味ないから」とタイムボードで過去に消えてしまう。過去に戻った廻は、仕事以外にも次々と辻褄合わせをしていくが…という展開。

10話から登場となる、未来からやってくる監査員を演じる津田寛治は、「実際には存在しない架空の職業ですので、まずは台本を読んでみないとつかめないなと思って、1話から全部読みました。ドラマに出てくるのは後半だけなんですけどね(笑)。でも本当に面白くて、夢中になって全部読んでしまいました。上田誠さんが脚本の作品は、同じタイムトラベルものでも全部カラーが違って、つくづくタイムトラベルの達人なんだなと。職人のように、いろんな思いが観客の心に届く作品が書ける方だと思いました。決して、文系的な物語を作る才能だけじゃなくて、理系の計算もしっかりできてないと成立しない物語なので、素晴らしいなと感動しました」とコメント。そして、「実際に演じさせていただいて、まずセットに入ってみたら、美術さんの作り込みが素晴らしくて、いわゆる普通の未来のセットじゃなく、どこか懐かしい匂いがする。“昭和の匂いがする未来”っていうんですかね。見たことのないような未来の基地がちゃんと作られているのに感動して。衣装も“リアルな未来”というよりかは“レトロな未来”で、『こうきたか!』っていう感じがありました。その中で、自分が事前に考えてきた監査員とは、どんどん変わっていって、あっという間に自分が思っていたものは全部捨て去ってしまって、違う監査員になりました()。やっぱり役者って美術さんに影響されますね。用意されている服や小道具、セットを見ると、家で考えてきたことが全部変わってしまうみたいな。よくあるんですけど、今回もまさにそんな感じでしたね」と笑顔。「監査員の目線で、たった一組のカップルの色恋沙汰で全世界を危険にさらすわけにはいかない!という思いで演じていました」と語った。そして「最終回まで見ていただいた後、必ず皆さんは、またもう1回、1話から見たくなると思うんですよ。いろんなところに伏線が張られていて、本当にクレバーな物語になっていますので、ぜひ最後までご覧になった後も、また見直していただくことを強くお勧めします!」とメッセージを寄せた。

 はたして、廻と翔の恋の結末は!? さらなる“恋の超展開”も見逃せない注目の第10話、ぜひお楽しみに! 

【津田寛治(監査員 役)コメント】

Q.今回、本部の「監査員」役で、第10話からの登場となります! 

実際には存在しない架空の職業ですので、まずは台本を読んでみないとつかめないなと思って、1話から全部読みました。ドラマに出てくるのは後半だけなんですけどね(笑)。でも本当に面白くて、夢中になって全部読んでしまいました。上田誠さんが脚本の作品は、同じタイムトラベルものでも全部カラーが違って、つくづくタイムトラベルの達人なんだなと。職人のように、いろんな思いが観客の心に届く作品が書ける方だと思いました。決して、文系的な物語を作る才能だけじゃなくて、理系の計算もしっかりできてないと成立しない物語なので、素晴らしいなと感動しました。それで、実際に演じさせていただいて、まずセットに入ってみたら、美術さんの作り込みが素晴らしくて、いわゆる普通の未来のセットじゃなく、どこか懐かしい匂いがする。“昭和の匂いがする未来”っていうんですかね。見たことのないような未来の基地がちゃんと作られているのに感動して。衣装も“リアルな未来”というよりかは“レトロな未来”で、「こうきたか!」っていう感じがありました。その中で、自分が事前に考えてきた監査員とは、どんどん変わっていって、あっという間に自分が思っていたものは全部捨て去ってしまって、違う監査員になりました()。やっぱり役者って美術さんに影響されますね。用意されている服や小道具、セットを見ると、家で考えてきたことが全部変わってしまうみたいな。よくあるんですけど、今回もまさにそんな感じでしたね。


Q.このドラマの監査員は、クールで冷徹な部分も持っていなければ・・・ですが、記憶を消したりもしなければならず、切ない立場の役柄ですよね・・・

そうですね。でも、実際にタイムトラベル的なことがたくさん起こる未来があったとしても、それをちゃんと監視する役職は出てくるんだろうなと思っていますし、そこには一つ信念もあるだろうとは思うんです。時代が変わってしまうと、今あるものが全部なくなってしまう可能性もありますし、そういうことを起こさないために、ほかの仕事よりも、ものすごく厳しい目で見ていかなきゃいけない部分もあるだろうなと思って。監査員の目線で、たった一組のカップルの色恋沙汰で全世界を危険にさらすわけにはいかない!という思いで演じていました。

 

Q.最後に、視聴者の皆さんにメッセージをお願いします!

最終回まで見ていただいた後、必ず皆さんは、またもう1回、1話から見たくなると思うんですよ。いろんなところに伏線が張られていて、本当にクレバーな物語になっていますので、ぜひ最後までご覧になった後も、また見直していただくことを強くお勧めします!

 

<作品概要>

【タイトル】 火ドラ★イレブン 『時をかけるな、恋人たち』

【放送枠】 毎週火曜午後11時~午後11時30分 (カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

【出演】 吉岡里帆 永山瑛太 伊藤万理華 西垣匠 田中真琴 夏子 石田剛太 じろう(シソンヌ) ほか

【脚本】 上田誠(ヨーロッパ企画)

【音楽】 王舟

【主題歌】 Chilli Beans. I like you(A.S.A.B)

【オープニング曲】 PEOPLE 1 「ドキドキする」 (Sony Music Labels)

【プロデューサー】 岡光寛子(カンテレ)、白石裕菜(ホリプロ)

【監督】 山岸聖太 山口淳太

【制作協力】 ホリプロ

【制作著作】 カンテレ

【公式HP】 www.ktv.jp/tokikake/

  

<12/12(火)OA第10話あらすじ>

未来の情報を過去に売っていた犯人は、八丁堀(シソンヌ・じろう)だった。仲間が罪を犯したことにショックを受ける和井内(石田剛太)や天野(伊藤万理華)の前で、八丁堀は自らの背信行為を詫びる。しかし事態はそれだけにとどまらず、八丁堀が自然食品の密輸をしていた時空犯罪団をほう助していたことも判明。そのせいで、廻(吉岡里帆)が広告ビジュアルを手掛けていた新商品『ゆずこしょうキャラメル』の柚子の価格が高騰し、急きょ、かぼすで代用することが決まる。当然、ポスターやPOPはすべて『かぼすこしょうキャラメル』で作り直さなければならない。すると廻は、何の手違いか、以前にかぼすバージョンのデザインが届いたことを思い出し、あれは未来の自分による辻褄合わせだったのだと気づく。そして自らも、ひと月前に行き、『かぼすこしょうキャラメル』のデザインを発注しようとするが、未来から監査員(津田寛治)が来ることもあり、これ以上違法トラベルをするのは良くないと天野に止められる。

廻が過去に行けば、2人は間違いなく記憶を消され、今度こそ会うことは許されない――それだけは何とか阻止したい翔(永山瑛太)もまた、廻を必死で止めるが、責任者として仕事をまっとうしたい廻は、「私たちだけが幸せになっても、意味ないから」と、翔を残してタイムボードで過去に消えてしまう。過去に戻った廻は、仕事以外にも次々と辻褄合わせをしていき…。

PICK UP