赤い傘をきっかけに心を通わせる雨(永野芽郁)と太陽(山田裕貴)<『君が心をくれたから』第1話完全版>

公開: 更新: フジテレビュー!!
赤い傘をきっかけに心を通わせる雨(永野芽郁)と太陽(山田裕貴)<『君が心をくれたから』第1話完全版>

『君が心をくれたから』第1話完全版

2013年長崎。高校1年生の逢原雨(永野芽郁)は、その珍しい名前から“ザー子”と呼ばれてからかわれ、自分に自信が持てない性格もあって他人とは関わらないようにして生きていた。

ある雨の日、傘がなく困っていた雨に、高校3年生の朝野太陽(山田裕貴)が女性用の赤い折りたたみ傘を差しだし、「もしよかったら、入らない?」と声をかけた。

たびたび自分を気にかける太陽のことを最初は疎ましく思っていた雨だったが、明るくて真っ直ぐな太陽と接するうちに次第に心をひかれていく。

実は雨は、母・霞美(真飛聖)から虐待された過去が。だが、雨にはお菓子作りの才能がある、と言ったのも霞美。雨は、母が変わってしまったのは自分のせいだと思い込んでいた。

一方、太陽も、幼い頃に母親を火事で亡くしていた。太陽は、母から「いつかたくさんの人を幸せにするような、そんな花火を作ってね」と言われたことがあり、それが母との唯一の思い出だった。

雨の祖母・雪乃(余貴美子)から「雨の心を変えてほしい」と頼まれた太陽は、校内放送で花火師になる決意を表明し、そのきっかけになったのが雨との出会いであることを訴える。そして、「雨はこの世界に必要だよ。だから自信持ってよ」と雨に呼びかけた。

この出来事がきっかけで心を通わせるようになった2人は、10年後の約束をした。10年後の大晦日、自分の作った花火を一緒に見に行こう、と告げる太陽。そんな太陽に、雨も、胸を張って逢えるように一人前のパティシエになると宣言した。

やがて雨はパティシエの夢を叶えるために東京へ上京。太陽は家業である花火師の修行を積む決意を固め、離ればなれになり…。

それから10年後の2023年、雨は長崎に帰省。雪乃に迎えられるが、東京の職場のことを話題に出されると、雨はそそくさと2階へと逃げてしまう。

憧れだった東京の有名店・パティスリー「レーヴ」で働いていた雨だが、何度も失敗を繰り返し、とうとうオーナーから「うちには必要ない」と言われていた。

太陽は、大晦日の花火大会を任せてもらえないことを不満に思い、父であり師匠でもある陽平(遠藤憲一)と衝突。実は太陽には視覚障害があり、赤い色を感じることができていなかった。

陽平は、花火師を辞めるという太陽に、自分の目を言い訳にしているようなヤツに人の心を動かす花火は作れない、と言い放つ。

お互いに過去と現在への葛藤を抱くなか、太陽は、かつて思いを語り合った眼鏡橋で、赤い折りたたみ傘を取り出す雨の姿を見かけた。路面電車に乗り込んだ雨を追いかけようとする太陽。だがそのとき、10年前の約束のことを思い出し、足が止まってしまった。

そんなある日、雨は、長崎市役所で働く望田司(白洲迅)から頼まれて、スイーツ教室の講師の代役を務めることに。だが授業の最中、修業時代に受けた叱責や、自分にナイフを向けた母のことがフラッシュバックした雨は、過呼吸に陥り気を失ってしまう。

保健室のベッドの上で目を覚ました雨は、付き添ってくれていた司に謝り、勤めていたスイーツ店は5年前にクビになったことを告白。あくる日、雨は、雪乃に夢を諦めたことを謝る手紙を残して、長崎を離れようとする。

連絡をもらい、慌ててやってきた太陽に、雨から頼まれたものだと言い、赤い折りたたみ傘を手渡す雪乃。司からの連絡で、雨が今夜の夜行バスに乗ることを知った雪乃は、「あの子の心、もう一度変えてあげて」と太陽に頼んだ。

雨が雪乃に残した手紙を読んだ太陽は、バス停に向かい、ギリギリのところで雨を呼び止める。

そこで太陽は、一度は花火師になることを諦めたが、雨を幸せにする花火を作りたいからもう諦めない、と伝える。続けて太陽は、雨も変われる、何度だってやり直せると告げ…。

雨は、太陽とともに雪乃のもとへ戻る。「負けるな、雨。自分に負けるな。大丈夫、あんたはわたしの孫なんだからさ」という雪乃の言葉に、雨の目から涙が溢れた。

太陽を見送りにいった雨は、何年かかっても一人前のパティシエになると約束。そして、太陽から借りた赤い傘を差して帰路についた。

その時、けたたましいブレーキ音が響く。嫌な予感がして走り出した雨は、事故に遭い、血を流して倒れている太陽を見つけた。

雨の中、太陽を抱きしめる雨。するとそこに、“あの世からの案内人”を名乗る男・日下(斎藤工)が現れ、こう告げる。「君が“心を差し出す”ならば、今から奇跡を起こしてあげよう」と。

太陽が収容された病院で、日下は雨にもう1人の案内人・千秋(松本若菜)を紹介。そして、奇跡を受け入れるなら、3ヵ月をかけて雨の“心の入り口”である五感を奪わせてもらう、と告げる。

明け方、目を覚ました太陽は、ほとんど痛みがないことに驚く。

その頃、千秋は雨に、五感を失ったら、誰とも意思の疎通ができなくなり、1人で生きていくことになるので耐えられるわけがない、と告げた。すると雨は、自分はもう十分もらったから返したかった、と応答える。

病室にやってきた雨に、「また会いたい」とお願いをする太陽。雨は、ベッドの傍らにあった赤い傘を借りてもいいかと尋ねながら、「今度は自分で返しにくるよ」と続けて…。

<最新放送回は、TVerFODで無料配信中!>

PICK UP