小野友樹&上田麗奈ら“今年の漢字”発表で爆笑!劇場版アニメ「BLOODY ESCAPE -地獄の逃走劇-」

公開: 更新: フジテレビュー!!

1月6日、新宿バルト9にて、「BLOODY ESCAPE -地獄の逃走劇-」の公開記念舞台挨拶が行われ、声を担当する小野友樹(キサラギ役)さん、上田麗奈(ルナルゥ役)さん、斉藤壮馬(クルス役)さん、大橋彩香(エクア役)さん、谷口悟朗監督が登壇。

公開を迎えた心境と、新年の抱負を語りました。

「BLOODY ESCAPE -地獄の逃走劇-」は、「コードギアス」シリーズや「ONE PIECE FILM RED」手掛けた谷口悟朗さんが、原案・脚本・監督を務める“最狂”バイオレンスアクション映画。

魔改造された「東京」を舞台に、改造人間となった男の壮絶で血みどろな逃走劇を描きます。

1月6日、新宿バルト9にて、「BLOODY ESCAPE -地獄の逃走劇-」の公開記念舞台挨拶が行われ、声を担当する小野友樹(キサラギ役)さん、上田麗奈(ルナルゥ役)さん、斉藤壮馬(クルス役)さん、大橋彩香(エクア役)さん、谷口悟朗監督が登壇。
左から)斉藤壮馬、上田麗奈、小野友樹、大橋彩香、谷口悟朗

<【関連記事】谷口悟朗監督の劇場版アニメ「BLOODY ESCAPE -地獄の逃走劇-」の魅力を語り尽くす>

「BLOODY ESCAPE -地獄の逃走劇-」の一般試写会が開催

上田麗奈 アフレコ本番中に涙が止まらず

会場の大きな拍手に迎えられ、キャスト一同、作品にちなんで”赤”を取り入れた衣装で登場。

公開を迎えた気持ちを聞かれると、小野さんは「みなさんについに観ていただけること、そして今日みんなと一緒に登壇できて光栄に思います」と喜びを噛み締めました。

谷口監督もコロナ禍での制作を思い返しながら、「アフレコ収録が1年半前にあって、スタッフもテレワークなどで連携をとっていましたね。きちんと完成させられたことがありがたいし、よかったです。」とコメント。

「BLOODY ESCAPE -地獄の逃走劇-」の場面カット
キサラギ(CV.小野友樹)

12月のジャパンプレミアで、小野さんは上田さんの演技を絶賛。上田さんは事前に監督から「媚びないお芝居をしてほしい」と言われていたそうで、「その言葉を一生懸命、咀嚼(そしゃく)しながら現場に向かいました。収録現場で、みなさんの熱量を受けてお芝居が変わっていった感覚がありました」と述懐。

さらに、その熱量に応えられるかという不安などから、本番中に涙が止まらなくなったことを明かし「それがプレッシャーに押しつぶされそうなルナルゥの気持ちと合致して、よかったと思っています」と話しました。

「BLOODY ESCAPE -地獄の逃走劇-」の場面カット
ルナルゥ(CV.上田麗奈)

監督も「オリジナル作品ということで手探りの部分はみなさんあったと思うんですが、よく応えてくれました」と称賛。

お調子者だけれども、妹思いの兄・クルスを演じた斉藤さんは「お調子者です!」と元気よく挨拶してから「特に僕は監督との打ち合わせは……(なかった)」という発言に会場から笑いが。

監督は「何回か仕事をしてきているのでわかるんです。現場でオーダーしても応えてくれるだろうというね」と信頼関係を感じさせました。

斉藤さんは「世界観がヘビーなので、それにマッチするようなリズムや、ハキハキしゃべりすぎないことなどを試しました」と心がけたポイントを明かしました。

逃亡者・キサラギをサポートする、”逃がし屋”のリーダー・エクアを演じた大橋さんはシナリオを読んで、「普段、私たちはいろいろな地域に気軽に移動したりしていますが、この作品はそれに許可が必要だったり、他の場所に行くにも大変な世界。その中で懸命に生きているキサラギたちに勇気をもらえる、と思いました」と話し、逃がし屋が主軸となるテレビアニメ「エスタブライフ」よりも笑顔成分が少ないことを加味して、“押さえた芝居”に挑戦したと話しました。

小野友樹 25㎏落とした体重が30㎏増!現在はダイエット中

ここで、新年早々のイベントということで”BLOODY”にちなみ、赤い墨汁で仕上げた書初めを1人ずつ披露しました。

小野さんが書いたのは「血逃」。タイトルを漢字で意訳したのは、海外も含め多くの方に作品を届けたいという願いを込めたのと同時に、食べることが大好きなため「血(本能)から逃げるな」という意味も込められているとのこと。

1月6日、新宿バルト9にて、「BLOODY ESCAPE -地獄の逃走劇-」の公開記念舞台挨拶が行われ、声を担当する小野友樹(キサラギ役)さん、上田麗奈(ルナルゥ役)さん、斉藤壮馬(クルス役)さん、大橋彩香(エクア役)さん、谷口悟朗監督が登壇。

ちなみに、一昨年25kg落とした体重が昨年で30kg増量!現在、血に抗わず無理なく15kgの減量に挑戦中だという経過報告もしました。

上田さんは達筆で「健康診断」と書き、斉藤さんも「すこやか」と発表。「上田さんと同じです!」と言うと、上田さんは「同じ事務所だから社風が出ているね」とフォローし笑いを誘いました。

1月6日、新宿バルト9にて、「BLOODY ESCAPE -地獄の逃走劇-」の公開記念舞台挨拶が行われ、声を担当する小野友樹(キサラギ役)さん、上田麗奈(ルナルゥ役)さん、斉藤壮馬(クルス役)さん、大橋彩香(エクア役)さん、谷口悟朗監督が登壇。
1月6日、新宿バルト9にて、「BLOODY ESCAPE -地獄の逃走劇-」の公開記念舞台挨拶が行われ、声を担当する小野友樹(キサラギ役)さん、上田麗奈(ルナルゥ役)さん、斉藤壮馬(クルス役)さん、大橋彩香(エクア役)さん、谷口悟朗監督が登壇。

大橋さんは、一年間好きなものを断ち仕事運を高めるということで「脱・ペペロンチーノ」。2023年はロイヤルミルクティを我慢。今年は勝負の年として「ペペロンチーノから逃げる、1月6日の今日、すでにつらいです」と苦笑しました。

1月6日、新宿バルト9にて、「BLOODY ESCAPE -地獄の逃走劇-」の公開記念舞台挨拶が行われ、声を担当する小野友樹(キサラギ役)さん、上田麗奈(ルナルゥ役)さん、斉藤壮馬(クルス役)さん、大橋彩香(エクア役)さん、谷口悟朗監督が登壇。

監督は「リテイク○(まる)」。「リテイクを出すと人に嫌われるのではないか、などと考えてしまうが恐れずにいこうと。そして日々やっていることが結果につながるので、その気持ちを忘れずに、という思いで”○(まる)”を追加しました」と語りつつ、斉藤さんに対して本作のリテイクを予感させるようなジョークを繰り出し大盛り上がり。

1月6日、新宿バルト9にて、「BLOODY ESCAPE -地獄の逃走劇-」の公開記念舞台挨拶が行われ、声を担当する小野友樹(キサラギ役)さん、上田麗奈(ルナルゥ役)さん、斉藤壮馬(クルス役)さん、大橋彩香(エクア役)さん、谷口悟朗監督が登壇。

イベント最後には、全員がメッセージを。

小野:こんなに笑った舞台挨拶はないくらい楽しい時間でした。このメンバーだったからこそかな、と思います。楽しい仲間たちと駆け抜けられて良かったです!

上田:”地獄の逃走劇”というだけあってアクションシーンも盛りだくさんです。希望ってなんだろうという考えが浮かんだり、胸に残った作品なので何度も楽しんでいただきたいです。

斉藤:監督からもリテイク…の話があったので、もしかしたら何かが変わるかもしれない(笑)!期待してください。ありがとうございました!

大橋:見終わった後には背中を押してもらえるようなパワーをもらえる作品です!

監督:声優ファンもアクションファンも楽しめると思いますし、何度か見ることで繋がるように仕掛けているドラマもあります。1度見て気に入っていただけたら周囲に伝えていただけたら、これに勝る喜びはありません。

と話し、笑顔の絶えない舞台挨拶は幕を下ろしました。

「BLOODY ESCAPE -地獄の逃走劇-」は、新宿バルト9ほか全国で公開中。

公式サイト:https://bloody-escape.com/

公式X(旧Twitter):https://twitter.com/BLOODY__ESCAPE

©2024 BLOODY ESCAPE製作委員会

PICK UP