スパイ企画に三浦翔平が参戦! 疑り合いで稲田が逆ギレ「わからん人やな」

公開: 更新: カンテレTIMES
スパイ企画に三浦翔平が参戦! 疑り合いで稲田が逆ギレ「わからん人やな」

 博多華丸・大吉千鳥かまいたちが「全力で遊んで、全力ではしゃぐ!」をテーマにさまざまな企画に挑戦するバラエティー『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』。豪華ゲストとのスタジオゲームや大はしゃぎのロケなど、華大&千鳥&かまいたちが先輩後輩の垣根や体力の限界を超え、全力で笑いを提供している。

 今回は、三浦翔平とアインシュタイン・稲田直樹をゲストに迎えて「スパイ7分の1」に挑戦。7人のうち1人は、事前にくじ引きで決定した“スパイ”で、他のメンバーにバレないようゲームを失敗へと導く。果たして、スパイを見抜くことはできるのか?進行は濱家が務める。

 スパイを決めるくじ引きでは、自分が引いたカードをじっと見ている三浦に、大悟が「あんなに見る必要ある?」と早くも疑いの目を向ける。一方稲田は、あからさまに不審な表情を浮かべて周囲をざわつかせる。

 最初のチャレンジは、不安定なボードの上に順番に棒をのせていく「回転ぐらぐらボード」。「(手先は)器用なほう?」とノブに聞かれた三浦は「苦手ですね」と告白。稲田も「失敗しちゃいけないっていうプレッシャーが怖い」とビビッてしまう。チャレンジ後、リプレイ映像を見たノブから「棒の置き方がおかしい」と指摘された三浦は、慌てて「ストレートにいったら(怪しいのは)大悟さん!」と、同じく怪しい置き方をしていた大悟に疑いの矛先を向ける。一方の稲田は、チャレンジではなく芸人として大失敗を犯してしまう!

 続いてのゲームは「サイレントものまね」。1人が声を出さずに身振り手振りだけでやるモノマネに対して、残りのメンバーで回答を合わせなければならない。プレイヤーの稲田がモノマネを披露するも、不思議な動きに全員が困惑。さらに、今度は解答者となった稲田が大悟のモノマネに対して出した答えには、「やってるな!」「おかしい」と一斉に疑惑の目を向けられ、「みんなの目が怖い」と震え上がる稲田。しかし、「(怪しいのは)完全に稲田さん」と一貫して自分を疑ってきた三浦に対し、「わからん人やな」とまさかの逆ギレ。そして最後のゲーム、「連動キャスターいすリレー」になると、今度は稲田とノブが「(スパイは)あなただ!」とお互いにスパイ疑惑をなすりつけ合うなど、バチバチの展開に。

 スパイ容疑者がかなり絞られる中、名乗り出た本当のスパイに「ウソでしょ……」と全員あぜん。「ヒントは散りばめましたよ」と余裕を見せるスパイとは誰なのか!? ぜひお見逃しなく。

■前回の放送を見逃した方、もう一度見たい方は、こちらから↓

【カンテレドーガ】

https://bit.ly/3JStITE

TVer

https://bit.ly/40LAx0b

PICK UP