<試写室>『おっパン!』“おっさんがセーラー服”であることを“尊い”とすら思えてくる…涙する!そんなドラマ

公開: 更新: フジテレビュー!!
<試写室>『おっパン!』“おっさんがセーラー服”であることを“尊い”とすら思えてくる…涙する!そんなドラマ

<試写室>『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』第2話

いやぁ~、“アップデート”って、本当に、難しいですね?(突然)

いや初回の途中までを見た僕は、このドラマの大テーマである、“古い価値観をアップデートせよ!”っていう部分に懐疑的だった…だって、なんだか上から目線な気がしたし、少なくとも“アップデート”って言い方はちょっと違うんじゃないかな?とすら思ってた…はずなのに、第1話の、あの結末!を見て、そして今回の第2話を見て、僕はすっかり、主人公・誠(原田泰造)=“おっさん”の、“アップデート”事情に、気が気じゃありませんよ!

だって、このドラマの描きたい“アップデート”ってのが、第1話で描かれた、“お茶は女の人が淹れた方がおいしいだろ?”とか平気で言えちゃう前時代的価値観の“おっさん”主人公が、引きこもりの息子・翔(城桧吏)を理解したいという思いから、息子の友だちであるゲイの青年・大地(中島颯太)と “友だちになる”…。それが、 “価値観アップデート”の第一歩になる!…だなんて、なんて素敵なストーリーライン!!だと思いませんでしたか?(誰に)

“アップデート”とはいっても、頭ごなしに、理解せよ!すべき!みたいに、押しつけて、無理やり理解させて、わかったようなテイにして、段取りのように消化する、そんな、表面だけを取り繕ったドラマ…悪く言ってしまえば“多様性啓蒙ドラマ”って感じにしないところが、このドラマの最大の良心であり、きっと誰にとっても、見届けたいなと思わせる所以(ゆえん)ですよね…。

「はいはい “おっさん”世代(僕を含む)が、現代に“適応”すればいいんでしょ!?」「なんか、偉そうにさ!」って、悪態ついてたはずなのに、まさかまさか、誰かと“友だちになる”、それだけのことが、“アップデート”につながるだなんて、こんな、ドラマの世界、なんて素敵なの!?じゃない??ねぇ???(ホントに誰に!?)

ってもう、つまり僕は、第1話の終盤、混乱している誠を“趣味は家族”という言葉で大地が救い、そこから、大地と友だちになるっていう、あの美しすぎる展開に、心奪われまくってしまったのです…。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

“セーラー服のおっさん”(ピンクのヅラにヒゲ)の存在に、涙します!!

っと、そんなこんな、極上だった第1話からの第2話はというと…。長女・萌(大原梓)がこよなく愛するマンガ、BL、腐女子、二次創作、コスプレ、同人誌イベント…そんな諸々の“世界”を、誠は理解し、アップデートできるか!?というお話。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

…むむむ、第2話にして、急激にハードルが上がっている…上がり過ぎている…という気がしなくもなく、そんなあらすじに心配がなきにしもあらず…第1話があんな繊細な物語運びだったのに、第2話においてのその“世界”を、前回のようにしっかり昇華できるのだろうか…だったわけです…が…うん、もうおわかり。そんなの杞憂でした(当然!)。

もう、はっきり、端的に言っちゃいますが、この第2話に登場する…

“セーラー服のおっさん”(ピンクのヅラにヒゲ)の存在に、涙します!!

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

いや、本来、このドラマの性格からして、こうやって、一部分のキャッチーな場面・人物を取り上げて、茶化すかのような書き方はいけない…とは、思ってはいるんですが、ホントに、僕の中での事実、なので、あえて、言っちゃいますが、マジで、終盤、誠が、セーラー服のおっさんに思いを馳せる(“馳せる”の言い方がちょっとあれだけど)場面に、涙します!そのくらい、第1話同様、繊細で、丁寧で、美しい物語運び!!

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

うん、そして、それは、そう!!!(急に)、おっさんが“セーラー服”だっていいじゃないか!=おっさんのパンツがなんだって…、

いいじゃないかーーーーーーーーーー!!!!!

っという、こと!!なんです!!!!(どういうことだよ!)

“おっさんがセーラー服”であることに対して、理解をするっていうのは、すごく難易度が高い、かなりの咀嚼(そしゃく)をしないといけない…けれど、だけど、そこ(=おっさんがセーラー服を着る)への思い…“熱意”や“情熱”は、少なくとも理解できるはず。で、それを慮(おもんぱか)れるベースとして、自分の理解できる世界線とつながれば、より理解への道が開けるはず。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

で、それが今回の場合、誠にとっての“仕事”で、それが萌や、セーラー服のおっさんとの世界線を近づける役目を果たすのです。そして、そのことで、ラスト、“おっさんがセーラー服”であることを、“尊い”とすら思えてくる…涙する!そんな、ドラマに、仕上がって、いるのです!!うん!そんな、ドラマに、仕上がって、いるのです!!!!

…え!?どんなドラマだよ!?って、うん、ホントに、それは、見て???(さじ投げた!)

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

このドラマを通して、原西くん(井上拓哉)のメンズブラ関連も、きっと…

いや、だけど、今回の本筋とは少し離れるけれど、誠の部下・原西くん(井上拓哉)のメンズブラ関連は、まだ、誠の中でも、いや、僕の中でも“アップデート”までの道のりが、果てしないなぁ…。

今回、改めて原西くんから“メンズブラ”事情が語られる…そしてそれは、そのきっかけを教えてくれる…メンズブラをなぜつけているのか?のエピソード、なんだけど、それがまた深いようで単純なようで、理解できるようで理解しがたくて…思考の迷路に入り込んでしまいましたよ…。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

いや、だけど、これって、このドラマって、理解せよ!すべき!ってドラマではないから、きっと、このドラマを通して、原西くんのメンズブラ関連も、きっと誠の中で、僕の中で、少しずつ理解していける…もしくは理解できなくとも、“知る”ことで、何かが変わる(その何かはよくわからないけれど)、それが、きっと“アップデート”って、こと、なんですよね?ねぇ?(ホントに誰に!?)

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

公式HP:https://www.tokai-tv.com/atarinokitchen/

公式X(旧Twitter):https://twitter.com/tokaitv_dodra

公式Instagram:https://twitter.com/tokaitv_dodra

公式TikTok:https://www.tiktok.com/@dodra_tokaitv

PICK UP