『院内警察』さとうほなみ、馬場ふみか、工藤美桜らキャスト発表!

公開: 更新: フジテレビュー!!
『院内警察』さとうほなみ、馬場ふみか、工藤美桜らキャスト発表!

『院内警察』のキャストが発表されました。

2024年1月12日スタート!の金9ドラマとして、桐谷健太さん主演『院内警察』(フジテレビ)が放送されます。

同作は、2021年より「ヤングチャンピオン」(秋田書店)で連載中の「院内警察 アスクレピオスの蛇」(原作:酒井義さん/漫画:林いちさん)を原作とした医療エンターテインメント。

日本ではまだなじみの薄い「院内交番」を舞台に、元警視庁捜査一課刑事の主人公と天才外科医の“正義”がぶつかり合う“刑事モノ×医療モノ”2大王道ジャンルのハイブリッド作品です。

桐谷さんは、今作でフジテレビ連ドラ初主演。プロファイリングスキルと抜群の記憶力を駆使しながら、院内の不正監視や秩序を守る院内刑事を演じます。

また、桐谷さんと連続テレビ小説『まんぷく』(2018年/NHK)以来、約5年ぶりの共演となる、瀬戸康史さんが、初の外科医役で孤高の若き天才医師を演じます。

桐谷さんに振り回される、院内交番の新人事務員役に、長濱ねるさん。そんな2人をやさしく見守る交番室長役に、市村正親さんの出演が決定。

演出は『リーガル・ハイ』シリーズ(2012~2014年/フジテレビ)、『フラジャイル』(2016年/フジテレビ)、『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(2020年/フジテレビ)の石川淳一監督。

桐谷健太がフジ連ドラ初主演!敏腕刑事VS天才外科医の正義が激突『院内警察』
メインポスタービジュアル
(C) フジテレビ/共同テレビ

このたび、さとうほなみさん、馬場ふみかさん、工藤美桜さん、玄理さん、西村元貴さん、神尾佑さん、でんでんさんの出演が発表されました。

阿栖暮(あすくれ)総合病院で働く医師や看護師、そして患者たち

『院内警察』さとうほなみ、馬場ふみか、工藤美桜らキャスト発表!
上段左から)馬場ふみか、さとうほなみ、玄理、工藤美桜
下段左から)西村元貴、神尾佑、でんでん

さとうほなみさんが演じるのは、腫瘍内科医・尼子唯織(あまこ・いおり)。

医師ながら院内交番に頻繁に出入りしながらサボっており、当直室よりも交番内のソファで寝るのがお気に入り。武良井(桐谷)のことは「治ちゃん」と呼び、武良井の過去についても何やら知っているようで…。榊原(瀬戸)とは同級生。

さとうさんは、本作で初の医師役を演じます。

玄理さんが演じるのは、榊原と同じ外科医師の上條萌子(かみじょう・もえこ)。

優秀な外科医ながら、自身の担当患者の手術を榊原に変更させられてしまい…。上昇志向が強く、言いたいことはハッキリと言う性格で、手術変更の不満も外科部長に直訴。武良井の院内での破天荒な立ち回りに関しては、快く思っていません。

玄理さんは、フジテレビのドラマには『きみはペット』(2017年)以来、約7年ぶりの出演となります。桐谷さん、瀬戸さんとは初共演。

※連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)では、桐谷さん、瀬戸さんとクレジット共演のみ

馬場ふみかさんが演じるのは、麻酔科医の白石葵(しらいし・あおい)。

同居する妹の日向(工藤美桜)が、上司からのパワハラに悩んでいる可能性があると、院内交番に相談に訪れます。

馬場さんは、今作で初の医師役を演じます。

工藤美桜さんが演じるのは、整形外科の看護師で葵の妹、白石日向(しらいし・ひなた)。

心やさしい人物で、学生時代から母親と同じ職業の看護師を目指してきました。患者の間では、オアシスと言われるほどの人気者。しかし、何か悩みを抱えているようで…。

工藤さんは、今作で桐谷さん、瀬戸さんと初共演。連ドラでの看護師役は初となります。

西村元貴さんが演じるのは、榊原(瀬戸)、萌子(玄理)と同じく外科医の伊藤智(いとう・さとし)。

正義感が強く、心やさしい医師ながら、医者として自信が持てずに悩んでいます。

桐谷さんと共演した『まんぷく』(NHK)では、ヒロイン夫婦の長男・立花源役で出演し話題に。フジテレビ連続ドラマ作品への出演は『カインとアベル』(2016年)以来、約7年ぶりのこと。

神尾佑さんが演じるのは、外科部長・倉田雄二(くらた・ゆうじ)。

倉田は、外科部長という立場を利用し、信頼する榊原に難易度が高い手術の便宣を図ります。院内交番は、邪魔な存在と考えている人物です。

神尾さんは、桐谷さん、瀬戸さん、長濱さんとは初共演となります。

でんでんさんが演じるのは、入院患者の清宮松雄(きよみや・まつお)。

入院生活の長い清宮は、院内のことに詳しいため、武良井の院内捜査の情報源になることも。武良井とは、交番内で隠れてお酒を飲む仲。

でんでんさんの、フジテレビ連続ドラマ作品への出演は『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(2020年)以来、約3年半ぶりのこととなります。

『院内警察』は、2024年1月12日(金)スタート!毎週金曜21時より、フジテレビで放送されます。

<さとうほなみ コメント>

病院内で起こっていることが次々と暴かれていく。原作を拝見して、とても面白いと感じました。ミステリアスでありながらポップである。すてきな作品です。

原作での尼子は、登場からなんというか…衝撃的で(笑)。 彼女もまたミステリアスでありながら、愛らしさを兼ね備えている女性。

そして、なぜかなんでも知っている。しれっと空気をかき乱すような尼子が演じられたらと思っております。

<玄理 コメント>

台本を読み、父の危篤の知らせを受けて病院に駆け込んだときを思い出しました。

五分前に息を引き取った父の遺体の隣の部屋では、看護師さんたちがいつもと変わらない夕食休憩をとっていました。

あの日の不思議な感嘆が忘れられません。当時、全身で受け止めても敵わなかった死の存在。それが、毎日のように訪れる彼らの仕事にずっと尊敬と興味を抱いています。

この作品に出てくる人物の多くは、人を救うことで自分を救ったり許したりしているのかもしれません。そんな阿栖暮病院の一員になれたことがうれしいです。今の自分に必要な作品かもしれないと思いました。

最初の顔合わせのとき、監督が「萌子は、上昇思考が強い人」と言っていたのが印象的で、きっとそれは裏を返せば、上條萌子は、実は誰よりも誠実で真面目な医師。そう生きるしかなかった彼女の内面と葛藤に誰よりも寄り添いたいです。

<馬場ふみか コメント>

小さなころから医療ドラマが大好きで、その中でも特に麻酔科医の役柄にひかれることが多く、憧れていたので今回麻酔科医の役を演じることができるのがうれしかったです。

たくさんの方が登場される作品なので、みなさんと現場でご一緒できるのが楽しみです。 医療ドラマでもなく、刑事ドラマでもなく、どちらの面白さももつこの作品は、とても新鮮に感じました。

白石葵は、麻酔科医で、看護師である白石日向の姉です。愛情深く、とても日向を大事に思っている印象です。

<工藤美桜 コメント>

医療ドラマで看護師を演じることに憧れがあったので、出演することが決まってすごくうれしかったです。

原作を読ませていただいて、初めて院内警察、院内交番というシステムがあるのを知りました。病院内で起こった事件を解決するにあたり、思わず涙してしまうお話があったり、ハラハラするようなお話があったり…面白くて一気に読んでしまいました!

病院内でのさまざまなことが謎に包まれているので、それをどうドラマで描いていくのか、視聴者の方と同じく私自身もすごく楽しみです。

私が演じる白石日向は、患者さん一人ひとりにしっかり向き合い、責任感が強く、心やさしい看護師です。繊細に揺れ動く感情を、しっかり演じられるように頑張ります。

<西村元貴 コメント>

実は、医師役をやってみたいと周りに話していた矢先にオファーをいただき、驚きとうれしさでひとり興奮していたことを今でも鮮明に覚えています。

それぞれの人間模様が丁寧に描かれており、スタッフ、キャストのみなさまと形にしていくことがとても楽しみです。

まず、「院内交番」という院内の”駆け込み寺”的な組織が実在することに驚きました。そしてそこで繰り広げられる、患者さんと院内スタッフの物語がとても魅力的で、それぞれのキャラクターの抱えている思いだったり、弱さだったりもすてきに描いている作品です。

僕が演じる伊藤という役は、心やさしい愛されキャラ。少し臆病な一面もありますが、重厚なミステリーの中の、ほっこり癒し担当として、みなさまにかわいがっていただけるように演じたいと思います!

<神尾佑 コメント>

桐谷さんをはじめ、初めて共演の方がたくさんいらっしゃるのでとてもワクワクしています。 院内交番という、今までにない切り口の物語で自分がどう関わっていくのか楽しみです。

考えてみると、医者の役をいただくのは久しぶりなんです。以前は、医者と刑事の役を交互にやっていたような時期もありましたが(笑)。

倉田という医師は、正直最初のセリフで「あぁ、こいつ何かやってんな」とわかりました(笑)。何をやってんのか、楽しみです!

<でんでん コメント>

患者役ということで、自分の入院歴を思い出してみました。ダイナミックな履歴ではないですが、この役には少々自信があります。

喉のポリープ、鼠径(そけい)ヘルニア(いわゆる脱腸)、白内障(水晶体がガラスになったので、私の目はたまにキラリと光ります)。ついでに、入歯も2個入れました。

年齢的に、通院はよくします。お医者さん、看護師さんへの感謝の気持ちは忘れません。今回のドラマに通じるものがあります。

ただ、私の役の病名はまだわかっていません。今の芝居の作りでいいのでしょうか?そして、主役の桐谷健太さんは、なぜか森の匂いがして落ち着きます。

みなさん、コタツに入って、ほんわかしながら見てください。面白いですよ!

<番組概要>

『院内警察』

放送日時:2024年1月12日(金)21時~スタート(初回15分拡大)!毎週金曜21時~

出演:

桐谷健太

瀬戸康史

長濱ねる

さとうほなみ

玄理

馬場ふみか

工藤美桜

西村元貴

神尾佑

でんでん

市村正親

ほか

原作:「院内警察 アスクレピオスの蛇」酒井義(原作)、林いち(漫画)

(秋田書店『ヤングチャンピオン』連載)

脚本:

天本絵美(『ブスと野獣』『世にも奇妙な物語』ほか)

諸橋隼人(『テッパチ!』『アイゾウ 警視庁・心理分析捜査班』『世にも奇妙な物語』ほか)

相馬光(『リズム』『世にも奇妙な物語』『教祖のムスメ』ほか)

音楽:馬瀬みさき

編成企画:日高峻(映画「マスカレード・ホテル」「マスカレード・ナイト」ほか)

プロデュース:中村亮太(『世にも奇妙な物語』ほか)

演出:

石川淳一(『リーガル・ハイ』シリーズ、『フラジャイル』『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』ほか)

木村真人(『ウソ婚』『純愛ディソナンス』『推しの王子様』ほか)

北坊信一(『ばらかもん』『忍者に結婚は難しい』ほか)

制作:フジテレビ

制作著作:共同テレビ

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/innai_keisatsu/

公式X(Twitter):https://twitter.com/innai_keisatsu

公式Instagram:https://www.instagram.com/innai_keisatsu/

公式TikTok:https://www.tiktok.com/@innai_keisatsu

PICK UP