『おっパン!』原田泰造×練馬ジム「恐れずにいっぱい失敗できるようになってほしい」

公開: 更新: フジテレビュー!!
『おっパン!』原田泰造×練馬ジム「恐れずにいっぱい失敗できるようになってほしい」

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』より、原田泰造さん×練馬ジムさん、富田靖子さんのコメントが到着しました。

2024年1月6日(土)より、原田泰造さん主演、土ドラおっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』(東海テレビ・フジテレビ系)が放送されます。

<原田泰造主演で『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』連続ドラマ化>

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』メインビジュアル公開!

家族からも嫌がられる、古い価値観を持ったカタブツの「おっさん」=沖田誠(原田)が、とあるゲイの青年との出会いによって、これまでの「自分の常識」をどんどんアップデート。

愛する家族を理解するため、昭和のおっさんの新常識へのアップデート大作戦が始まります。

昭和のおっさんは、令和にアジャストできるのか!?そして、愛する家族の信頼を再び勝ち取ることはできるのでしょうか!?

<原田泰造×練馬ジム コメント>

――オファーを聞いたときは、どう思いましたか?

原田:最初に漫画を見たのかな。第1話を読みきって「面白い、これやりたい」って思った。第2話見て、第3話見て、第4話見て、全部すごくいいから、そのまんまやりたいと思ったくらい。

ドラマの台本もしっかりしていて面白いから、すごく安心してできる。でも作品が放送される前にちゃんと全話の台本が届いたのは、実は初めてなんですよ。今までこんなことはなかったから、その分、セリフを全部覚えなきゃいけなくて(笑)。どう覚えたらいいのかわかんないから、初めての挑戦です。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

練馬:原田さんが出てくださるって聞いたとき、実は(犬の)カルロスはもう決まっていますって同時に聞きました(笑)。それはさておき、これまでにドラマ化してほしいというコメントはたくさんいただいていました。俳優さんは誰々がいいみたいに、みんな言ってくださるなかで「あ〜、なるほどなぁ〜」とそういうふうにみんなには見えているんだと思っていたけど、そこに原田さんという声はなかったんですよ。だから原田さんに決まったとき「あ〜!なるほど!」って、すごくしっくりくる感じが強くて、すごくピッタリな役だなと思いました。結構、キツいセリフがあるので、それを言っても絶対大丈夫なやさしい人がいいっていうイメージだけはずっとあって、「不安だな〜」と思っていたら原田さんと聞いて「大丈夫だ!」と思いました。

――原作の世界観はいかがですか?

原田:やっていてすごく新鮮。現場に来て、カルロスがいて、美香(富田靖子)さんとしゃべったり、現場で漫画の世界に入れるから楽しいんだよね。円(東啓介)くんと大地(中島颯太)くんの身長差の違いとか。漫画だと大地くんの方が大きいんだよね。でもドラマだと逆で。カルロスもすごくかわいいし、すごく吠えてくる。カルロスは「スピーク」って言ったら「ワン!」って吠えるんですよ。「スピーク、スピーク」と言うと「ワン!ワン!ワン!」って(笑)。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

――今作にはたくさんの強いセリフが出てきますが、セリフで意識していることは?

練馬:SNSで見てショックだった言葉は、結構ストックしています。特に「ゲイがうつる」という言葉があって、SNSの記事で見て、「そういうふうに思うんだ」っていう…。でも、実際漫画で描いてみたら、“おっさん”がこう思っちゃうのは時代柄しょうがない部分もあったんだなとも思うし、それに対する大地くんの応えも、自分で描いていて「あ!いい応えだな!」って思いました。でも、実際はすごく考えて…こんなこと言われたらどうしよう…なんでこんなこと言っちゃうんだろ…なんて返したらいいんだろって…。

原田:誠は本気で言っているんだろうなって思う。悪気のあるなしじゃなくて、本気でとっさに出ている言葉だと思うから。すごくゲイの人に対して失礼なんだけど、誠は本気の言葉で言っているから、しょうがないんだなって。“おっさん”ってそうなんだろなぁと思って、あんまりわかっていないから。

――アップデートしていく誠を演じるにあたって意識していることは?

原田:誠がすごいのは、一人だけじゃなくて奥さんや社員とか、みんなに対してアップデートしていくから、ものすごいことになっていく…。部下の原西(井上拓哉)のブラジャーなんて、一生懸命理解していると思うんだけど(笑)、そういうところが好き。奥さんがアイドルに夢中になっているのも最初は理解できないという感じで見ていたのが、段々自分ものめり込んでいく。この柔軟さ、そこは意識している。すべては第1話の「ゲイがうつる」というところから始まっているんだと思う。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

練馬:なぜ「おっパン」を描き始めたかというところにもかかっていて、自分もおじさんってちょっと怖いイメージがあったんです。知人のおじさんとか、結構イヤな感じの人がいて、誠よりもものすごく酷いことを言ってきて…。でも、大地くんみたいな人がいたら、もしかしたら知人も変われるのかなって、会ってみたら、別にゲイとか性別とか関係ないじゃんとわかってくれると思うので、誠にはそういうことを知ってほしいです。実際にやってみたらなんてことないでしょう、という経験していってほしいなと思って描いたので、原田さんから柔軟という言葉を聞いて、すごくうれしいです。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

練馬:主人公を見てほしいですね。みんな失敗することはすごく怖い。みんな失敗を避けて生活していると思うんですけど、すごく失敗する主人公なので、そのたびに立ち上がってそれでまた失敗してくれる。誠を見て失敗するのはあまり怖くないよって、失敗したら誠心誠意謝ればいいし、だから恐れずにいっぱい失敗できるようになってほしいと思っています。あと原作との違いも楽しんでほしいですね。漫画を現実世界に落とし込むときにズレもあるだろうし、同じテーマで違う作品、2つのストーリーが楽しめるというのは作者冥利に尽きます。

原田:原作が大好きな人が見るでしょ?その人たちに本当に温かい目で見てほしい。誠がアップデートしていくし、ほかの人たちもアップデートしていくし、この作品のすごいところはそこだと思う。やさしさっていう。そこを見てほしい。

<富田靖子 コメント>

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

――原田泰造さんとの共演は?

今回で二度目です。最初にお仕事をしたときは、「は〜ら〜だ〜泰造です!」みたいなイメージを持っていたんですけど、でもまったく逆で、文学青年みたいな感じで物静か。真逆だったので、すごく驚きでした。今回も、そのイメージです。

――沖田美香を演じるにあたって苦労している点はありますか?

原作漫画がすごく大好き。だけど、ドラマとして演じるときは一回そこから切り離すということが、
ちょっと大変でした。漫画を読んでいると、お父さんも萌も翔も私の読んでいるリズムで入ってくるけど、ドラマはそれぞれの人間のリズムが入ってくる。私が漫画を読んでいるリズムとは違うわけで、そこが最初戸惑いでした。今ここで演じている「私たち」を大切にしなきゃなっていう。

だから、あえてドラマが始まってからは、漫画を読んでいないです。目の前にいるお父さんだったり、翔だったり、大地くんだったり、円くんだったり…この人たちと紡いでいくので、そこを見るように心がけています。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

――ご自身と沖田美香の似ている部分、異なる部分を教えてください。

お母さんとして抱えている宿題や考えていることは、みんな一緒だなと思いました。ただ家事に関してはちょっと違っていて、美香さんは料理が得意なんですけど、私はメニューを考えるのが大嫌いで、毎日、朝・昼・晩・朝・昼・晩…もうハァ〜みたいな。でも「何食べたい?」って聞くと「なんでもいい」って答えるじゃないですか。

「もう、何でもいいってなんなんだよ!」と思いながら(笑)。逆に、ゴミ捨てや掃除は、美香さんは苦手なんですけど、私はそっちの方が得意だったりする。家事の得意分野がまったく違うかな。

――自分の常識がアップデートできていないと感じることはありますか?

今、アップデート中なんですけど…「キッチリしすぎない」こと。キッチリし過ぎると息苦しい。自分は、キッチリしていることに快感を覚えたり、モノがキッチリ平行に並んでいるというのがいいんですけど、他人にとっては適当に置くのが楽だったりするんですよね。

なのに、蛇口は使ったらピカピカに拭いて…みたいな、そういうキッチリ感が息苦しく感じる場合もあると思うので、あんまりそういうのは言い過ぎないように、キッチリしていなくてもいいじゃんと思うようにアップデート中です。

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

自分の好きを大切にして、周りの人の好きも大切に思いやってあげるとハッピーになれる、ということをこのドラマで伝えたいです。ぜひ、楽しんでご覧ください。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』は、1月6日(土)スタート!毎週土曜23時40分より、東海テレビ・フジテレビ系で放送されます。

<ストーリー>

古い常識・偏見で凝り固まったひとりの中年男・沖田誠(51)。

妻の美香(富田靖子)、娘の萌(大原梓)からは「堅物」と嫌われ、会社でも部下に疎まれ、最近では飼い犬のカルロス(こまち)にまで無視される始末。だが、彼は彼なりに自分の信じる道を突き進んできた。それが「たった一つの正解」だと信じて――。

そんな誠に転機が訪れる。高校生の息子・翔(城桧吏)が、3ヵ月前から引きこもってしまったのだが、家に連れてきた友人・五十嵐大地(中島颯太)がゲイだとわかり、誠は反射的に大地を否定してしまったのだ。

大地は、美香の友人の獣医師・五十嵐美穂子(松下由樹)の息子だった。大切な友人にひどい言動を浴びせた誠に、息子の翔が悲しく言う。

「僕は……お父さんみたいな人には、絶対なりたくない!!」

翔の言葉にショックを受ける誠。家族がいるから、満員電車にも日々の仕事にも踏ん張れた。なのに…落ち込む誠に、大地がある提案をする。

「お父さん、俺と友だちになれませんか?」

偏見だらけのアラフィフのおっさんに、二回り以上年下のゲイの友だちができたことで、おっさんの「常識」がアップデートされていく!

推し活にいそしむ妻、腐女子ガチ勢な娘、かわいいものが好きな息子…さらには、メンズブラを愛する部下、コスプレが好きな清楚系女子、セーラー服のおじさんなどなど、誠は自分の常識を超える人々と次々に遭遇していくことに!

はたして誠は、それぞれの好きを理解し、家族の、そして部下たちの信頼を勝ち取ることができるのか!?

<番組概要>

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』(全11話)

放送日時:

2024年1月6日(土)スタート!毎週土曜23時40~

出演:原田泰造 中島颯太 城桧吏 大原梓 東啓介 渡辺哲/松下由樹 富田靖子 ほか

企画:市野直親(東海テレビ)

原作: 「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」

練馬ジム (LINE マンガ)

脚本:藤井清美(『ウツボカズラの夢』『准教授・高槻彰良の推察』シリーズ ほか)

音楽:鈴木ヤスヨシ

主題歌:「Dancing Dreamer」 4-CaraT(RISING RECORDS)

オープニング:「アプデライフ」 FANTASTICS from EXILE TRIBE(rhythm zone)

演出:二宮崇 室井岳人 加治屋彰人

プロデューサー:松本圭右(東海テレビ) 古林都子(The icon)  渋谷未来(The icon)

制作:東海テレビ The icon

(敬称略)

PICK UP