瀬戸康史の楽屋前ショットにSNS「かっこいい!」「楽しみ!」『院内警察』

公開: 更新: フジテレビュー!!
瀬戸康史の楽屋前ショットにSNS「かっこいい!」「楽しみ!」『院内警察』

ドラマ『院内警察』に出演している、瀬戸康史さんのオフショットが公開されました。

本作は、「ヤングチャンピオン」(秋田書店)で連載中の「院内警察 アスクレピオスの蛇」(原作:酒井義さん/漫画:林いちさん)が原作。「院内交番」を舞台に、元警視庁捜査一課刑事・武良井治(桐谷健太)と、天才外科医・榊原俊介(瀬戸)がぶつかり合う医療エンターテインメントです。

<ドラマ『院内警察』の関連記事>

番組公式X(旧Twitter)では、瀬戸さんの楽屋前での写真が紹介されています。

『ネタパレ』(フジテレビ)に出演する瀬戸さん。楽屋前で、カメラをキリッと見つめ、ポーズを決めています。

この1枚に、ネット上では「お知らせありがとうございます! 瀬戸くんが面白いと絶賛した芸人さんって誰だろうな〜?楽しみです」「お笑い大好きな瀬戸くん♡笑いが止まらなそうですね笑 楽しみにしてます!」「この瀬戸くんもかっこいいですよね!明日の夜は榊原先生に瀬戸くんと夜が楽しみで仕方ないです」と、放送を心待ちにする声が寄せられました。

<『院内警察』第2話あらすじ>

第2話は、1月19日(金)21時〜放送。

武良井治(桐谷健太)は川本響子(長濱ねる)と院内をパトロール中、ある病室の入り口に盛り塩があることに気づく。昨夜、入院患者の清宮松雄(でんでん)がトイレに行くと、女性の幽霊に遭遇したのだという。何とかしてほしいと頼まれ、困惑する武良井たち。

同じころ、外科医の上條萌子(玄理)は、外科部長の倉田雄二(神尾佑)に食ってかかっていた。萌子は、ごく希な症例の患者の手術を担当することになっていたが、前日になって執刀医を降ろされ、天才外科医・榊原俊介(瀬戸康史)が執刀することになったのだ。

そんな折、阿栖暮総合病院に、国会議員の岩井幸吉(ベンガル)が体調不良のため入院する。岩井は、暴言で批判を浴びて炎上中であることから、追求を逃れるための入院らしい。倉田は、岩井の警護を武良井に命じると、主治医には萌子を指名し…。

PICK UP