なにわ男子の藤原丈一郎&高橋恭平が過酷プレッシャーゲームに挑戦!料理6連単企画には小芝風花登場!

公開: 更新: カンテレTIMES
なにわ男子の藤原丈一郎&高橋恭平が過酷プレッシャーゲームに挑戦!料理6連単企画には小芝風花登場!

博多華丸・大吉千鳥が「全力で遊んで、全力ではしゃぐ!」をテーマにさまざまな企画に挑戦するバラエティー『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』。豪華ゲストとのスタジオゲームや大はしゃぎのロケなど、華大&千鳥が先輩後輩の垣根や体力の限界を超え、全力で笑いを提供している。

今回は、豪華ゲストと賞金総額200万円を懸けてさまざまな企画にチャレンジ! 獲得賞金の半分は視聴者にプレゼントし、残りの半分はルーレットで決まった人の総取りとなる。

今回、プレッシャーゲーム企画には、なにわ男子藤原丈一郎高橋恭平がゲストとして参戦!前回は、同グループの長尾謙杜が大活躍したこのゲーム。高橋は「プレッシャーには基本強い」とコメントし、藤原は「ジャニーズという社会にいる中でプレッシャーは常日頃」と意気込む。

最初は、カートを使って狭いゲートをくぐったり、一斗缶の壁ギリギリでブレーキを踏んだりする「プレッシャーカート」に挑戦する。挑戦後に藤原と高橋に感想を聞くと、藤原は「小さいときにカートに乗ったことはあったのですが、実際に乗ってみるとめちゃくちゃ難しくて驚きました!でも、皆さんと盛り上がることができたので良かったです!あと1時間くらい時間くれたら絶対に上達できてました!(笑)また機会があればぜひ挑戦したいです!」と振り返った。高橋は「僕は免許も持ってなくて、カートも初めてだったので緊張したのですが、楽しかったです!次は、免許とってから来ますので!(笑)」と語った。

続いて、熱湯でゆであがった玉を投げる“熱々ボウリング”など、5種目の超過酷なボウリングに挑戦する「プレッシャーボウリング」。高橋は「趣味でやっていて最高スコアは230でアベレージは180」と自信をみせ、芸人たちも期待を寄せる。助走部分に足つぼマットを敷き詰めた“足つぼボウリング”では、藤原が率先してチャレンジ。一歩踏み出し「あ、行けます!」と余裕の表情を見せる。果たして、2人は何ピン倒すことができるのか?さらに、パンストを被って玉を投げるチャレンジでは、藤原がまさかの立候補!パンストをかぶった姿を見た一同は「いいよ、いいよ!」と沸き、高橋も「これはマジで激レアや!」と大はしゃぎ。「事務所のかた!一回前から顔確認したほうがいいよ!」と思わず大悟が心配してしまうほど。だが、ノブは「相当なポテンシャル!」と大絶賛!挑戦後の藤原に感想を聞くと「ボリング場に何しにきたんだろう…と思いました(笑)でもめっちゃ楽しかったので、楽しんでいる様子が視聴者の皆さんに届くといいなと思います!」とアピールした。

料理6連単企画では、「お肉全般好き」「味は濃いほうが好み」というゲストの小芝風花が選ぶ「おいしいガッツリ肉料理を作ったのは誰?ランキング」に博多華丸・大吉、千鳥、かまいたちが挑戦する。

前回、1位を獲得した華丸は、博多のソウルフード“博多鉄板焼肉”で勝負。大吉が用意した薫製調理器に小芝は興味津々。大悟は牛肉と濃厚ソースで小芝好みの肉料理をつくる。

ノブはタレをたっぷりと染み込ませたザンギで「肉の中では鶏肉が好き」という小芝の心をつかむ作戦に出る。山内は地元・島根の高級黒毛和牛・隠岐牛を使用して調理。

そして、上位常連から前回初めて最下位まで転落した濱家は、背伸びしていた自分を猛省し、「今回最下位とるようなことがあれば芸人引退します!今までやってきた全部を捨てます!」と宣言する。横で聞いていた山内は「レギュラーめっちゃあるで?ただの迷惑なやつ」とぼそっと言い放つ。

試食タイムでは、小芝が「めちゃくちゃおいしい!」「香りがすごい!」と、おいしい料理に素直に大喜びする。しかし、素直すぎるあまり、一口で食べるのをやめてしまうものも。果たして、誰の肉料理が1位は選ばれるのか?

収録を終えて小芝は「めちゃくちゃ楽しかったです!皆さんが作った料理のクオリティー高すぎました!作った料理を食べさせてもらえるのうれしかったし、料理過程を見ることができるのも楽しかったです!」と振り返った。料理をする芸人たちの姿を見て、「思ってたより(笑)何倍もステキでした!料理が慣れてる感じの手つきの人もいれば、一生懸命慣れない作業をしている人もいて。そういうのキュンキュンしちゃいません?女子が好きな胸キュンポイントがたくさんあったと思います!例えば、大悟さんがお肉を一生懸命切っている姿、華丸さんの男らしい豪快な焼き方とか…」とコメント。

最後は、獲得賞金の半分総取りを決める運命のルーレット!賞金総額はいくらになったのか?そして、ゲットするのは誰なのか?最後までお見逃しなく!

 

【なにわ男子 コメント】

Q“プレッシャーカートはいかがでしたか?

藤原「小さいときにカートに乗ったことはあったのですが、実際に乗ってみるとめちゃくちゃ難しくて驚きました!でも、皆さんと盛り上がることができたので良かったです!」

高橋「たしかに、ちょっとした操作が難しかった…」

藤原「あと1時間くらい時間くれたら絶対に上達できてました!(笑)また機会があればぜひ挑戦したいです!」

高橋「僕は免許も持ってなくて、カートも初めてだったので緊張したのですが、楽しかったです!次は、免許とってから来ますので!(笑)」

藤原「カートは免許なくても乗れるけどな!」

高橋「免許取ったらうまく乗れそうじゃん!!」

 

Q“.プレッシャーボリングはいかがでしたか?

藤原「ボリングといえば普通楽しむものですけど、あんなにプレッシャーを感じながらやるのは初めてでした!皆さんが本気でストライクを取りにいこうとする姿を見て、勇気をもらいました!(笑)」

高橋「普段からボリングはよくしますが、新しいボリングの楽しみ方を知ることができました!(笑)」

 

Q.藤原さんは、パンストにも挑戦されていましたね

藤原「そうなんです。ボリング場に何しにきたんだろう…と思いました(笑)でもめっちゃ楽しかったので、楽しんでいる様子が視聴者の皆さんに届くといいなと思います!」

 

Q.芸人の皆さんとのゲームはいかがでしたか?

高橋「最後に皆さんとグータッチできたときは一体感を感じました!部活っぽい感じがしました(笑)」

藤原「濱家さんが痛風で足を痛めているのに、力を振り絞って頑張っていて、芸人魂を感じました!」

藤原&高橋「もし次の機会があればぜひリベンジしたいです!全力でやります!」

 

【小芝風花 コメント】

Q.収録を終えた感想は?

小芝「めちゃくちゃ楽しかったです!皆さんが作った料理のクオリティー高すぎました!作った料理を食べさせてもらえるのうれしかったし、料理過程を見ることができるのも楽しかったです!」

 

Q.料理の順位を決めた最後の決め手は?

小芝「皆さんの料理の順位をつけるのは、正直めちゃくちゃ迷いました。最後の決め手は…手の込み方!味だと全部おいしすぎて順位つけられなかったので、どれだけ手間をかけているのか、どんなこだわりがあるのかで決めました!」

 

Q,料理男子…いや、料理おじさんたち(笑)はいかがでしたか?

小芝「思ってたより(笑)何倍もステキでした!料理が慣れてる感じの手つきの人もいれば、一生懸命慣れない作業をしている人もいて。そういうのキュンキュンしちゃいません?女子が好きな胸キュンポイントがたくさんあったと思います!例えば、大悟さんがお肉を一生懸命切っている姿、華丸さんの男らしい豪快な焼き方とか…」

 

Q普段、料理はされますか?

小芝「料理はちょくちょくしているけど、あんな風に料理作ってもらえたらめちゃくちゃうれしいです!」

 

 

■前回の放送を見逃した方、もう一度見たい方は、こちらから↓

 

【カンテレドーガ】

https://bit.ly/3fIeeWV

 

TVer

https://bit.ly/3ycndpJ

PICK UP