『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』中島颯太らキャスト発表

公開: 更新: フジテレビュー!!
『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』中島颯太らキャスト発表

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』の豪華キャストが発表されました。

2024年1月より、原田泰造さん主演、土ドラおっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』(東海テレビ・フジテレビ系)が放送されます。

<原田泰造主演で『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』連続ドラマ化>

原作は、練馬ジムさんによる、国内累計閲覧数5600万回以上の話題作(2023年11月末時点)。

実写化希望の声多数の、LINE マンガの超人気作「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」=通称「おっパン」が、ついに連続ドラマ化されます!

家族からも嫌がられる、古い価値観を持ったカタブツの「おっさん」=沖田誠(原田)が、とあるゲイの青年との出会いによって、これまでの「自分の常識」をどんどんアップデート。

愛する家族を理解するため、昭和のおっさんの新常識へのアップデート大作戦が始まります。

昭和のおっさんは、令和にアジャストできるのか!?そして、愛する家族の信頼を再び勝ち取ることはできるのでしょうか!?

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン
原田泰造

このたび、中島颯太FANTASTICS)さん、城桧吏さん、大原梓さん、松下由樹さん、富田靖子さんの出演が発表されました。

番組プロデューサーは「人気マンガの映像化だからこそ、生身の人間として生きた時にリアルな心情を表現できるキャストにお願いをした。現状考えられるベストの布陣がそろった」とコメント。

脚本を担当する、藤井清美さんも「顔合わせでの本読みで、このドラマに向かうスタッフ・キャスト陣の熱意を感じました。原作漫画の面白さをドラマという形でお届けしたいという思いに加え、『変わっていく世界に自分自身も向き合おう』とする熱量だったと思っています。」と、今回そろった個性豊かなキャスト陣に太鼓判を押しています。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』は、2024年1月6日(土)スタート!毎週土曜23時40分より、東海テレビ・フジテレビ系で放送されます。

<役どころ紹介>

五十嵐大地(21)…中島颯太

沖田誠(原田)のアップデートを手助けするゲイの青年。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン
中島颯太

中島颯太 コメント>

演技にすごく興味を持っているなかでいただいたお話で、とてもうれしかったです。

いろんな人のいろんな形の”好き”を肯定するお話。『おっパン』を見ると誰のことも温かく愛することができると思います!

大地くんは、さまざまな葛藤を乗り越え、周りにいる人全員をとことん愛し、明るく前向きに進んでいく青年です。僕も演じながら大地くんに勇気をもらっています! 

見る前と見たあとでは、全然違う世界につながるようなドラマだと思いますので、原田さん演じる誠さんと一緒にアップデートしながら、ときにはクスッと笑い、楽しんでもらえるとうれしいです!

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン
『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

沖田翔(17)…城桧吏

沖田誠(原田)の息子で、引きこもり中の長男。

男らしさよりかわいいものが好きで、自分自身が何者かにも悩んでいる。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン
城桧吏

城桧吏 コメント>

僕が演じる沖田翔は、初めて出会うキャラクターだったので、少し不安はありましたが、新しい自分の発見もありそうで楽しみでもありました。

翔は、あるときから引きこもりですが、自分の好きをしっかり貫ける芯
がある子で、尊敬できるし応援もしたくなります。そして、世の中に認められてほしい存在だなと思いました。

人のために自分の好きなことや、内面や外見まで変えることはしなくていいし、どんな自分でも自信を持っていいということを、見てくださる方に感じていただけたらと思います。

翔が自分の思いを人に伝えて行く場面、話を通して変わっていく翔にも注目して見ていただきたいです。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン
『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

沖田萌(20)…大原梓

沖田誠(原田)の娘。

二次元をこよなく愛し、自らも同人誌を描く腐女子ガチ勢。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン
大原梓

<大原梓 コメント>

出演が決まったときは、とてもうれしかったです。 私自身、漫画原作の作品でメインキャストとして参加させていただくのが初めてなので、とても新鮮でワクワクした気持ちです。

私が演じさせていただく萌は、自分の世界観をすごく大切にしていて、魅力的なキャラクターだと感じています。

作中にはいろんな価値観や個性を持ったキャラクターが出てきます。今まで自分の人生になかった価値観や個性と対峙すると、最初は抵抗や偏見があるかもしれませんが、関わってみて初めて「これは自分が決めつけていただけだったのか」と気づくことがあると思います。

そういった気づきのきっかけになれば、うれしいです。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン
『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

五十嵐美穂子(51)…松下由樹

獣医師。

ゲイの息子を受け入れ、ともに歩んできたシングルマザー。誠の凝り固まった偏見を、獣医師としての知識も使い、わかりやすく解きほぐす。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン
松下由樹

<松下由樹 コメント>

原作も脚本も面白く、原田さん演じる「おっさん」のアップデートしていく姿は、ハラハラドキドキしながらもユーモアがあって面白いです。

私の役柄は難しくもありますが、息子に寄り添いながら母として愛情を
持ち、親子ともにアップデートしていく姿を演じてみたいと思います。

それぞれがもがきながらも明るく前向きなドラマになると思います。原作とは一味違うドラマ版『おっパン』を楽しんでほしいです。

中島颯太くんも息子の大地も本当に良い子です!中学生のときに映画出演で出会ってから、40年ぶり!?富田靖子さんとの共演も個人的に大変うれしいです!

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン
『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

沖田美香(51)…富田靖子

誠の妻。

カタブツの夫の言動には、もはやあきらめの境地にいる。「昔はここまで頑固じゃなかった」とも思っている美香だが、最近はオーディション番組からデビューした男性アイドルグループに首ったけ!

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン
富田靖子

<富田靖子 コメント>

「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」なんて、なんて文字数の多いタイトルなんだぁ!と、原作を読み始めました。カラフルな可愛い装丁の本でした。

しかしながら、笑いに包まれながらも、忘れちゃいけないこと、大切にしなきゃいけないことが散りばめられていました。

あっという間に、沖田誠さん(お父さん)の奮闘ぶりに感動し、現在、沖田誠さんの妻、沖田美香役で奮闘中です!

楽しく、胸熱な作品になるよう、丁寧に大胆に取り組みたいと思います。

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン
『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

<人物相関図>

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』人物相関図

<藤井清美(脚本)コメント>

主人公・沖田誠は、困った人でありながらもどこか愛らしいという、矛盾した人物です。原田泰造さんの演技は、まさにその両方を柔軟に行き来します。

中島颯太さんは、心の中に持ったまっすぐさが大地とそっくり。城桧吏さんの繊細な表情は、翔の複雑な心情に寄り添い、大原梓さんの気遣いや明るさはまさに萌ちゃん。

松下由樹さんは、原作にはない場面がとても楽しみですし、富田靖子さんは、原田さんへの信頼が役柄に可愛らしさと深みを与えています。

原作漫画を読んだとき、「世界が変わっていきつつあるのはわかっているけど、自分がどうすればいいかわからない」と感じている中年男性の気持ちを、痛烈でありながらコミカルに、そして同時に繊細に描いていることに惹かれました。

そのとき感じた「ぜひドラマ化して、生身の俳優さんたちに演じてほしい!」という願いが実現します。

『アップデート』は難しいことではない、ただ目の前の人の気持ちに敏感になること——なんじゃないかと、脚本を書いていて思いました。

このドラマを多くの方がご覧になって、ちょっと自分と周りの人を労(いた)わる気持ちになれるとうれしいです。

<ストーリー>

古い常識・偏見で凝り固まったひとりの中年男・沖田誠(51)。

妻の美香(富田靖子)、娘の萌(大原梓)からは「堅物」と嫌われ、会社でも部下に疎まれ、最近では飼い犬のカルロス(こまち)にまで無視される始末。だが、彼は彼なりに自分の信じる道を突き進んできた。それが「たった一つの正解」だと信じて――。

そんな誠に転機が訪れる。高校生の息子・翔(城桧吏)が、3ヵ月前から引きこもってしまったのだが、家に連れてきた友人・五十嵐大地(中島颯太)がゲイだとわかり、誠は反射的に大地を否定してしまったのだ。

大地は、美香の友人の獣医師・五十嵐美穂子(松下由樹)の息子だった。大切な友人にひどい言動を浴びせた誠に、息子の翔が悲しく言う。

「僕は……お父さんみたいな人には、絶対なりたくない!!」

翔の言葉にショックを受ける誠。家族がいるから、満員電車にも日々の仕事にも踏ん張れた。なのに…落ち込む誠に、大地がある提案をする。

「お父さん、俺と友だちになれませんか?」

偏見だらけのアラフィフのおっさんに、二回り以上年下のゲイの友だちができたことで、おっさんの「常識」がアップデートされていく!

推し活にいそしむ妻、腐女子ガチ勢な娘、かわいいものが好きな息子…さらには、メンズブラを愛する部下、コスプレが好きな清楚系女子、セーラー服のおじさんなどなど、誠は自分の常識を超える人々と次々に遭遇していくことに!

はたして誠は、それぞれの好きを理解し、家族の、そして部下たちの信頼を勝ち取るこ
とができるのか!?

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のシーン

<番組概要>

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』(全11話)

放送日時:

2024年1月6日(土)スタート!毎週土曜23時40~

企画:市野直親(東海テレビ)

原作: 「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」

練馬ジム (LINE マンガ)

脚本:藤井清美(『ウツボカズラの夢』『准教授・高槻彰良の推察』シリーズ ほか)

音楽:鈴木ヤスヨシ

演出:二宮崇 室井岳人 加治屋彰人

プロデューサー:松本圭右(東海テレビ) 古林都子(The icon)  渋谷未来(The icon)

制作:東海テレビ The icon

(敬称略)

PICK UP