人気ピン芸人たちが“至極のネタ”を披露する最強ネタ番組・第4弾!

公開: 更新: カンテレTIMES
人気ピン芸人たちが“至極のネタ”を披露する最強ネタ番組・第4弾!

MC陣内智則バカリズムでお送りするピンネタ特番・第4弾「人気ピン芸人大集合!陣内バカリの最強ピンネタ20連発』が、19日(日)午後4時5分からカンテレ・フジテレビ系全国ネットで放送される。 

MCの2人をはじめ、おいでやす小田お見送り芸人しんいち友近ヒコロヒーゆりやんレトリィバァといった実力派ピン芸人たちが「今、絶対に見てほしい」至極のネタを披露する。コンビやトリオによる漫才・コントに比べ、ツッコミという解説がないため、コアなお笑いファン以外に届きにくく、ニッチな芸と受け取られがちなピン芸の世界。しかし、たった一人で舞台に立ち、独自の世界観を存分に発揮する彼らのネタこそ、まさにお笑いの真骨頂だ。

 陣内&バカリズムはそれぞれ、ある意味正反対のネタを披露。お互いのネタを見て陣内が「僕はツッコむスタイルなので、1人の演技で笑わすというのはすごいと思う」とコメントすると、バカリズムは「僕は陣内さんみたいなネタは作れない。やっぱりツッコミの目線じゃないから」とお互い大絶賛。

昨年の『R-1グランプリ』優勝者のお見送り芸人しんいちは、約半年間温めていたという漫才師をターゲットにした“攻めたネタを披露。今や毒舌キャラが定着しているしんいちは、「芸を見て陣内、バカリに『変わったな』と言ってほしい」とアピールするが、果たして2人の評価は…?

 

そして、定番の“叫び芸に皮肉を交えたおいでやす小田、自身が演じるあのおなじみのキャラクターに扮するネタを披露した友近、女子の“あるあるをネタにしたヒコロヒー、独特の世界観のネタで会場を魅了したゆりやんレトリィバァら、クセの強いキャラクターたちが演じるネタに、なにわ男子・藤原も「想像力がかき立てられる」「あっぱれ!」と大絶賛 。さらに、MC2人も「本当にレベルが高い」「ちょっと焦った。新しいネタを作らないと」とそのクオリティーに太鼓判を押す。

 

さらに、 VTRでは「コンビ芸人たちの最強ピン芸ヒストリー」と題して、麒麟・川島やチョコレートプラネット・長田など、売れっ子コンビ芸人が過去の『R-1グランプリ』などで披露したピンネタを一挙公開。中には昨年末のM-1グランプリ決勝で「R-1にないものは…夢!」とイジり優勝したウエストランド・井口の知られざるピンネタも。また「最強ピン芸ワンフレーズランキング」と題して『流行語大賞』を受賞し一世を風靡(ふうび)したあの懐かしのピンネタを振り返る。時代を彩った懐かしのピンネタに一同思わず「懐かしい~!」と大興奮。実力派人気ピン芸人たちの最強のネタをぜひお楽しみに!

また、番組の最後には、3/4(土)よる7時から生放送される『コーエーテクモゲームス PRESENTS R-1グランプリ2023』決勝戦の審査員が発表される!

<収録後コメント>

Q.収録を終えての感想は?
(陣内)
ピン(芸人)だけをフィーチャーしてくれるっていうのは本当にありがたいです。今回は豪華なメンバーだったので面白かったですね。さすがなメンバーが集まったなって思いました。

(バカリズム)ちょっと焦りましたね。新しいネタ作らなきゃいけないな…って。世代的に『R-1グランプリ』よりも上の世代の人たちだから、ほんとにレベルが高いんですよね。

 

Q.特に「強いな~」と気になった方は?

(陣内)僕はしんいち。やっぱり、改めて、あいつはイカれてるなと思いました。でも面白いですよね。あいつの、ちょっとかわいげのあるところだし、毒っ気もあって。

(バカリズム)僕はゆりやんさん。好みは分かれると思うんですけど、僕は大好きですね、ああいうシステムのネタは。結構細かいところにもこだわりがあって。面白かったですね。

 

Q.ピン芸人の歴史を振り返って、改めて気づいたことは?

(陣内)僕らもそうですけど、コンビを組んでいて別れて1人でもう一回やり直してやるじゃないですか。だから、本当に当てよう!っていうのがあるんでしょうね。何かのワードを作り出した人が、世間でパっと輝くようになったのかなって思いました。

(バカリズム)ワードは振り返るとやっぱり言いやすいとか日常生活に入れやすい言葉がはやるんだなと思いましたね。面白さよりも使いやすさっていうんですか。コンビからピンになって売れた人ってやっぱ執念なんですよね、もう失敗できないから。僕もそうですけど。

 

Q.今回の番組に関しての視聴者へのメッセージを一言。

(陣内)ピン芸人の面白さをもうちょっと分かってもらいたいというのと、ネタをしてくれた人達はほんとに面白いし、R-1に向けて注目をしてくれたらなという感じですね。

(バカリズム)ピン芸人ってコンビとかトリオに比べて単純に人数が少ないっていうのもあるんですけど、こう見ているとピン芸人ということが気にならなくなるというか、単純にネタ番組として面白いのでそこまでピンを意識するというよりも単純にネタ番組として楽しんでいただければと思いますね。 

 

<ネタ披露後のお見送り芸人しんいち・コメント>

Q.いきなり攻めたネタをされましたね?

 攻めたというか、やっぱりウソをつけない性格なんで、フリなしでいってみたらどうなるのかなと思って1回やってみたかったんですよ。僕の中で攻撃しているつもりはなくて、あくまでも思ったことが歌詞になっているだけで何か気をつけようという気は1ミリもございません。 

 

Q.なぜ漫才師をにターゲットに?

どうしても、(R-1グランプリで)優勝した後に「どうせ2カ月ぐらいで終わるとか、R-1はあーだ、こーだ」という声がネットとかいろんなところから聞こえてきて…、やっぱり漫才師のM-1はすごいね、とかみんなに言われるのが悔しかったので。僕も漫才師スタートだったので、もう一回改めて漫才を見てみようと思って、漫才師さんってこういう一面かっこいいなとか、こういう一面素晴らしいなっていうので歌詞にしたんですよ。

 

<番組概要>

【放送枠】2023年2月19日(月) 午後4時05分~午後5時20分 

カンテレ・フジテレビ系全国ネット

MC】陣内智則、バカリズム

【スタジオゲスト】藤原丈一郎(なにわ男子)、王林

【ネタ芸人】おいでやす小田、お見送り芸人しんいち、友近、ヒコロヒー、ゆりやんレトリィバァ ※50音順

【制作著作】カンテレ  

動画:https://youtu.be/iQBhOy6CCQk

陣内バカリの最強ピンネタ20連発

R-1グランプリ

PICK UP