福士加代子氏が初解説「叩かれることを恐れずにいきたい(笑)」29日開催<大阪国際女子マラソン>

公開: 更新: カンテレTIMES
福士加代子氏が初解説「叩かれることを恐れずにいきたい(笑)」29日開催<大阪国際女子マラソン>

今月29日(日)に開催される「第42回 大阪国際女子マラソン」(『奥村組スポーツスペシャル 第42回大阪国際女子マラソン』として1月29日(日)正午~カンテレ・フジテレビ系全国ネットで生中継)は、1年半後の「2024年パリ五輪」に向け、202310月に行われる「パリ五輪」代表選考会(MGC)で勝つために、そして世界に近づくためのレベルアップを図る【MGC前哨戦】のような位置づけとなる。また、MGC出場権をまだ持たないランナーにとっては、出場切符を獲得する大会となる。さらに、ブダペスト世界選手権(20238月)の代表選考レースでもあり、「2時間2318秒」の派遣設定記録を突破したランナーが代表候補になる。

大会を目前に控え、本日22日(日)カンテレ本社にて、昨年「大阪ハーフマラソン」で現役を引退した女子陸上界のレジェンド・福士加代子氏(モスクワ世界選手権・銅メダリスト)が囲み会見を開催。今回が「大阪国際女子マラソン」初解説となる福士氏が、大会の見どころや意気込みを語った。

まず、今大会の見どころについては2時間20分台の外国人選手がいらっしゃるので、その選手たちが自己ベストを狙ってくるとなると、やはり2時間20分を切る、19分台のレースが見えると思います。そこに、自己ベストが上位の安藤友香選手(ワコール)や佐藤早也伽選手(積水化学)、上杉真穂選手(スターツ)などがどういう形で絡んでくるのかという点が見どころです。ペースメーカーも30kmまでつくので、高速レースが期待できます。そして、MGC出場権を順位に関係なく獲得できる2時間24分ぎりのペースメーカーもおく予定だと聞いています。その第2集団の中で、初出場する筒井咲帆選手(ヤマダホールディングス)や𠮷川侑美選手(ユニクロ)がMGC出場権を狙ってくると思うので、後方集団にも注目してもらえればと思います。さらに、3時間7分という厳しい基準を突破して出場するスーパー一般ランナーの方々もいらっしゃるので、とにかく速い人たちが集まっています。前の選手が落ちてきて、後方の選手がそれを見つけて元気になっていく、という展開は私としても一番面白いので、どこをとっても面白いレースになってほしいです。この大会でないと見られないくらいハイレベルなレースになると思います」とコメント。続けて、「ペースメーカーが外れ、30kmを過ぎてからのレース展開が見ものです。自ら仕掛ける選手と、誰かについていく選手で、レースの組み立て方は違うと思います。選手は、その前後で何かが起こるのではないかと思っていますし、一つのきっかけになるはずです」と話した。

 

次に、注目選手については「一番は、安藤選手です!個人的に思い入れがありますし、トラック種目などでは自己ベストは更新しているものの、マラソンでは、初マラソンから自己ベストを更新していないので、自己ベストを更新するところを見てみたいです。そして、佐藤選手もベルリンマラソン(20229月)で自己ベストを更新して乗りに乗っているので、期待しています。また、上杉選手は前回大会で自己ベストを更新しました。走りを見るとガッツがあり元気な感じがしますが、しゃべってみると穏やかなので、そのギャップが面白いです。精神的にも強い選手なのではないかと思うので、注目しています。さらに、初マラソンの筒井選手や𠮷川選手も面白いです。筒井選手は、トラックでも有名ですし、昨年あたりからずっとマラソンの練習をしていると聞いています。𠮷川選手は、1500mから3000m障害、5000m10000m、ハーフマラソンとあらゆる種目で好成績を残し、そして今回はマラソンにも参戦して、私よりも全てをやり尽くしているので本当に強いと思います。体も丈夫ですし、どこまでやれるかが楽しみです。トラックを走っている人たちからしても希望になりますし、ここで良い走りを見せられれば、どんどん陸上界が変わっていくのではないかと思います」と期待を寄せた。

 

また、第30回大会(2011年)以来12年ぶりに変更される新しいコースについては「率直に走ってみたいと思いますが、本当に何で私のときに変更しなかったんだ!と言いたいです(笑)。変更前のコースは悪くありませんが、折り返しで少しスピードダウンしたり、うまく回れなかったり、リズムがいったん崩れるときがありました。今大会ではその折り返しがなくなって、スムーズに走れるようになります。また、20kmを過ぎたあたりからは上り坂と下り坂が入ってくるので、疲れているときはドンときますが、コースの起伏を使ってリズムを整えられたり、思わぬ形で良い方向に転がったりすることがあると思うので、面白いと思います。40kmを過ぎてからは、どの選手にとっても死闘だと思うので、そこは解説の高橋尚子さんや渋井陽子さんにあの時どう思っていた?ということを色々聞ければいいかなと思います。本当に、高橋さんや渋井さんが何を考えていたのかを私が知りたいので、楽しみにしています!」と笑顔を見せた。

さらに、今大会では沿道の応援も復活。「『大阪国際女子マラソン』はとにかく沿道の応援が途切れないので、観客の中をずっと走っている感覚で気を抜けません。そのくらい緊張した状態で、ずっと応援してくれているので、アクシデント以外で足が止まることはないと思います。常に前向きに背中を押してくれる、沿道のパワーをエネルギーに変えられるような大会だと思うので、いかに自分がその波に乗れるかが大切です。良ければ良いですごく称賛されますし、ダメであっても止めさせてもらえないくらい応援してくれます(笑)。走るのを止めたとしても恥じることなく、皆さんが温かい拍手を送ってくださるので本当に助けられます。沿道から聞こえる“頑張れ!”の中にはすごく愛情がこもっているので、その期待が選手に伝わればいいかなと思います。とにかく面白いレースです。大阪の応援は本当に面白いです!」と語った。

 

最後に「私にとって『大阪国際女子マラソン』は、マラソンへの挑戦を始め、終えた場所です。苦い、痛い、面白い、楽しい、全部の感情を経験しました。最初からマラソンを走ろうと思っていたわけではないので…まんまとハマってしまいました(笑)」と振り返った。

その思い出深い大会で初めて解説を務めることについては「“この選手はこう思っている”と選手の気持ちを代弁することはできませんが、自分の経験をもとに“自分はこうだった”と話したいです。今も近場で選手を見ていることもあり、選手目線でいられればいいなと思います。渋井さんはコーチとして選手を見ているので、そこの引き出しにも頼りたいです。また、レースが苦しいところは、高橋さんに聞いたら面白そうな気がします。視聴者が聞きたいことや聞きにくいことを、あえて聞くという役割を担えればと思います」と話した。続けて、「解説は『名古屋ウィメンズマラソン2022』で一度経験したくらいで、あまり実感がありません。一視聴者のように、普通にテレビを見ている感覚でした(笑)。今回は、渋井さんや高橋さんに色々と聞きながら、私は見たまんまのことを自然体で話せればと思います。叩かれることを恐れずにいきたいと思います(笑)!」と率直な“福士節”を生かすことも約束した。

【番組概要】

◇タイトル

『奥村組スポーツスペシャル 第42回大阪国際女子マラソン』

◇放送日時

2023年1月29日(日)ひる12時~午後2時55

カンテレ・フジテレビ系全国ネット/TVerSpecial Live配信

◇出演者

【解説】

有森裕子(バルセロナ五輪銀・アトランタ五輪銅メダリスト)

高橋尚子(シドニー五輪金メダリスト)

千葉真子(パリ世界選手権銅メダリスト)

野口みずき(アテネ五輪金メダリスト)

渋井陽子(前女子マラソン日本記録保持者)

福士加代子(モスクワ世界選手権銅メダリスト)

【実況】

岡安譲(カンテレアナウンサー)

石田一洋(カンテレアナウンサー)ほか

YouTube裏生実況(大阪国際女子マラソン 公式YouTubeチャンネル)】

SP解説:増田明美(スポーツジャーナリスト)

ゲスト:森脇健児、福本愛菜

解説:森岡芳彦(マラソン博士・城西国際大監督)

特別出演:渋井陽子、福士加代子

進行:橋本和花子(カンテレアナウンサー)

PICK UP