『院内警察』OPテーマはSennaRin「NOD」!主題歌に続き澤野弘之がプロデュース

公開: 更新: フジテレビュー!!
『院内警察』OPテーマはSennaRin「NOD」!主題歌に続き澤野弘之がプロデュース

SennaRinさんが『院内警察』のオープニングテーマを担当します。

2024年1月12日スタート!の金9ドラマとして、桐谷健太さん主演『院内警察』(フジテレビ)が放送されます。

<桐谷健太がフジ連ドラ初主演!敏腕刑事VS天才外科医の正義が激突『院内警察』>
<『院内警察』さとうほなみ、馬場ふみか、工藤美桜らキャスト発表!>

同作は、2021年より「ヤングチャンピオン」(秋田書店)で連載中の「院内警察 アスクレピオスの蛇」(原作:酒井義さん/漫画:林いちさん)を原作とした医療エンターテインメント。

日本ではまだなじみの薄い「院内交番」を舞台に、元警視庁捜査一課刑事の主人公と天才外科医の“正義”がぶつかり合う“刑事モノ×医療モノ”2大王道ジャンルのハイブリッド作品です。

このたび、オープニングテーマソングを女性シンガー・SennaRin(センナリン)が務めることが決定!

新曲「NOD」(読み:ノド)でドラマ作品との初タイアップを飾ります。

「NOD」は、イントロから聴く者を一気に世界観に引き込むキラーチューンとなっており、そこにのるSennaRinさんの力強い声で楽曲をより厚く説得力のあるものに。

SennaRinさんが作詞、プロデューサーの澤野弘之さんが作編曲を担当しており、医療×刑事の新機軸医療エンタ-テインメントのオープニングにふさわしい楽曲となっています。なお、配信シングルとして24年1月20日(土)にデジタルリリースすることも決定しました。

今作でドラマ作品との初タイアップとなるSennaRinさんは、低音で透明感のあるハスキーボイスが魅力で、作詞やイラストも手がけるなどマルチな才能を持つシンガー。

人気ドラマやアニメの劇中音楽を多数手がけている澤野さんによるプロデュースで、2022年にメジャーデビュー。『BLEACH 千年血戦篇』(2022年/テレビ東京系)をはじめとしたアニメ主題歌や、『THE MAKERS ~突破の条件~』(テレビ東京)のテーマソングを担当。

来年の2月には「SennaRin 3rd ONE MAN LIVE“Land of NOD”」も控えるなど、今後の活動にも注目が集まるアーティストです。

『院内警察』OPテーマはSennaRin「NOD」!
SennaRin

そして作曲家・澤野弘之さんが、同曲でも楽曲プロデュースを担当。澤野さんは、Eveさんが歌うエンディング楽曲「pray」に続く、オープニング&エンディングのダブルプロデュースとなります。

Eve『院内警察』で民放ドラマ主題歌を初担当!澤野弘之が作曲・プロデュース「pray」
澤野弘之

『院内警察』は、2024年1月12日(金)スタート(初回15分拡大)!毎週金曜21時より、フジテレビで放送されます。

<SennaRin コメント>

今回、『院内警察』のオープニングテーマを担当させていただくことになりました、SennaRinです。

オープニングテーマの「NOD」は、プロデューサーの澤野弘之さんが書いてくださった曲に、私が詞をのせています。

“ノドの地”からインスパイアを受けて『NOD』というタイトルをつけました。『院内警察』の登場人物は、さまざまな目的やきっかけがあり病院へ集まっていますが、この楽曲がドラマを彩り、見ているみなさんのドキドキを加速させられますように。

今から放送が楽しみです。ドラマとともに、オープニングテーマもよろしくお願いします。

<澤野弘之 コメント>

ドラマ『院内警察』オープニングテーマを、プロデュースしているSennaRinとともに担当できることを光栄に感じています。

ドラマのオープニングは、作品のスタートを盛り上げる重要な要素だと感じているので、この楽曲の歌詞やサウンドと一体になるオープニング映像によって、物語により入り込み楽しんでいただけたら幸いです。

彼女との楽曲制作においても、これまでとはまた違った刺激や発見があるレコーディング&サウンド構築となりました。ドラマの放送、僕も一視聴者として楽しみにしています!

<中村亮太(プロデュース)コメント>

なんと主題歌に続いてオープニング曲も澤野弘之さんに制作いただくことになりました!

このドラマを制作するにあたっては、1分ほどのオープニングを作って世界観を表現したいという思いがあり、とにかくカッコイイ曲をとオーダーさせていただきました。

ワクワクしながら完成を待ち、スタジオで曲を聴いた瞬間、カッコよすぎて脳が溶けました。曲が素晴らしいのはさることながら、SennaRinさんの力強い歌唱力でカッコよさにさらに厚みが増して、とにかく爽快です。

SennaRinさんには、詞も書いていただいたのですが、どうしたらこんなにもスタイリッシュな歌詞が思い浮かぶのかと衝撃を受けました。Eveさん歌唱の主題歌とは、また一味違った澤野弘之サウンドになっておりますので、ぜひお楽しみに!

<ストーリー>

院内交番――。日本ではまだまだ聞きなじみのない存在だが、実際に一部の大学病院や国立病院に常駐する民間組織。病院内で起こる患者同士のトラブル対処やクレーム対応、落とし物管理、人探しなど交番業務を担うその名の通り“院内の交番”だ。

日本有数の大病院・阿栖暮総合病院(あすくれそうごうびょういん)。院内に設置された院内交番に所属する元警視庁捜査一課・武良井治(むらい・おさむ/桐谷健太)は、日々患者同士のトラブル解決や遺失物捜索に従事していた。

院内交番室長・横堀仁一(よこぼり・じんいち/市村正親)とともに2人きりで交番を運営していたが、そこに交番事務員として川本響子(かわもと・きょうこ/長濱ねる)が配属されることに。

川本は、有名病院の医療事務になれると張りきってきたものの、実際は院内で「3K交番」(軽薄で、空気の読めない、給料泥棒)とやゆされる場所だった…。

そんななか、阿栖暮総合病院が誇る若き天才外科医・榊原俊介(さかきばら・しゅんすけ/瀬戸康史)がドイツから帰国する。帰国直後にも関わらず難易度の高いオペに執刀し、素早く正確な手術で周りの医師をうならせる榊原。

対して、そんな榊原を鋭い視線で見つめる武良井。ことあるごとに、武良井は榊原に絡み、業務範囲を超えて執拗(しつよう)に粘着する。

警視庁捜査一課というエリートの肩書を自ら捨て、阿栖暮総合病院に来たのも榊原との関係に理由があるのか…。

<番組概要>

『院内警察』

放送日時:2024年1月12日(金)21時~スタート(初回15分拡大)!毎週金曜21時~

出演:

桐谷健太

瀬戸康史

長濱ねる

さとうほなみ

玄理

馬場ふみか

工藤美桜

西村元貴

神尾佑

でんでん

市村正親

ほか

オープニングテーマ:

SennaRin「NOD」produced by 澤野弘之(SACRA MUSIC)

主題歌:

Eve「pray」produced by 澤野弘之(TOY’S FACTORY)

原作:「院内警察 アスクレピオスの蛇」酒井義(原作)、林いち(漫画)

(秋田書店『ヤングチャンピオン』連載)

脚本:

天本絵美(『ブスと野獣』『世にも奇妙な物語』ほか)

諸橋隼人(『テッパチ!』『アイゾウ 警視庁・心理分析捜査班』『世にも奇妙な物語』ほか)

相馬光(『リズム』『世にも奇妙な物語』『教祖のムスメ』ほか)

音楽:馬瀬みさき

編成企画:日高峻(映画「マスカレード・ホテル」「マスカレード・ナイト」ほか)

プロデュース:中村亮太(『世にも奇妙な物語』ほか)

演出:

石川淳一(『リーガル・ハイ』シリーズ、『フラジャイル』『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』ほか)

木村真人(『ウソ婚』『純愛ディソナンス』『推しの王子様』ほか)

北坊信一(『ばらかもん』『忍者に結婚は難しい』ほか)

制作:フジテレビ

制作著作:共同テレビ

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/innai_keisatsu/

公式X(Twitter):https://twitter.com/innai_keisatsu

公式Instagram:https://www.instagram.com/innai_keisatsu/

公式TikTok:https://www.tiktok.com/@innai_keisatsu

PICK UP