“天才外科医”瀬戸康史の登場にファン「カッコよすぎ」「眼福!」『院内警察』

公開: 更新: フジテレビュー!!

ドラマ『院内警察』第1話が1月12日に放送され、瀬戸康史さん演じる榊原俊介の登場シーンに、多くの反響が寄せられました。(※ネタバレあり)

【写真14枚】ドラマ『院内警察』第1話を写真で振り返り!

<ドラマ『院内警察』の関連記事>

本作は、「ヤングチャンピオン」(秋田書店)で連載中の「院内警察 アスクレピオスの蛇」(原作:酒井義さん/漫画:林いちさん)が原作。「院内交番」を舞台に、元警視庁捜査一課刑事・武良井治(桐谷健太)と、天才外科医・榊原俊介(瀬戸)がぶつかり合う医療エンターテインメントです。

第1話では、さっそく事件が勃発。妻の診療に納得できない山際修平(渡辺光)が、医師たちへの不信感を募らせ、刃物を手に病院内部へ乗り込みました。職員を人質にとり、一触即発の雰囲気に。

武良井(桐谷)が場をおさめようとしたところ、瀬戸さん演じる榊原が颯爽と登場。

『院内警察』

クールな天才外科医を演じる瀬戸さんに、ネット上では「瀬戸康史登場の仕方カッコよすぎん?」「瀬戸康史の爆イケ医者役が見れるの眼福〜!」「やっと孤高の天才外科医キター(*≧▽≦)目線の映し方とかカッコイイな…」「医療の内容が気になるのにかっこよすぎて入ってこない!かっこよすぎる医者はダメだな」と、歓喜の声があふれました。

<最新放送回は、TVerFODで無料配信中!>

PICK UP