高橋大輔が語る未来「どんな形であれ、ずっとエンターテインメントの世界に関わっていきたい」

公開: 更新: フジテレビュー!!
高橋大輔が語る未来「どんな形であれ、ずっとエンターテインメントの世界に関わっていきたい」

日本中を虜にした、フィギュアスケーター3人が語り合います。

12月17日(日)の『ボクらの時代』は、高橋大輔さん、荒川静香さん、鈴木明子さんが登場します。

3人は現在、プロフィギュアスケーターとして活動。鈴木さんは、振付師としても活躍しています。

高橋大輔「テンパり過ぎちゃって」キャスターへのトラウマ

高橋さんは、2014年に一度引退。その4年後に復帰し、今年5月に二度目の引退を発表しました。

『ボクらの時代』に出演する高橋大輔
高橋大輔

荒川:競技者としては、二度目の引退したじゃない?そうすると、もう完全に競技会からは引退だけど、(今後)こういうことやっていきたいっていうのは、もうビジョンがある?

高橋:ずっとエンターテインメントの世界に関わっていきたいっていう、それだけかな。形はなんであれ。

荒川:ショーをつくったり、パフォーマンス…。

高橋:ショーをつくったり、パフォーマンスしたり。それこそサポート、裏方に回ったりとか。それは、時期によって変わってくると思うから。でも、何かしらに関わっていけたら。ただそれが、例えばキャスターとかのしゃべりになってくると、テンパり過ぎちゃって…。

鈴木:自分の言葉で話したりとか?

高橋さんは「トラウマなの」と、キャスターへの苦手意識を打ち明けます。

また、鈴木さんが「全然やったことないことの中で、何かやってみたいことは?」と尋ねると、あるエンターテインメントに「すごく興味がある」と告白します。

鈴木明子「それぞれの出会い、覚えてる?」

フィギュアスケート選手として過ごしてきた3人は、お互い学生時代から旧知の仲。

『ボクらの時代』に出演する鈴木明子
鈴木明子

鈴木:出会いって覚えてる?

荒川:私たちの?

鈴木:うん。

高橋:3人の?それぞれ?

鈴木:それぞれ。

荒川:あっこ(鈴木さん)は、すごく覚えてるよ。仙台のリンクに合宿に…。

鈴木:合宿に行った。小学生のとき。

荒川さんは「“心から滑る”、踊るちっちゃい子ってイメージで、すごく目を引いた」と、鈴木さんの印象を語ります。

そしてここから、それぞれの出会いを述懐します。

荒川静香「子どもがスケートをやりたいと言ったけど…」

スケートを始めたきっかけや、境遇などに言及するなかで、2児の母でもある荒川さんは思うところを語ります。

『ボクらの時代』に出演する荒川静香
荒川静香

荒川:うちは、4学年離れてるんだけど(※)。上の子、お姉ちゃんのほうが、ちょっと(スケートを)「始めたい」って言った時期があったんだけど…。

(※)荒川さんは、2014年に長女、2018年に長男を出産。

鈴木:「やりたい」とは、言ったんだ?

荒川:言ったの。やっぱり、アイスショーとか見たら…。

鈴木:だって、あれだけ見てたらね。

高橋:見ちゃうとね(笑)。そりゃそうだよね。

荒川:そうそう。もう「すべて習い事をやめても、これをやりたい」って言ったときはあったんだけど…。

荒川さんは、「どうしても親としての覚悟が整わなかった」と、当時の葛藤を語ります。これに、独身の高橋さん、鈴木さんも、もしも自分が親だったら…と、思いを巡らせます。

『ボクらの時代』に出演する(左から)高橋大輔、荒川静香、鈴木明子

ほかにも、スケートを嫌だと思った時期、「全日本フィギュアスケート選手権」の思い出、それぞれの休日の過ごし方、高橋さん、鈴木さんの結婚観などの話題も展開します。

最新放送回は、TVerFODで無料配信中!

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/jidai/index.html

公式Instagram:https://www.instagram.com/bokura_fuji/

PICK UP