これがあるある探検隊の力か…ほんこんのマジ説教を無効化する男・レギュラー松本『恐怖の節約・錬金術』

公開: 更新: カンテレTIMES
これがあるある探検隊の力か…ほんこんのマジ説教を無効化する男・レギュラー松本『恐怖の節約・錬金術』

 918日放送のカンテレ『マルコポロリ!』に、あるある探検隊で日本全国を席巻してから早18年、今は劇場を中心に活動中のお笑いコンビ・レギュラーが出演。松本さんの“超ドケチ節約術”にスタジオが騒然とする一幕がありました。

 今回の番組は「這い上がれ!おじさん芸人SP」と題し、レギュラーの2人のほか、『THE MANZAI 2012』で日本一の栄光を手にしながらも、テレビで見かける機会がめっきり減ったコンビ・ハマカーンが登場。再ブレイクを目指してもがき苦しむ日々や、相方への不満などについて洗いざらいぶちまけました。

 その中で、「釣った魚を食料源にしている」というドケチぶりが明かされた松本さんについて、相方・西川さんが「釣り方もセコくて。松本くんが行ってるのは朝まずめ・夕まずめって言われてる、明らかにそこに魚がいる時間帯で。魚が来るの分かってるからピンポイントでエサ垂らして、待つだけなんですよ」と語り、釣りを楽しんでいるのではなく、単に食材を調達しているだけだと紹介しました。

 それを受けて松本さんが、「アジとかを狙うんですけど、大群ですごい数が来るんですよ。だから40匹とか50匹とか釣れるんです」と話すと、MC東野幸治さんはその規模に驚き、「キャッチ&リリースじゃないんですか?」。

「キャッチ&イートです。アジの場合は色々料理ができるじゃないですか、なめろうとか開きにしたりとか。逃がすっていうのは無いです(笑)」と答えた松本さんに対し、東野さんは「天敵やね、アジの天敵(笑)」と大笑いしていました。

 一方で、この松本さんの行いに真っ向から異を唱えたのがほんこんさん。「お前、獲るのはええけど、限度があるやん。限度を超えてるからお前キライやわ」と憮然とした表情で語ると、その迫力にやや焦った様子で「いや、ちょっと待ってください。でも法律には触れてないんです!」と松本さん。

 しかし、これが火に油を注ぐ形となり、「法律とか、そうやって言うヤツ一番キライや!法律に触れてなかったら何でもやってええっちゅうもんちゃうぞ!」と、より一層激しく雷を落とされたのでした。

 さらに、ほんこんさんが色をなして激怒したのが、松本さんによる“恐怖の錬金術”。

 レギュラーの2人が地方へ営業に行った際、地元で人気だという焼菓子をもらった松本さん。西川さんと交渉して一部をもらったうえ、近所にある行きつけの焼肉店に行って「お土産です」と渡し、お肉のサービスを受けていたと明かされると、ほんこんさんの鋭い目がギラリ…。

「本来は焼菓子もらったんなら、それは君が食べなアカンやん。そっから間違うてるの分からへんか!?」。過去、同番組で数多の芸人達を震え上がらせてきたほんこんさんの“マジ説教”でしたが、最後までしっかりと聞いた松本さんは完全に素の表情で一言、「…ちょっと分からないですね(笑)」。

 普段と違い、自らの言葉があまりにも響いていない様子に、ほんこんさんは激怒の表情から一変し大爆笑。やり取りを見守っていた東野さんも「それは、ほんこんさんが悪い(笑)。ほんこんさんの伝え方が、もう分かれへんということ」と、ゲラゲラ笑いながらジャッジ。

「それは、みんなの考え方がそれぞれあるんで」と、自ら高め上げた節約・錬金術に対する信念に、一片の揺るぎもない松本さんだったのでした。


(関西テレビ918日(日)1359分から放送『マルコポロリ!』より)

PICK UP