栗山千明『大奥』で木曜劇場に初出演!大奥総取締役の松島の局役

公開: 更新: フジテレビュー!!
栗山千明『大奥』で木曜劇場に初出演!大奥総取締役の松島の局役

『大奥』に、栗山千明さんが出演します。

2024年1月18日スタートの木曜劇場は、小芝風花さんが主演を務める『大奥』。

<2024年1月期の木曜劇場は小芝風花主演『大奥』!約20年ぶりに連ドラシリーズ復活>
<亀梨和也『大奥』で時代劇初挑戦!数奇な運命に翻弄される第10代将軍・徳川家治役>
<西野七瀬『大奥』に出演!主人公・倫子(小芝風花)の一番の味方・お品役>
<森川葵『大奥』に出演!主人公・倫子(小芝風花)をとことん追い込み大奥の洗礼を浴びせるお知保役>
<宮舘涼太『大奥』に出演!徳川家治(亀梨和也)のライバル・松平定信役>

2003年に初めてフジテレビで『大奥』が放送されてから20年以上のときを経て、新たな令和版『大奥』が誕生します。

小芝さんは、徳川家治(とくがわ・いえはる/亀梨和也)と愛のない政略結婚を強いられた主人公・五十宮倫子(いそのみや・ともこ)を演じ、本作でフジテレビ制作のドラマ初主演を果たします。

名だたる俳優が主演を務めた『大奥』シリーズ。小芝さんがバトンを受け継ぎ、フジテレビの連続ドラマとして、『大奥~華の乱~』(2005年)以来、約20年ぶりに復活。

本作は、さまざまな人間の思惑、嫉妬、憎悪、悲哀が渦巻く“女の社会の縮図=大奥”で、たった一つの愛を得ようともがく女たちの闘いを描きます。

2019年に『大奥』シリーズの完結作として放送されたフジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』以来、約5年ぶりに、より一層進化を遂げ、儚(はかな)いラブストーリーとして帰ってきます。

ときは江戸中期、景気は悪化の一途をたどり、日本国民は質素、倹約、勤労の日々を強いられていました。格差は広がるばかりで、人々はこの景気を改善し、国と国民を豊かにしてくれる将軍の登場を待ちわびます。

そんななか、倫子は第10代将軍・徳川家治(とくがわ・いえはる/亀梨和也)との政略結婚を強いられ、京から江戸城本丸の裏にある大奥へ渡ると、そこには1000人近くにもおよぶ将軍に仕える女性たちが。

たった一人の天下人の寵愛(ちょうあい)を受けるべく、女たちの熾烈(しれつ)な戦いの火蓋(ひぶた)が切られます。そのころ、大奥を、江戸幕府を、混乱の渦に陥れようと、ある人物が陰謀を企てていて――。

<視聴者の反応をどのくらい気にする?フジテレビ編成担当が明かす本音>

大奥に身を置く女性たちの頂点、松島の局役

このたび、栗山千明さんの出演が発表されました。

栗山さんが演じるのは、大奥の女性たちを束ねる重役・大奥総取締役である松島の局(まつしまのつぼね)。

栗山千明『大奥』で木曜劇場に初出演!
栗山千明

公家の娘で、徳川家重(とくがわ・いえしげ)の嫡男・家治の教育係でしたが、その後、将軍付き上臈御年寄となり大奥を取り仕切る大奥総取締役にまで上り詰めた実力者。

大奥総取締役は、“表”である幕政にも影響力を持ち、幕政をつかさどる老中の人事にまで口出しができたという、当時のキャリア女性のトップ中のトップにあたります。

松島は、権力をほしいままにするため、側用人・田沼意次(たぬま・おきつぐ)と手を組み、“ある計画”を目論(もくろ)んでいて…。

栗山さんは、木曜劇場に初出演。また、主演の小芝さんとは『HEAT』(2015年/カンテレ・フジテレビ系)以来、約8年半ぶりの共演となります。

木曜劇場『大奥』は、2024年1月18日(木)スタート!毎週木曜22時より、フジテレビで放送されます(初回75分スペシャル)。

<栗山千明 コメント>

――本作への出演が決まったときは、どう思いましたか?

言葉遣いや所作など、私に務まるのかという不安もありますが、大奥という煌(きら)びやかな世界を体験できることを楽しみに思いました。

――『大奥』という作品の印象は

華やかな一方、いろんな思惑が絡み合う人間関係を描いている印象です。

――栗山さん演じる松島の局は、どんなふうに演じようと思っていますか?

松島の局には、大奥総取締役としての風格や貫禄が必要だと感じていますので、堂々と凜(りん)とした立ち振る舞いを心がけながら演じたいと思っています。

また、小芝さん演じる倫子を追い詰めていく役どころなので、見てくださる方々に嫌われる覚悟で精一杯(いっぱい)務めたいと思います。

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

大奥らしい“女の戦い”だけではなく、キュンとなるかわいらしい恋心や、切ない思い、親子の愛なども、きちんと描かれているストーリーになっています。新しい大奥を、ぜひお楽しみにしていてください。

<安永英樹(企画)コメント>

主人公の前に立ちはだかる“大奥総取締役”はまさにもう一つの大奥の“顔”。大奥という組織の個性は、大奥総取締役の個性が大きな役割を占めると思います。

栗山さんが持つクールなビジュアルは、牢獄(ろうごく)である大奥の厳しさと恐ろしさを体現する松島の局のイメージと合致します。

江戸時代に権力を持つ男たちと向こうを張って、大奥を取り仕切った女性の姿を、ぜひご覧いただければと思います。

<番組概要>

木曜劇場『大奥』

放送日時:2024年1月18日(木)スタート!毎週木曜22時~(初回75分スペシャル)

出演:

小芝風花 

亀梨和也

西野七瀬

森川葵

宮舘涼太

栗山千明

ほか

脚本:大北はるか

企画:安永英樹

プロデュース:

和佐野健一

清家優輝

出井龍之介

庄島智之

演出:

兼﨑涼介

林徹

二宮崇

柏木宏紀

ほか

制作協力:ファインエンターテインメント

制作著作:フジテレビジョン 東映

(敬称略)

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/ohoku2024/

公式X(旧Twitter):https://twitter.com/ohoku_fujitv

公式Instagram:https://www.instagram.com/ohoku_fujitv

PICK UP