『春になったら』第3話に濱田岳「ピン芸人カズマルくん、一世一代の大勝負の回です」

公開: 更新: フジテレビュー!!
『春になったら』第3話に濱田岳「ピン芸人カズマルくん、一世一代の大勝負の回です」

『春になったら』第3話より、濱田岳さんよりコメントが到着しました。

奈緒さんと木梨憲武さんがW主演を務める、月10ドラマ『春になったら』(1月29日/カンテレ・フジテレビ系)が放送されます。

このドラマは、“3ヵ月後に結婚する娘”と“3ヵ月後にこの世を去る父”が、「結婚までにやりたいことリスト」と「死ぬまでにやりたいことリスト」を実現していく3ヵ月間を描いた、笑って泣けるハートフル・ホームドラマ。

第3話では、お笑い賞レース「D1グランプリ」に出場することを宣言する一馬(濱田岳)に対して、瞳(奈緒)は、1000組中8組しか進めない決勝に残り、さらに優勝して雅彦に結婚を認めてもらおうと言い出します。

驚きながらも、並々ならぬ心意気でレースに望む一馬を、瞳は誰よりも強く信じ、一馬の息子・龍之介(石塚陸翔)とともに応援します。

『春になったら』のシーン
『春になったら』のシーン

『春になったら』第3話は、1月29日(月)22時より、カンテレ・フジテレビ系で放送されます。

<濱田岳 コメント>

『春になったら』のシーン

第3話は、孤高のピン芸人・カズマルくん一世一代の大勝負の回です。

彼自身も経験したことのない大きなステージでの本当に大切な勝負になるので、カズマルくんは、はたしてどんなパフォーマンスを披露できるのか、楽しみにしていただけたら幸いです。

人生をかけた大勝負の独特な緊張感というのも絶対にあると思うので、それが視聴者のみなさんに少しでも伝わればうれしいですし、そんなカズマルくんを見て笑っていただけたら、カズマルくんも幸せなんじゃないかなと思います。

遊園地に遊びに行くシーンも、一馬はお父さん(雅彦/木梨憲武)に思いきったことを言う、本気具合がすごく伝わる大事な場面になります。一馬の本気具合を見ていただき、一馬と椎名家は今後どのように関わり合っていくのか、物語の分岐点ともいえる大事な第3話になると思うので、ぜひ見ていただけたらうれしいです。

『春になったら』のシーン
『春になったら』のシーン

公式HP:https://www.ktv.jp/haruninattara/

公式X(旧Twitter):https://twitter.com/haru_ktv

公式Instagram: https://www.instagram.com/haru_ktv/

PICK UP