菊池風磨主演「ウソ婚」に、トリンドル玲奈、黒羽麻璃央、織田梨沙、鶴見辰吾の出演が決定!

公開: 更新: カンテレTIMES
菊池風磨主演「ウソ婚」に、トリンドル玲奈、黒羽麻璃央、織田梨沙、鶴見辰吾の出演が決定!

カンテレ・フジテレビ系火曜よる11時「火ドライレブン」枠の菊池風磨主演『ウソ婚』に、トリンドル玲奈、黒羽麻璃央、織田梨沙、鶴見辰吾の追加キャストが決定した。そして、初回放送日が711日(火)に決定した。

 

匠(菊池風磨)×八重(長濱ねる)のウソから始まるラブコメディーに

トリンドル玲奈、黒羽麻璃央、織田梨沙、鶴見辰吾のレギュラー出演が決定!

 

菊池風磨演じる一級建築士・匠のクライアントである二木谷ホールディングスの社長令嬢・二木谷レミ(にきたに・れみ)を演じるのは、トリンドル玲奈。父親である二木谷晧司が経営する会社で専務を務め、容姿端麗のレミは、時に社長である晧司に対しても意見して周囲をハラハラさせる。匠や進藤(渡辺翔太)とともに朝まで飲み明かすほど仲が良かったが、異端な八重(長濱ねる)が匠と結婚したことを知り、八重に対して敵意をむき出しにしてライバル意識を燃やす。

ファッション誌のモデルとして活動する一方、『今夜すきやきだよ』(TX)では、他人に恋愛感情を抱かない絵本作家という難しい役柄で主演を務めたほか、4月クールでは『私がヒモを飼うなんて』(TBS)と『月読くんの禁断お夜食』(EX)の2作品に出演するなど引く手あまたのトリンドル玲奈がどのようにレミを演じるか注目だ。

 

匠と八重の幼なじみ・吉田健斗(よしだ・けんと)を演じるのは、黒羽麻璃央。小学生の頃、将来お姫さまになりたいと話す八重に、健斗が「お姫様にしてあげる。俺とたっくんで」と約束するほど仲が良かった、匠、八重、健斗の3人。ついつい意地悪なことを言ってしまう匠とは反対に、どんな時も八重のことを優しく見守る健斗だったが、高校生の時に親の仕事の都合で、突然シンガポールに引っ越してしまう。その後の動向やいかに…

ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンで菊丸英二役に抜てきされ、それ以降ミュージカルや舞台を中心にドラマ、バラエティーなどマルチな活躍を見せる黒羽。最近では本作の監督を務める山口健人監督映画「生きててごめんなさい」で主演を務めており、再びタッグを組むことになる。

 

八重の友人・小峰はるか(こみね・はるか)を演じるのは、織田梨沙。派遣仲間だった八重にルームシェアを持ちかけ、一緒に暮らしていたが、自身の結婚が決まり心苦しくもルームシェアを解消する話を持ち掛ける。八重とは正反対な明るくさっぱりとした性格だが、2人は馬が合い心を許せる存在となり、八重にとっても良き相談相手でもある。

りんとした瞳の強さが印象的で、モデルとして雑誌、広告などで活躍する一方、映画『コンフィデンスマンJP』シリーズではモナコ役で鮮烈な印象を残した織田。本作では長濱演じる八重との女子トークにぜひご注目を。

 

二木谷ホールディングスの社長・二木谷皓司(にきたに・こうじ)を演じるのは、鶴見辰吾。一代で大企業を築いた敏腕経営者。匠のことを優秀な仕事相手として認めているが、「男は所帯を持って一人前」という古い考えで“結婚”をビジネスの条件の一つと考えており、匠がウソ婚をするキッカケとなった人物でもある。

高い演技力で人情味のある役から悪役まで幅広い役柄を演じ続けている鶴見。近年は、連続テレビ小説『舞いあがれ!』(NHK)や『TOKYOMER~走る緊急救命室~』(TBS)など、長年にわたってさまざまな話題作に出演してきた鶴見が、抜群の安定感と存在感でフレッシュな俳優たちを支えてくれるに違いない。

 

既に発表された主演の菊池風磨、長濱ねる、渡辺翔太に加え、本作をさらに盛り上げる豪華俳優陣が集結。ドラマオリジナルのストーリー展開にもぜひご注目いただきたい。

 

<作品概要>

【放送枠】2023年7月11()スタート 毎週火曜夜11時(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

【タイトル】ウソ婚

【出演】菊池風磨(Sexy Zone) 長濱ねる 渡辺翔太(Snow Man) トリンドル玲奈 織田梨沙 ・ 黒羽麻璃央 鶴見辰吾 他

【原作】時名きうい『ウソ婚』(講談社『姉フレンド』連載)

【脚本】蛭田直美

【音楽】岩本裕司

【主題歌】Sexy ZoneTop J Records

【監督】山口健人、木村真人

【プロデューサー】岡光寛子(カンテレ)、島本講太(ジェイ・ストーム)芳川茜(共同テレビ)

【制作協力】共同テレビ

【制作】カンテレ、ジェイ・ストーム

<番組HP>https://www.ktv.jp/usokon/ 

PICK UP