小芝風花『大奥』で共演の亀梨和也は「寒さにプルプルと震えていて可愛い」

公開: 更新: フジテレビュー!!
小芝風花『大奥』で共演の亀梨和也は「寒さにプルプルと震えていて可愛い」

小芝風花さん、亀梨和也さんが、撮影で見つけたお互いの意外な一面を明かしました。

1月18日22時よりスタートする木曜劇場『大奥』は、徳川家治(とくがわ・いえはる/亀梨)との政略結婚を強いられた主人公・五十宮倫子(いそのみや・ともこ/小芝)が、思惑、嫉妬、憎悪、悲哀が渦巻く“女の社会の縮図=大奥”で懸命に生きていく、儚(はかな)いラブストーリーです。

初回放送を直前に控えた小芝風花さんと、亀梨和也さんが取材会に出席しました。

“将軍”亀梨和也はハーレム状態?「いや…圧が(笑)」

──初回放送を控えた今の心境を聞かせてください。

小芝:すごく人気な作品で、楽しみに待ってくださっていた方もいれば、『大奥』を初めて見る方もいらっしゃると思いますし、どんな反応が返ってくるのか、ドキドキしています。

亀梨:約20年ぶりにフジテレビの『大奥』が復活するということで、お声がけいただいて、身が引き締まる思いです。僕自身、時代劇が初めてなので、足を引っ張らないようにと思いながら撮影をしていますが、「このエネルギーのなかで突き進んでいけば、いいものになるだろう」と思える現場で。そこに向き合える体と気持ちをしっかりと持って、京都に通っているところです。

──着物に袖を通した感想を聞かせてください。

小芝:私は今までにも時代劇をやらせていただいたことはあったのですが、打掛を着る機会がなかったので、こんなに重いんだと驚きました。でも、刺繍が施されていて豪華で、着ているととてもテンションが上がります。

亀梨:僕も豪華なお召し物を着させていただいているので、それだけで気分が上がります。でも、当時の人は毎日着ていると思うと…着るだけで10分近くかかりますから、本当に大変。

ただ、初めての時代劇で、将軍役で、なかなか経験できないことを経験させていただいているなと感じています。特に僕がいるシーンは、男1人みたいなことも多くて…。

小芝:ハーレム状態ですよね(笑)?

亀梨:いや…(笑)。本当に圧がすごいんですよ!女性の世界ですから。

小芝:バチバチしてますからね(笑)。

──以前、小芝さんは撮影の合間にゲームをして過ごすと話していましたが、実際はどのように過ごしていますか?

小芝:ゲームは離れてしまっていて…撮影が終ったら旅行に行きたいと思っているので、今は旅行先のことを調べています。

亀梨:ずっと見てるよね(笑)。

小芝:ご飯屋さんや行きたい洋服屋さんを調べて、印をつける作業をずっとやっています(笑)。あと、日本全国に行きたいという思いがあったので、最近、真っ白の日本地図を買いました!

亀梨:これからスタートするの?

小芝:そうです。お仕事での訪問はカウントしないつもりで、ちゃんとノルマも設定しました!

亀梨:プライベートなのにノルマがあるの(笑)?

小芝:郷土料理を食べる、地酒を飲む、御朱印を集める、写真をいっぱいとってちゃんと現像をする。

亀梨:写真はフィルムカメラで撮るんだ?

小芝:はい。それを全部クリアしたら地図に色を塗れるっていう。それで全国の思い出を作りたいなと思っているんです

亀梨:何年くらいで全国達成しようとしているの?

小芝:うーん…でも、今年5都道府県は行こうと思っていて。2日休みがあったら飛行機乗ろうと思っている所存です(笑)。

亀梨:良き、良き。

──亀梨さんは以前のインタビューで、京都での撮影に向けた準備のために、共演の宮舘(涼太)さんと買い物に行くと言っていましたが、その後行きましたか?

亀梨:一緒に行こうと思ってたんですけど、撮影に入るタイミングがバラバラだったこともあり、個人プレーでした(笑)。

京都に行ったら予想以上の寒さだったので、着こんでいいシーンのときに着るものを現地で買うこともありましたね。

小芝:すごく分厚いズボン履いてましたよね(笑)。

亀梨:ダウンのパンツ!

小芝風花 京都で購入した生地で台本カバーを製作!

──京都での撮影はいかがですか?

小芝:ワンシーンしかなくても豪華なセットを立ててくださって、お寺をお借りして撮影をすることもあり、景色のステキさとお着物の豪華さがワクワクしますね。すごく贅沢な時間を過ごさせていただいているなと感じています。

亀梨:撮影環境は恵まれていますね。ただ、寒いですけど(笑)。

──時代劇ならではの所作なども大変かと思いますが、そのあたりはいかがですか?

亀梨:女性陣はお召し物が非常に重いと思うので、大変だと思います。ただ、我々が大変だと思うところは、贅沢だなと感じるというか…現代劇よりも圧倒的に労力がかかっていますし、そういう現場に参加できることがすごく幸せだなと思っています。

──ほかの共演者の皆さんとの撮影現場でのエピソードを聞かせてください。

小芝:時代劇特有なのか、距離感がすごくあるんですよね。

亀梨:そうだね。

小芝:お着物(のボリューム)とか身分の差もあり、離れていることが多くて。ただ、お品を演じている西野七瀬さんはお付きの方なので、一緒のシーンが多いですし、同じ大阪出身なので、合間に関西弁で話しています(笑)。

亀梨:すごく微笑ましいんですよ。「○○やんな?」「そやな?」って(笑)。

小芝:すごく居心地がいいです。

──京都で撮影の合間に息抜きなどはできましたか?

小芝:京都でオフをいただけた日があって、寺町に買い物に行きました。

亀梨:生地見たの?

小芝:生地見ました!撮影で、返し入れを並べるシーンがあって、その生地がめちゃくちゃステキだったので「どこに売ってるんですか?」と聞いたんです。それで生地をいくつか買って、台本カバーを作りました!

亀梨:いいね。って、もう作ったの!?すごい。

小芝:作りました!ミシンの一番遅いやつにして、ゆっくり縫って(笑)。

亀梨:今度見せてください。

小芝:雑なんですけど、ぜひ見てください!

亀梨:僕は、餃子屋さんに行きました。パッと見つけて入ったのですが、めちゃくちゃ美味しかったです!そのあと撮影はありましたけど、皆さんとはちょっと遠い距離感で見つめ合うというシーンだったので、「行っちゃおう」と思って(笑)。

小芝:ニンニクもいける、と(笑)。

亀梨:そうそう。合間にYouTubeも撮たので、良かったら見てください(笑)。

──撮影のなかで見つけた、お互いの意外な一面はありますか?

小芝:お仕事をしているときはすごく大人で、キリッとクールなんですけど…先輩に対して失礼かもしれませんが、可愛らしいというか(笑)。

亀梨:え(笑)。

小芝:面白かったり、お茶目だったりという部分があります。京都はすごく寒いのですが、亀梨さんは現場でプルプル震えていて。聞いたら、カイロを1枚も貼っていなかったんです。「なんで貼らないんですか?」って聞いても「大丈夫」と強がっていらして…(笑)。

亀梨:強がり(笑)。あれは、寒くて震えてるというか、なんか震えちゃうんだよ。

小芝:それ、寒いんですよ(笑)。手がめっちゃ冷たかったですし!

亀梨:そっか(笑)。

小芝:手を握り締めてプルプルと震えるという、可愛らしい部分があります(笑)。

亀梨:小芝さんは本当にしっかりされていて、周りを華やかに彩ってくださる方だし、座長として1本筋を持って立ってくださっている方だなと思います。もしかしたら、何でも笑顔で「はい」って応えるのかなと思うこともあったのですが、「こう思います」と発言することもあって、ご自身の責任を全うされているな、と。

だから、僕はサポートしたいと思っていたのですが…そう思っている矢先に震えているなんて(笑)。気を使わせてしまって、申し訳ないです。

小芝:いえ、癒されていました(笑)。

亀梨:今回は癒し系の亀梨でいきます(笑)。

──小芝さんの中で、「こうありたい」という“座長像”はありますか?

小芝:私は「ついてこい」というタイプではないですし、ハードで大変な撮影でも皆さんは一つの作品を作る仲間なので、できればみんなで楽しくお仕事ができたらいいなと思っていて。ですから、コミュニケーションをとることだけは大事にしています。

あとは、亀梨さんや先輩方がいらっしゃるときはすぐに甘えます(笑)。

亀梨:そういう周りの方に向ける思いはこちらにも伝わっていて、「この人のために」と思えるんですよね。小芝さんは向かう先を統一させてくれる存在だな、と感じます。

小芝:カッコいい感じに言ってくださって、ありがとうございます(笑)。

亀梨:みんなこの笑顔に向かって、頑張ってます!

2人の第1話“推しシーン”は?

──演じるなかで感じた、現代劇と時代劇の違いや難しさはありますか?

小芝:所作とか佇まいが、まったく違うので…。でも、所作指導の先生がついてくださって、いろいろと細かく教えてくださるので、難しいなと思いながら頑張っています。

感情は現代劇とは変わらないので、そのギャップをいかにナチュラルに埋めていくかということも難しいですね。

亀梨:言葉遣いも難しいですよね。普段使わない言葉なので、セリフを覚えるときにも「ん?なんだっけ?」と引っ掛かるというか。「されぬやもしれぬ」とか言わないじゃないですか。

あと、個人的には「~だな」のような「な」で終わる言葉に手こずっていて…家で、「(イントネーションを変えながら)な?な?な?」とずっと練習しています。

──撮影をしていて感じる、今作ならではの魅力は?

小芝:今回は愛をテーマにしていて、もちろん女性同士の争いもありますが、それよりも男女の愛や子どもに対する愛、いろいろな愛の形が描かれています。

最初は「うわ、嫌な人」「いけず」と思っているキャラクターでも、回が進むにつれて「大奥という世界で、こういうことがあったから、こういう思いを持っているんだ」と浮き彫りになってきて。知れば知るほど、切なくなってくるんですよね。今回は、『大奥』史上一番切ない作品だと思います。

亀梨:今作は、倫子と家治の恋愛が一つ大きなポイント。あとこれまでの『大奥』では、殿様のバックボーンはあまり描かれなかったそうですが、今回は描かれますし、他のキャラクターに関しても抱えているものがいろいろと見えてくると思います。

起きていること、誰かの言葉や行動の本質って、その瞬間だけでは判断できないものなんだな、と演じながらすごく感じているんですよね。僕たちはどうしても大きな声やバンッと目に入った言葉の印象でいろいろなことを想像してしまっていて。しっかりと考えなければ本質は見えないと考えさせられる、それが今作の魅力だなと感じています。

──ネタバレをしない範囲で、1話の推しシーンを教えてください。

小芝:CMでも使われていますが、上様が手紙を破るシーンがあって、そのあとの上様と田沼意次の会話が好きです。

上様って何を考えているか分からないのですが、最初の「蛇のような目をする」という印象から、フワッと変わる瞬間かな、と。

亀梨:あのシーンは印象に残っていますね。1話を見て、現場での体感以上に倫子が逞しいなと感じていて。家治が彼女に対してどう心を開いていくのかというところの肝のシーンだな、と。手紙を破くシーンの手前からの件は、このドラマの大きな“意味”になると思っています。

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/ohoku2024/
公式X(旧Twitter):https://twitter.com/ohoku_fujitv
公式Instagram:https://www.instagram.com/ohoku_fujitv
公式TikTok:https://www.tiktok.com/@ohoku_fujitv

PICK UP