『おっパン!』原田泰造「沖田誠には、純粋になんでもかんでも取り入れていく強さがある』

公開: 更新: フジテレビュー!!
『おっパン!』原田泰造「沖田誠には、純粋になんでもかんでも取り入れていく強さがある』

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』より、原田泰造さんのコメントが到着しました。

2024年1月6日(土)より、原田泰造さん主演、土ドラおっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』(東海テレビ・フジテレビ系)が放送されます。

<原田泰造主演で『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』連続ドラマ化>

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』メインビジュアル公開!

原作は、練馬ジムさんによる、国内累計閲覧数5600万回以上の話題作(2023年11月末時点)。

実写化希望の声多数の、LINE マンガの超人気作「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」=通称「おっパン」が、ついに連続ドラマ化されます!

家族からも嫌がられる、古い価値観を持ったカタブツの「おっさん」=沖田誠(原田)が、とあるゲイの青年との出会いによって、これまでの「自分の常識」をどんどんアップデート。

愛する家族を理解するため、昭和のおっさんの新常識へのアップデート大作戦が始まります。

昭和のおっさんは、令和にアジャストできるのか!?そして、愛する家族の信頼を再び勝ち取ることはできるのでしょうか!?

撮影初日からデリカシーのない「“おっさん”=沖田誠」を熱演

「お茶は女の人が淹れた方がおいしいだろう」。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

都内のとあるオフィスに、原田泰造さんの大きな美声が響きました。『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のクランクインは、10月上旬。

クランクインのあいさつが終わり、独特な緊張感と期待の入り交じった空気の中、最初に撮影したのは、原田さん演じる主人公・沖田誠が勤める「銀杏事務機器リース」のオフィスシーン。

原田さんは監督と入念に打ち合わせをし、営業戦略室室長・沖田誠のキャラクターを作り上げていきました。そして、カメラが回り、発したセリフが…「お茶は、女の人が淹れた方がおいしいだろう」。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

リアルならセクハラ&パワハラ間違いなしの発言。名もなき雑務を部下の女性に押しつける誠は、さらに…「愛嬌は女性の武器だろ。嫁に行きそびれるぞ」など、アウトなセリフをたたみかけます。古い常識・偏見で凝り固まった「“おっさん”=誠」を象徴するシーン。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

そんな誠の古い常識を際立たせるのが、メンズブラを愛用する青年など新しすぎる(?)常識を持った若い部下たち。特に、監督からは誠と部下の関係性や空気感について丁寧な説明があり、両者の常識の温度差をハッキリさせるような演出が入ることも…。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

例えば、迷惑をかけた取引先の社員に誠が謝罪するシーン。頭を下げる誠を前に、お茶を持ってきた部下が「人間ですから(間違えることもある)」と空気を読まず、あけすけに応える…まるでコントのようなやりとりが展開され、リハーサルではスタッフから自然と笑いが起こりました。

古い常識全開な、“おっさん”=誠が、これからどんなふうに悪戦苦闘をしながら常識をアップデートしていくのか。期待が高まるクランクインとなりました。

<原田泰造 コメント>

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

――今作のオファーを聞いたときは、どう思いましたか?

オファーを受けたときは「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」の原作を知らなかった
から、すぐ読んでみたの。これは面白いし、泣けるし、いい話だし、これはぜひやりたいと思いました。

――原田さん演じる、沖田誠の魅力は?

沖田誠の見どころは、やっぱり自分がアップデートすると決めたらもう本当に純粋になんでもかんで
も取り入れていく強さ。スポンジのようになんでも吸収していく強さが、このおじさんにはあるなと
思って、やっていて楽しいです。

――誠を演じるにあたって苦労している点はありますか?

自分のアップデートさ加減があんまりわかっていないから、監督に「まだ、もうちょっとアップデートしときましょうか?」とか、逆に「もっとわからないようにしましょうか?」とか確認してます。ちょっと難しいんだよね、話数によって。(撮影は)第9話やって第2話やってとか、第11話やって第6話やってとかだから、そこらへんをちゃんと自分で考えなきゃいけないなと思っています。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

――この作品はいろんな人のいろんな好きを肯定するドラマですが「原田さんの好きなもの」は何ですか?

最近、好きなもの…ずーっとこの時間が増えたなと思うのは、TikTokを見てる時間。目が疲れてきて
もうやめてほしいと思うんだけど、左手の親指が動くんだよね。(気がつけば)スクロールしてるって
いう。今、やめどころがわからないっていう状態。ラストがわからなくなっちゃう、無限に。でもこの時間が好きなのかな。

――ちなみに、TikTokは1日何時間くらい見るんですか?

わからないなぁ…奥さんに怒られるまで(笑)。「もうやめな」って。お風呂やトイレとかどこでも見ちゃう。

――最後に、このドラマの見どころを教えてください。

家族とか同僚に白い目で見られていた、沖田誠という本当に偏屈で古い価値観を持っていてガチガチ
に(価値観を)固めたおじさんが、ある一人の青年と出会って、どんどんどんどん考え方を変えていく。この変えていく姿が面白いというか泣けるというか、そこが見どころです。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』は、2024年1月6日(土)スタート!毎週土曜23時40分より、東海テレビ・フジテレビ系で放送されます。

<ストーリー>

古い常識・偏見で凝り固まったひとりの中年男・沖田誠(51)。

妻の美香(富田靖子)、娘の萌(大原梓)からは「堅物」と嫌われ、会社でも部下に疎まれ、最近では飼い犬のカルロス(こまち)にまで無視される始末。だが、彼は彼なりに自分の信じる道を突き進んできた。それが「たった一つの正解」だと信じて――。

そんな誠に転機が訪れる。高校生の息子・翔(城桧吏)が、3ヵ月前から引きこもってしまったのだが、家に連れてきた友人・五十嵐大地(中島颯太)がゲイだとわかり、誠は反射的に大地を否定してしまったのだ。

大地は、美香の友人の獣医師・五十嵐美穂子(松下由樹)の息子だった。大切な友人にひどい言動を浴びせた誠に、息子の翔が悲しく言う。

「僕は……お父さんみたいな人には、絶対なりたくない!!」

翔の言葉にショックを受ける誠。家族がいるから、満員電車にも日々の仕事にも踏ん張れた。なのに…落ち込む誠に、大地がある提案をする。

「お父さん、俺と友だちになれませんか?」

偏見だらけのアラフィフのおっさんに、二回り以上年下のゲイの友だちができたことで、おっさんの「常識」がアップデートされていく!

推し活にいそしむ妻、腐女子ガチ勢な娘、かわいいものが好きな息子…さらには、メンズブラを愛する部下、コスプレが好きな清楚系女子、セーラー服のおじさんなどなど、誠は自分の常識を超える人々と次々に遭遇していくことに!

はたして誠は、それぞれの好きを理解し、家族の、そして部下たちの信頼を勝ち取ることができるのか!?

<番組概要>

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』(全11話)

放送日時:

2024年1月6日(土)スタート!毎週土曜23時40~

出演:原田泰造 中島颯太 城桧吏 大原梓 東啓介 渡辺哲/松下由樹 富田靖子 ほか

企画:市野直親(東海テレビ)

原作: 「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」

練馬ジム (LINE マンガ)

脚本:藤井清美(『ウツボカズラの夢』『准教授・高槻彰良の推察』シリーズ ほか)

音楽:鈴木ヤスヨシ

主題歌:「Dancing Dreamer」 4-CaraT(RISING RECORDS)

オープニング:「アプデライフ」 FANTASTICS from EXILE TRIBE(rhythm zone)

演出:二宮崇 室井岳人 加治屋彰人

プロデューサー:松本圭右(東海テレビ) 古林都子(The icon)  渋谷未来(The icon)

制作:東海テレビ The icon

(敬称略)

PICK UP