篠原涼子5年ぶりのフジ系連ドラ出演が決定!木曜劇場『silent』

公開: 更新: カンテレTIMES
篠原涼子5年ぶりのフジ系連ドラ出演が決定!木曜劇場『silent』

フジテレビ系では202210月スタートの木曜劇場<毎週(木)・午後10時~1054分>にて、川口春奈が主演を務める木曜劇場『silent』を放送する。オリジナル作品となる本作は、川口演じる主人公の青羽紬(あおば・つむぎ)がかつて本気で愛した恋人である目黒蓮Snow Man)演じる佐倉想(さくら・そう)と、音のない世界で出会い直すという、切なくも温かいラブストーリーを描いていく。このたび、想の母親・佐倉律子(さくら・りつこ)を篠原涼子が演じることが決定。篠原にとっては5年ぶりのフジテレビ系連続ドラマへの出演となる。

5年ぶりのフジ系連ドラ出演!これまでさまざまな役を演じてきた篠原が演じるのは、難病を患った息子を思う母親役。

木曜劇場『silent』で篠原が演じるのは、徐々に聴力を失っていくという難病を患う想の母親・佐倉律子役。夫と共に愛情深く、想を含む3人の子供たちの成長を見守り続けている律子は、どんなときでも自分のことより家族を大切に思い生きてきた女性。そんな律子にとって、いつも穏やかで周囲の人間への気配りを忘れない想は自慢の息子である一方、自由奔放でいつも気兼ねなく話をできる娘2人に比べ、優しさからあまり本音を明かしてくれないことに対して少し寂しく思う時も。ある日、息子が耳に異変を感じ始めたことに誰よりも早く気付いた律子は、すぐに想を病院に連れて行く。そこで医師から告げられた現実に律子は取り乱してしまう。遺伝性の可能性もあるとの言葉に責任を感じ、自己嫌悪に陥ってしまう律子だったが、想のためにと自分なりに病気と向き合う覚悟を決めて…。

篠原は1990年に東京パフォーマンスドールのメンバーとしてデビュー。1994年には『恋しさとせつなさと 心強さと』を発売し、女性ソロ歌手として史上初のダブルミリオンを達成、『第45回紅白歌合戦』にも出場した。そして女優としては『光とともに~自閉症児を抱えて~』(2004年4月期/日本テレビ系)で連続ドラマ初主演を飾ると、『anego [アネゴ]』(2005年4月期/日本テレビ系)や『ハケンの品格』(2007年4月期/日本テレビ系)で、大人の女性という役どころを見事に演じ、世の女性たちから多くの支持を集めた。ほかにも、2006年に連続ドラマとして放送され、その後、続編となるスペシャルドラマや、劇場版として3作品も製作された人気シリーズ『アンフェア』(カンテレ・フジテレビ系)で主人公・雪平夏見を演じたほか、数多くのヒット作品で主演を務めてきた。その後、『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(201710月期/フジテレビ系)で月9初主演を飾ると、翌2018年には映画『人魚の眠る家』や映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』といった話題の映画作品に立て続けに出演し、「第43回報知映画賞」で自身初となる主演女優賞を受賞。同年の「第42回日本アカデミー賞」でも優秀主演女優賞と優秀助演女優賞をダブル受賞するなど、改めてその演技力の高さを示している。また、2020年には自身初となる連続テレビ小説『おちょやん』(NHK総合)へ出演。さらに今年2月にはNetflixドラマ『金魚妻』で、主人公の金魚妻という役どころを、体を張った演技で見事に演じきったほか、主題歌も担当し、実に19年ぶりとなる歌声を披露するなど、マルチな活躍が記憶に新しい。そんな篠原の木曜劇場出演は『オトナ女子』(201510月期/フジテレビ系)以来7年ぶり。

これまでも母親役をはじめ、さまざまな役柄のキャラクターを演じてきた篠原だが、今回は自身初めてとなる手話での演技に挑戦する。演じる篠原も「律子という役は難しさの中にやりがいのある役。心情の部分を表現することが多い作品だと思いますので、セリフの奥にある思いを表現できたら」と語るなど、母として、一人の人間として、徐々に耳が聞こえにくくなっていく息子と“一緒に生きていく道”を見いだそうとする女性の姿を篠原がどう演じるのかご注目いただきたい。

音のない世界でもう一度“出会い直す”ことになった二人と、それを取り巻く律子をはじめとした家族や友人たちとの間で生まれる、切なくも温かい物語をこの冬、お届けする。

【コメント】

◆篠原涼子

「お声をかけて頂いた律子という役は難しさの中にやりがいのある役だなと思い参加させて頂こうと思いました。心情の部分を表現することが多い作品だと思いますので、セリフの奥にある思いを表現できたらと思います。また、脚本家の生方さんは新人脚本家とは思えないぐらいの筆力で書いてくださっているので、オリジナル作品ということもあり私自身もこのドラマがどういう結末になるのか楽しみにしております。そして今回、川口さん、目黒さんとはじめてご一緒させて頂きますので、今から撮影が楽しみです!どこか懐かしく、そして新しい不思議な感覚にさせてくれるドラマだと思っております。世代を超えて伝わる作品だと思いますので、是非ご覧ください」

◆プロデュース 村瀬健(フジテレビ ドラマ・映画制作部)

「ある日突然、最愛の息子が聴力を失ってしまうかもしれないという事実を突きつけられたとき、母は何を感じ、何を思うのだろう…?“かつて本気で愛した人と再会したら、その人は聴力を失い音のない世界を生きていた”というこのドラマの企画を考えたとき、主人公の紬と元恋人・想のキャラクターと同時に頭の中に浮かんできたのが、この問いでした。同時に、その瞬間イメージしたのが篠原涼子さんでした。篠原さんとは、『月の恋人~Moon Lovers~』(2010年5月~7月/フジテレビ系)でご一緒して、とんでもなく繊細なお芝居をする方だと感じました。例えば、“笑う”という芝居があったとします。その笑顔の向こう側に秘められたもの、その笑みの奥にあるもの、その笑顔に至るまでに経てきた道のり…みたいなものが篠原さんの“笑顔”からは感じられるのです。“最愛の息子が聴力を失ってしまった…その現実を受け入れるしかない…もちろん息子への愛は変わらない…だったら私は笑顔でいなければ…”という思いを抱くのではないか、というのが僕の中での先の問いに対する“仮定”でした。篠原さんなら、そういう気持ちを繊細な演技で見事に演じて下さるのではないか、と思いオファーをしたところ、快諾を頂き、ご出演を頂けることになりました。そして、ご自身も母である篠原さんにお会いし、お話しをさせて頂く中で、僕の“仮定”は良い意味で変わっていきました。そうしてたどり着いたもの。僕たちなりの答え。それを篠原さんが演じてくださることを、僕自身、誰よりも楽しみにしています。このドラマにおいて、川口春奈さん演じる紬と目黒蓮さん演じる想の“ラブストーリー”が縦軸だとすると、想とその母である律子との“母と子の物語”が横軸だと思っています。目黒さんとの芝居はもちろんのこと、やがて訪れるであろう川口さんと篠原さんとのシーンも、僕自身、今から楽しみで仕方ありません。この特別な三人だからこそ生み出せる空気、そして、それによって生まれるであろうドラマに、ご期待頂ければと思います」

【番組概要】

<タイトル>

木曜劇場 『silent

<放送日時>

10月スタート 毎週(木) 午後10時~1054

<出演>

川口春奈、目黒 蓮(Snow Man)、篠原涼子 他

<スタッフ>

≪脚本≫

生方美久(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

≪音楽≫

得田真裕(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、『監察医朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)

≪プロデュース≫

村瀬 健(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『信長協奏曲』、映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

≪演出≫

風間太樹(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ友達以上、不倫未満』、『脚本芸人』、映画『チア男子‼︎』 『チェリまほ THE MOVIE 30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~』他)

髙野 舞(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)

≪制作・著作≫

フジテレビ

<オフィシャルサイト>https://www.fujitv.co.jp/silent/

<公式Twitterhttps://twitter.com/silent_fujitv

<公式Instagramhttps://www.instagram.com/silent_fujitv/

PICK UP