ギャラクシー賞・入賞の『千原ジュニアの座王』が4度目の全国ネット!審査委員長はさまぁ~ず 大竹!

公開: 更新: カンテレTIMES
ギャラクシー賞・入賞の『千原ジュニアの座王』が4度目の全国ネット!審査委員長はさまぁ~ず 大竹!

千原ジュニアMCを務めるお笑い番組“即興力№1決定戦”!『笑いの総合格闘技!千原ジュニアの座王』の全国ネットスペシャルが、1018日(火)よる9時~、カンテレ・フジテレビ系で放送される。

千原が考案した『座王~ざおう~』は、漫才やコント、ピン芸、歌ネタなど作り込んだネタではなく、即興ネタを競い合う、いわば“笑いの総合格闘技”。201710月に、関西ローカルでスタートし、今回で四度目の全国ネット放送となる。今年の正月に、審査委員長に松本人志を迎えて放送した『笑いの総合格闘技!千原ジュニアの座王 新春SP』が、第59回ギャラクシー賞(2021年度)下期のテレビ部門賞に入賞し、絶好調の本番組。今回は、さまぁ~ず大竹一樹が座王初審査委員長を務める。

ルールは、芸人たちが「大喜利」「ギャグ」「モノマネ」などのお題が書かれたイスを使ってイス取りゲームを行う。座れなかった芸人は、「このお題であいつだったら勝てる!」と思う芸人を指名。指名された芸人のイスに書かれたお題に沿ってネタを披露し、2人のうちどちらが面白いかを、審査委員長が判定。最後まで勝ち残った者が「座王」に輝く。今回の2時間SPでは豪華28名の人気芸人が集結!Aグループ、Bグループに分かれて対戦し、各グループの勝者2名ずつ計4名が決勝ステージに進出!座王を狙う!

プレイヤーには、 “M-1グランプリ”、”キングオブコント”、“R-1グランプリ”、“THE W”のお笑い四大コンテストの王者やファイナリストが勢揃い!Aグループは、通算26340敗優勝58回を誇る座王の鬼笑い飯 西田をはじめ、M-1王者の錦鯉長谷川、霜降り明星粗品せいや)、新春SPで松本人志審査委員長の前で大暴れしたアルコ&ピース 平子、IPPON女子グランプリで優勝したハリセンボン はるか、通算11658敗歴代3位の優勝14回を誇るKOC2022ファイナリストのロングコートダディ 堂前、2年ぶりの出場すゑひろがりず(南條、三島)、昨年のM-1準優勝オズワルド伊藤、レギュラー回で大暴れ怪奇!YesどんぐりRPG(Yes!アキト、どんぐりたけし、サツマカワRPG)、座王に2回輝くラランド サーヤ

Bグループは、レギュラー放送回で旋風を巻き起こしているぱーてぃーちゃん(金子きょんちぃ、すがちゃん最高No.1信子)R-1王者で審査員も務めるハリウッドザコシショウM-1準優勝のおいでやす小田M-1ファイナリストのモグライダー 芝、今年ブレイクを果たしたチャンス大城THE W女王の3時のヒロイン 福田、KOCファイナリストのザ・マミィ林田、通算4129敗優勝9回のセルライトスパ大須賀、M-1グランプリファイナリスト真空ジェシカ ガク、座王では「工場長」の愛称でお馴染みのモンスターエンジン西森、座王で優勝2回準優勝2回のタイムマシーン3号 関、そして通算11441敗歴代2位の優勝15回を誇るR藤本。果たして「座王」に輝くのは誰なのか?

 

番組冒頭でMCの千原ジュニアから「みなさん!東京のお兄ちゃんが来てくれましたよ!」と紹介された、さまぁ~ず 大竹一樹。「素敵な大会やってんだなってね!最高ですね!松本(人志)さんとか今田(耕司)さんとか(審査委員長を)やってますから荷が重いんですけど、このメンバーだったら別に大丈夫ですね。人生かかってる感じもないし。なのに、(みんな)バカみたいに緊張していますよね?」とスタジオに漂う緊張感に戸惑いつつ、審査委員長への意気込みを語った。

収録を終えたジュニアに審査委員長・大竹の感想を聞くと大竹さんと二人で、差しで、2ショットで、というのは初めてだったので大竹さんの独特の空気も味わいながら非常に楽しい収録をさせていただきました」と興奮冷めやらぬ様子。また番組のみどころを聞くと「キャスティングも良すぎて箸休めが全くないところですね。結果が見える戦いが一切なかったです。予想が全くできなかったです。今日はこれちょっとマジでオモろ過ぎましたね。こんだけ長い間収録してて、誰一人滑ってないってちょっと俺の記憶にもない感じやね。素晴らしいと思います!」と番組収録を振り返りアピールした。

一方、『座王』で初の審査委員長を終えた大竹に過去審査員を務めた『キングオブコント』や『M-1』との審査の違いを聞くと、「難しかったですね。すごく難しかったな~。別に切り捨てればいいんだろうけど、一発(の判定)でもう出番ねぇのかとか。やっぱりこの…温情というか。もう一個別のやつ見たいなって。ドローも出させてもらったんだけど、追い込まれて何か出るのかな、とか。(ドロー後の再勝負で)ズバッと決まるときがあるから、そういうのも見てみたいなと」と座王独特のドロー判定の難しさを吐露。「腕利きの連中ばっかりなんで、一回(の判定)で帰しちゃうのは残酷であり…例えば苦手なお題に当たっちゃった人とかね。でも、そのゲーム性が面白くてね。もしかしたらこれ…吹雪(苦手なお題)がずっと続いちゃって決勝までいく回もあったりするのかなって。力を出せないまま全員が負けていくみたいな。そういう危うさもあるのかなって、やりながら思った。いやちょっと、当たりの回(みんなが得意なお題)でもう一周やろうよ!みたいな(笑)。そういうもったいなさというかね。それが良さでもあり、逆に苦手な(お題がある)ところに面白さがあるのかな、とかね。普段モノマネやらない人がモノマネをやる、みたいな」と座王の醍醐味を実感し楽しんだ様子の大竹。また、座王での初審査委員長をするに当たって準備をしたのかを聞くと「審査員をやらせてもらうときは、事前に情報を入れない。見ないというか、知らないようにしちゃうんですよね。「あの時と同じネタだけど前の方が面白かったじゃん」とか分けわからない比較になるのが嫌で。新鮮に初めて見るようにしているんです。だから今回も会ったことないとか知らないメンバーもいたんですけど、思わず笑ったかどうかで基本的には審査をやっています」と語った。最後に、視聴者に向けてみどころを聞くと「どこから見ても面白いんじゃないですかね。(番組の)過去を知らなくても面白いと思います。僕もレギュラーの回を全部見ているわけじゃないから、それでもやっぱり全然面白いんで」と語った。

MCの千原ジュニア、審査委員長のさまぁ~ず 大竹も絶賛する、四度目の全国ネット放送『笑いの総合格闘技!千原ジュニアの座王2時間SP』ぜひお楽しみに!


【番組タイトル】『笑いの総合格闘技!千原ジュニアの座王2時間SP

【放送日時】20221018日(火)よる9:001048*全国ネット

MC】千原ジュニア

【アシスタント】竹上萌奈 (カンテレアナウンサー)

【審査委員長】さまぁ〜ず 大竹一樹

【プレイヤー】28名

Aグループ》

笑い飯 西田、錦鯉 長谷川、アルコ&ピース 平子、ハリセンボン はるか、すゑひろがりず 南條、すゑひろがりず 三島、ロングコートダディ 堂前、霜降り明星 せいや、霜降り明星 粗品、オズワルド 伊藤、サツマカワRPG、どんぐりたけし、Yes!アキト、ラランド サーヤ

Bグループ》

チャンス大城、ハリウッドザコシショウ、タイムマシーン3号関、モンスターエンジン 西森、おいでやす小田、モグライダー 芝、R藤本、セルライトスパ 大須賀、3時のヒロイン 福田、真空ジェシカ ガク、ザ・マミィ 林田、ぱーてぃーちゃん 金子きょんちぃ、ぱーてぃーちゃん すがちゃん最高No.1、ぱーてぃーちゃん 信子

PICK UP