本仮屋ユイカ「愛だけをもって、たたずむような気持ちで」“魂の踊り子”57歳のストリッパーに寄り添う

公開: 更新: フジテレビュー!!
本仮屋ユイカ「愛だけをもって、たたずむような気持ちで」“魂の踊り子”57歳のストリッパーに寄り添う

本仮屋ユイカさんが、ナレーションにかける思いを明かしました。

本仮屋さんは『ザ・ノンフィクション「私が踊り続けるわけ3~57歳のストリッパー物語~ 後編」』(1月14日14時~/フジテレビ※関東ローカル)の“語り”を担当。

ストリッパーの星愛美(ほし・まなみ)さんは、57歳の今も現役で踊り続け、その姿は多くのファンに感動を与えています。

これまでにも多くの病を患い、満身創痍ともいえる状態のなか、愛美さんにがんが見つかりました。手術と療養のため、ステージを休演しますが、同僚やファンは復帰を信じ続けます。

愛美さん自身、誰よりも「踊りたい」と願うも、体はなかなか言うことを聞きません。焦りが募るなか揺れる気持ち…愛美さんは、カメラに正直に明かします。

2021年2月に放送された第1弾からナレーションを担当している本仮屋さん。収録後には、VTRを見た印象などを聞きました。

<『ザ・ノンフィクション』関連記事>

がんの手術を経て、再び、あのステージに帰れるか

日本最高齢のストリッパー星愛美さん(57)。エネルギッシュで、圧倒的な迫力に満ちた彼女のステージに、男性だけでなく、多くの女性ファンも涙を流します。

『ザ・ノンフィクション』で紹介されるストリッパーの愛美さん

年々、踊ることが体力的に厳しくなっている愛美さんを支えているのは、全国各地のステージに駆けつける「星組」と呼ばれるファンの存在。一時は引退も考えた愛美さんですが「待っていてくれる人がいる限りステージに立ち続けたい」と、57歳の誕生日イベントを機に新たなスタートを切りました。

ところが、2023年7月、肺に見つかったがんの摘出手術を受けるため、舞台を降板することに。手術は無事成功…誰もが、その復帰を待ち望んでいました。

しかし、手術から2ヵ月が経っても体を思うように動かせず、復帰のめどが立たない現実に、愛美さんは生きる気力を失いかけ、「みんなに心配を掛けたくない」と踊り子仲間とも距離を置きます。

『ザ・ノンフィクション』で紹介されるストリッパーの愛美さん

そんななか、連絡を取り合ったのは、肉親のようにかわいがってきた後輩ストリッパーのるりさん。るりさんの「愛美姉さんを待ってる」という一言に、愛美さんは、再びステージに復帰することを決意。

そして2023年11月。万全とは言えないまま迎えた復帰のステージ。全国から多くのファンが詰めかけるなか、愛美さんは、かつてのように踊ることができるのでしょうか。

本仮屋ユイカ インタビュー>

『ザ・ノンフィクション』のナレーションを担当する本仮屋ユイカ

インタビュー前編はこちら

――このシリーズはファンも多い作品ですが、番組を見て愛美さんの“弟子”となった女性も登場しました。

番組を見て、愛美さんやストリップのファンになったという女性が増えたとも聞きますし、(「星組」の中心的な人物で一昨年亡くなった)スーさんの妹さんも、『ザ・ノンフィクション』を見たことでストリップに対する印象が変わったとありました。

やっぱり、プロの人たちが作る映像の力は大きいものなんだと痛感しました。

よく聞いていただいたらわかるかもしれませんが、「この番組で」というナレーションの私の声に、少し“どや感”出ちゃっていると思います(笑)。

――本仮屋さん自身も、番組を通じてファンになり、実際に踊る愛美さんを見に行きましたね。

そうですね。その後は、まだ行けていないのですが。

ファンの方のなかには、愛美さんの体調をおもんばかって、「踊らなくていい。おしゃべりだけでもいいから」という方もいて、私自身、ファンとして同じ気持ちではありながらも、演者としての「それでも動きたい」という気持ちもわかりますので、ナレーションを読みながら葛藤もありました。

でも、だからこそ、ナレーションを担当できて幸せです。ナレーションの醍醐味は、登場人物の人生の岐路に一緒に立てるような気持ちになれることで、そこにその人の気持ちが出てくることもすごく好きです。

こんなに愛が交差する愛美さんのVTRに声を出せるのは、幸せなことです。

『ザ・ノンフィクション』のナレーションを担当する本仮屋ユイカ

――後編は、特にVTRの臨場感が増しますね。

そういう意味では、後半のナレーションは少ないんです。それは、愛美さんがご自身の行く先を宣言なさっていて、その姿に本当の意味で寄り添っているからだと思います。

人間としての真価が問われるような状況のなかで、愛美さんの美しさ、素晴らしさは、研ぎ澄まされて、神々しさを放っていらっしゃるので、私はとにかく邪魔をせず、愛だけをもって、たたずむような気持ちで読むことを心がけました。

――この作品は、2024年の最初に放送されるシリーズです。そこへの思いと、ご自身の抱負があれば教えてください。

コロナ禍が収まって、社会生活も復活しましたけど、経済的な問題などもあり、いろいろ大変ですよね。そんななかでも、一歩前に進んでみようか、ちょっと立ってみようかという気持ちにさせてもらえる力強い作品だと思いますし、繰り返しになりますが、そこに参加させていただけて、本当に光栄です。

私自身のことで言いますと、昨年末から「抵抗しない」ということをしています。今までは、何かつらいことが起こると、それに抗(あらが)ったり、拮抗したりすることで、エネルギーを生み出し、モチベーションに変えてきたところがあるんです。

でも、それをやめて起こったことに対して、思うことはあっても、抗うのではなく、自分を信じて「身を委ねよう」と決めたんです。そうすることで、心に余裕ができて、そのエネルギーをクリエイティビティに使うことができるんじゃないか、と。

2023年の末からそうできるように訓練をしてきたので、2024年は自然にできるようになるんじゃないか、と自分に期待しています。

愛美さんの大きな進化を見せていただいたので、私自身も器を大きくできるようにチャレンジしていければいいと思っています。

<ナレーションの一部を先取り公開>

<予告動画>

YouTube「FUJITV GLOBAL CHANNEL」で、『ザ・ノンフィクション』の予告動画を配信中!1月14 日(日)14時~「私が踊り続けるわけ3~57歳のストリッパー物語~ 後編」予告

PICK UP