DJ KOO&SAM『ボクらの時代』で秋山竜次を絶賛!「めちゃくちゃ大ファン。孤高の天才」

公開: 更新: フジテレビュー!!
DJ KOO&SAM『ボクらの時代』で秋山竜次を絶賛!「めちゃくちゃ大ファン。孤高の天才」

DJ×ダンサー×芸人という、異色の組み合わせの鼎談が実現します。

12月10日(日)の『ボクらの時代』は、DJ KOO(TRF)さん、SAM(TRF)さん、秋山竜次ロバート)さんが登場します。

SAM秋山竜次を「『はねるのトびら』のころから見ていた」

秋山さんが「間違ってないですよね?このキャスティング」と笑わせながら、鼎談はスタートします。

『ボクらの時代』に出演するSAM
SAM

SAM:KOOちゃんは、(秋山さんとバラエティの)現場で一緒になるじゃないですか。

秋山:はい、ちょくちょく。

SAM:僕からしたら、なかなかご一緒できない。めちゃくちゃ大ファンですから!孤高の天才、唯一無二みたいな。

DJ KOO普段は、SAMと話しててそんなに話が合うことないんだけど(笑)、秋山さんの話は、絶対合う。

秋山:マジかよ!マジでうれしいです、本当に。

SAMさんは『はねるのトびら』(2001年~2012年/フジテレビ)のころから見ていたと明かし、秋山さんの好きなネタも次々と挙げます。

また、秋山さんも、TRFの楽曲で思い入れのあるものがあると語り…。

秋山竜次「想像でやると実際にいる人になってくる」

DJ KOOさんが秋山さんに「ほかの人が目をつけないところに、目をつけていくところがめちゃリスペクト」と言うと、SAMさんも「本当にすごいと思う」とうなずきます。

『ボクらの時代』に出演する秋山竜次
秋山竜次

KOO:「クリエイターズ・ファイル」も、あれって、もと(になるモデル)はあるんですか?

秋山:あれはね、本当に雰囲気で…。

KOO:想像なんですか?

秋山:想像なんですよね。だいたい、想像でやると、(実際に)いる人になってくるんですよね。

SAM:ああ。

秋山:例えばなんですけど「ファッション(業界)的な大御所をやりたい」というのが一個あるとするじゃないですか。「衣装どうしようかな」ってなったときに、「やっぱファッション突き詰めている人は、いろいろあった結果、黒に落ち着くだろうな」って思って、黒で固めて…。

秋山さんは、自身が想像したものを一つひとつ形にしていくと、実在の人物に近いキャラクターになってしまうと具体例を挙げて説明。

また、ダンサーのキャラクターの作り方を語ると、SAMさんが「あながち間違ってない」と反応します。

DJ KOO、バラエティの自分に「向き合うのはちょっと恥ずかしい」

DJ KOOさんに、秋山さんは「家庭の話も聞きたい」と尋ねます。すると…

『ボクらの時代』に出演するDJ KOO
DJ KOO

DJ KOO:子離れができないんです。

秋山:そうなんですか?

DJ KOO:自分で見ます?

秋山:テレビですか?

DJ KOO:自分が出たもの。

秋山:結構、見ますね。

DJ KOO:僕、遠くでテレビがかかってて、それを聞いてるくらいのがちょうどよくて。

秋山:はい。向き合うのは、ちょっと…。

DJ KOO:向き合うのは、ちょっと恥ずかしかったりするんだけど、それを家族は必ず見て…。

DJ KOOさんは、バラエティでの自分の姿を見た家族の反応を語り、その関係性を明かします。すると、2児の父である秋山さんも、独自の育児法を語り、DJ KOOさん、SAMさんは大笑い。

『ボクらの時代』に出演するSAM、DJ KOO、秋山竜次

ほかにも、10代のころにディスコに通っていたエピソードや、ロバートのネタの作り方、還暦を迎えているDJ KOOさんとSAMさんが「年齢を感じること」など、さまざまな話題を展開します。

最新放送回は、TVerFODで無料配信中!

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/jidai/index.html

公式Instagram:https://www.instagram.com/bokura_fuji/

PICK UP