アンタッチャブルがラブソングの作詞に挑戦!ザキヤマが妻への本気ラブソングでガチ照れ!

公開: 更新: カンテレTIMES
アンタッチャブルがラブソングの作詞に挑戦!ザキヤマが妻への本気ラブソングでガチ照れ!

 博多華丸・大吉千鳥が「全力で遊んで、全力ではしゃぐ!」をテーマにさまざまな企画に挑戦するバラエティー『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』。豪華ゲストとのスタジオゲームや大はしゃぎのロケなど、華大&千鳥が、先輩後輩の垣根や体力の限界を超え、全力で笑いを提供している。

 今回は人気企画「6連単!ピッタリ当てたら100万円」にアンタッチャブルが参戦。30代の主婦30人が選ぶ「夫から妻へのラブソング 刺さったのは誰の歌詞?ランキング」では、「ちゃんとやりました?」と濱家に聞かれた山崎が「こういう才能あったんだ」と自画自賛。ところが、作詞中のVTRにはいきなりボケだす山崎の姿が。しかしスタッフから発される気まずい空気を察し、真面目に妻への日頃の感謝を歌詞にしようとするも、ガチ照れしてしまう山崎の貴重な姿は必見!

 そして、過去のラブソングランキングで2勝しているノブは、「歌詞だけはなんぼでも降りて来る」「秋元康さんみたいになる」と余裕の表情。だが、ノブのこん身のフレーズに山内と大悟からは「芸人は使えない」とダメ出しが。また、華丸が「最終的な理想形」と老後をテーマに書いた歌詞は「ダサイ!」と言われ、山内の現実的すぎる歌詞には全員がドン引きする事態に。一方、昨年再婚した柴田のこだわりの歌詞に対し、ノブが「強力なライバルが出てきた」と警戒する展開も。完成した歌は今回もJO1の河野純喜が歌い上げ、結果発表では「ウルッとした」「泣きそう」など感動したという主婦のコメントが続出。そしてランキングは衝撃の結果に!

 続いて高校生30人に聞いた「担任の先生になってほしいのは誰?ランキング」では、山崎に対して「絶対に楽しい」「1年間はしんどい」と芸人たちの間で意見が真っ二つに。また、唯一教員免許を持っている山内は、教育実習での悲しい思い出を告白する。結果発表では「尊敬できる」「相談に乗ってくれそう」など、高校生たちが抱く意外なイメージが明らかになり、予想外の大接戦となる。

 最後は「おいでやす小田に大声を出させられる人ランキング」。ニセの撮影で呼び出された小田の楽屋を、柴田、大吉、華丸、大悟、濱家、山崎の6人が順番に訪れ、小田と1分間会話して前の人よりも大きな声を引き出せるかチャレンジしていく。小田と関係性の薄い柴田や、先輩芸人の華丸と大吉には大声を出さないのではないかと予想。逆に、後輩でありながら小田をイジり続けてきた濱家や、最強のイジり芸人・山崎は期待大。何も知らない小田は、次々やってきては謎の行動を見せる芸人たちに「何やこれは!?」「企画を教えてくれ!!」と大混乱。果たして見事ランキングは的中するのか!?

 収録後アンタッチャブルは「めちゃめちゃ楽しかったですよ!」と2人揃って声を弾ませ、柴田は「学生時代の放課後を過ごしているみたいなノリでできましたよね。テレビで見ているともうちょっと楽な感じだったのにまさかのラブソングで、まさかの結果になったんですが…誰が予想します?マジで(笑)」と意外な結果となったラブソングランキングを振り返った。山崎も「大好きなメンバーだから、非常にただただ楽しくて面白くしてくれますし。でも難しいですよね、6連単を当てるというのは」と、レギュラー陣とのゲームを楽しんだ様子。中でも2人が楽しかったという“おいでやす小田大声チャレンジ”について、山崎が「自分で改めて小田くんのこと怒らすのが得意なんだなと思いました(笑)」と満足な表情を見せると、すかさず柴田が「いや、小田くんだけじゃないよ。生きとし生けるものを怒らせる山崎(笑)」と鋭いツッコミを入れるなど、終始息の合ったテンポで見どころを語った。


■前回の放送を見逃した方、もう一度見たい方は、こちらから↓

【カンテレドーガ】

https://bit.ly/3J0iBHS

TVer

https://bit.ly/3kVnxWs

PICK UP