『カタールはこう戦え! サッカー2050年の夢へ』

公開: 更新: カンテレTIMES
『カタールはこう戦え! サッカー2050年の夢へ』

昨年放送した『激論!サッカー2050 世界一は夢のままか』シリーズの第2弾!

いよいよ間近に迫った「FIFAワールドカップカタール2022」。グループステージで、ドイツ、スペインら強豪がそろうグループEに入った日本。果たして、カタールではどう戦うべきなのか?そして、日本サッカー協会が掲げた2050年の「FIFAワールドカップ」優勝という目標は実現できるのか?各界のサッカー論客が忖度(そんたく)なしで徹底討論する特番『カタールはこう戦え!サッカー2050年の夢へ』が、1113日(日)深夜0時35分から全国放送される。

昨年放送した『激論!サッカー2050 世界一は夢のままか』シリーズの第2弾となる本番組。MCは、前回に続き、加藤浩次が務める。討論の相手には、Jリーグチェアマンの野々村芳和、昨年現役を退いた元日本代表ストライカーの大久保嘉人が参戦。さらに、元帝京高校サッカー部で、サッカー漬けの青春時代を過ごしたROLAND、海外サッカーからJ3まで全てを網羅するサッカー通、慶應義塾大学教授の宮田裕章を迎え、それぞれの目線でカタール大会、そして日本サッカー界の目指す先を熱く語る。

酒井宏樹選手(浦和レッズ)と加藤浩次のスペシャル対談も実現!

討論は、今大会の注目ポイントと、日本がグループステージを突破し、森保監督の掲げる「悲願のベスト8入り」を果たすためには“3戦をどんな成績で終えるのが理想か”というテーマから始まる。「サッカーのライトファンは、この大会でドイツ、スペインに日本は勝てないと思っているよね。でも違うよね?」との加藤の投げかけに大きくうなずくゲストたち。それぞれが考えるグループステージの見解を披露する。討論の内容は監督の戦術にも及び、「ワールドカップはそんなに甘くない」と語る大久保は、選手として戦っていた2014年の「FIFAワールドカップ」グループステージのコートジボワール戦の逆転負けの裏で何が起こっていたか…衝撃の事実を明かす場面も。また、2050年の「FIFAワールドカップ」優勝という目標に向けて、世界を見据えたJリーグへの提言、指導者のライセンス問題など、この番組ならではの討論テーマでも議論が白熱していく。

さらに、今回のカタール大会でも日本代表に選ばれた酒井宏樹選手(浦和レッズ)と加藤浩次のスペシャル対談も!酒井選手のワールドカップ直前の生の声を届ける。果たして、今大会はどんな戦いが繰り広げられるのか。これを見れば、4年に一度の祭典が、さらに楽しめること間違いなしだ。

【番組概要】

『カタールはこう戦え!サッカー2050年の夢へ』

<放送日時>

1113日(日)深夜0時35分~1時30分(フジテレビ系列28局ネット)

<出演>

加藤浩次

野々村芳和(Jリーグチェアマン)

大久保嘉人(サッカー元日本代表)

ROLAND

宮田裕章(慶應義塾大学教授)


VTR出演:酒井宏樹(浦和レッズ)


ナレーション:マーク・大喜多

<スタッフ>

プロデューサー:土屋雅広、佐藤秀臣

ディレクター:髙野剛彰、椎名大助

構成:木崎伸也

<オフィシャルサイト>

https://www.sut-tv.com/show/soccer2050/

PICK UP