小芝風花&亀梨和也が電波ジャック!姫と殿に「朝から癒された」の声『大奥』

公開: 更新: フジテレビュー!!
小芝風花&亀梨和也が電波ジャック!姫と殿に「朝から癒された」の声『大奥』

ドラマ『大奥』に出演する、小芝風花さん、亀梨和也さんのオフショットが公開されました。

本作は、徳川家治(とくがわ・いえはる/亀梨)との政略結婚を強いられた主人公・五十宮倫子(いそのみや・ともこ/小芝)が、思惑、嫉妬、憎悪、悲哀が渦巻く“女の社会の縮図=大奥”で懸命に生きていく、儚(はかな)いラブストーリーです。

<ドラマ『大奥』の関連記事>

第1話の放送を前に、小芝さんと亀梨さんが『めざましテレビ』『めざまし8』『ノンストップ!』『ぽかぽか』に生出演し、ドラマをPRしました。

番組公式X(旧Twitter)では、生出演後のオフショットが紹介されています。

まず『めざましテレビ』に出演した2人。めざましくんのぬいぐるみを手にしたオフショットが公開されると「かわいいお2人」「朝から癒された~」「姫と殿!電波ジャック頑張って」「お2人の笑顔に元気もらった!」とのコメントが。

続く『めざまし8』出演後の投稿には、「上様(亀梨)のお茶目顔!」「亀ちゃんのお口が…笑」と、口をすぼめる亀梨さんにキュンとするファンが多く見られました。

<『大奥』第1話予告>

第1話は、1月18日(木)22時〜放送。

公家の姫である五十宮倫子(小芝風花)は、徳川家治(亀梨和也)との婚儀を控え、付き人のお品(西野七瀬)と支度に追われていた。倫子は幼い頃に一度だけ会ったことのある家治が「蛇のように冷たい目をしていた」とお品に話し、婚儀に気乗りしない。

準備が整うと、大奥総取締役・松島の局(栗山千明)に導かれ、倫子たちは婚儀の間へ。居並ぶ重鎮の幕臣や奥女中たちが一斉に自分に平伏する様に驚く倫子。そこへ家治が威風を帯び、現れる。だが、家治の目がやはり冷酷に見える倫子は目を合わすことができない。

その頃、家治の父で第9代将軍・徳川家重(高橋克典)は、家治の婚儀に顔を出すこともなく、女中を侍らせて酒を飲んでいた。挙げ句の果てには寝だした家重を見て、側用人・田沼意次(安田顕)は「悪人には、いずれ天罰が下る」と口にする。

一方、家治と倫子の婚儀には田安宗武(陣内孝則)と松平定信(宮舘涼太)が顔を出す。定信は倫子に、これから暮らす大奥は、その地位を妬み追い落とそうとする者もいると忠告し…。

PICK UP