新春映画まつり!映画「Dr.コトー診療所」「イチケイのカラス」放送

公開: 更新: フジテレビュー!!
新春映画まつり!映画「Dr.コトー診療所」「イチケイのカラス」放送

映画「Dr.コトー診療所」、映画「イチケイのカラス」が、本編ノーカットで地上波初放送されます。

フジテレビでは、連続ドラマ『Dr.コトー診療所』シリーズの映画「Dr.コトー診療所」(2022年)を、2024年1月3日(水)21時より、連続ドラマ『イチケイのカラス』(2021年)の映画「イチケイのカラス」(2023年)を、2024年1月6日(土)21時より、本編ノーカットで地上波初放送。

これを記念して、2024年1月2日(火)、3日(水)に連続ドラマ『Dr.コトー診療所2006』(2006年)を、12月27日(水)~31日(日)に連続ドラマ『イチケイのカラス』、2024年1月6日(土)に特別番組『イチケイのカラス スペシャル』(2023年)をそれぞれ再放送(関東ローカル)します。

16年ぶりに復活した『Dr.コトー診療所』孤島に生きたひとりの医師の行く末は――

山田貴敏さんの同名漫画を原作とした『Dr.コトー診療所』は、2003年7月期に初放送され、続編『Dr.コトー診療所2006』とともに大ヒットを記録。

東京から僻地の離島に赴任してきた主人公、外科医“Dr.コトー”こと五島健助(ごとう・けんすけ)を演じる吉岡秀隆さん、診療所を支える看護師であり、コトーの妻となった五島彩佳(ごとう・あやか)を演じる柴咲コウさん、そして時任三郎さん、大塚寧々さん、大森南朋さん、朝加真由美さん、泉谷しげるさん、筧利夫さん、小林薫さんという名優たちが織りなす医療ヒューマンドラマです。

映画では、一度は俳優を引退した富岡涼さんが本作のためだけに復帰、また診療所にやってくる新米医師に髙橋海人さん、彩佳の背を追う看護師として生田絵梨花さんが新たに加わり、歴史ある「コトー」の世界に新たな風を吹き込みました。

放送から16年、世界はめまぐるしく変化するなか、ときを経て変わるもの、変わらないもの、そして何よりも尊い人と人とのつながりを丁寧に大切に描きます。

民放連続ドラマ初!「刑事裁判官」を主人公とした爽快リーガルドラマを映画化

浅見理都さんの同名漫画を原作とした『イチケイのカラス』は、2021年4月期の月9ドラマとして放送され、人気に。

東京地方裁判所第3支部第1刑事部「通称:イチケイ」を舞台に、伝家の宝刀「職権発動」 (※)を駆使し、ひとつひとつの事件に粘り強く向き合う、自由奔放で型破りなくせ者裁判官・入間みちお(いるま・みちお)を演じる竹野内豊さん、みちおとは対照的な、東大法学部出身で立身出世のために努力を惜しまない超ロジカルなエリート裁判官・坂間千鶴(さかま・ちづる)を演じる黒木華さんを中心に、新田真剣佑さん、山崎育三郎さん、桜井ユキさん、水谷果穂さん、小日向文世さんら個性豊かなイチケイメンバーの活躍をコミカル&ビターに描いた爽快リーガルエンターテインメントドラマです。

※注釈)職権発動…刑事訴訟法128条【検証】に基づき、事実発見のために必要な時は裁判所主体で検証を行うことができる。

映画では、斎藤工さん、柄本時生さん、西野七瀬さん、田中みな実さん、平山祐介さん、津田健次郎さん、八木勇征さん、尾上菊之助さん、宮藤官九郎さん、吉田羊さん、向井理さんら豪華俳優陣が集結。

坂間が裁判官の他職経験制度を利用し、弁護士として登場。法廷でまさかの“裁判官・入間VS弁護士・坂間”の対決が勃発!?

映画「イチケイのカラス」は、国を揺るがすふたつの事件に隠された真実に迫ります。はたして、みちおは正しい判決を下すことができるのでしょうか!?

新春映画まつり!映画「Dr.コトー診療所」「イチケイのカラス」放送

<映画「Dr.コトー診療所」あらすじ>

日本の西の端にぽつんと在る美しい島・志木那島。本土からフェリーで6時間かかるこの絶海の孤島に、19年前東京からやってきた五島健助=コトー(ごとう・けんすけ/吉岡秀隆)。

以来、島に“たったひとりの医師”として、島民すべての命を背負ってきた。長い年月をかけ、島民はコトーに、コトーは島民に信頼をよせ、今や彼は、島にとってかけがえのない存在であり、家族となった。数年前、長年コトーを支えてきた看護師の星野彩佳(ほしの・あやか/柴咲コウ)と結婚し、彩佳は現在妊娠7ヵ月。もうすぐ、コトーは父親になる。

コトーは、彩佳、和田一範(わだ・かずのり/筧利夫)、そして新米医師の織田判斗(おだ・はんと/髙橋海人)、そして数年前から診療所に勤める島出身の看護師・西野那美(にしの・なみ/生田絵梨花)とともに診療所を切り盛りしていた。

しかし、2022年、日本の多くの地方がそうであるように、志木那島もまた過疎高齢化が進んでいる。財政難にあえぐ近隣諸島との医療統合の話が持ち上がり、コトーに島を出て拠点病院で働かないかとの提案が。そうなれば、コトーは長年暮らした島を出て行くことになる。それが島の未来のためになると理解しながらも、コトーは返事をできずにいた。

そんな折、島に近づく台風。毎年多くの台風の通り道となっている志木那島だが、想像を超える被害がもたらされているという話が役場に入ってくる。

次々と診療所に運び込まれる急患。限られた医療体制で対応を強いられる診療所は野戦病院と化す。そして再び、コトーたちは“家族”である島民たちのやさしさと人の命の尊さに向き合い葛藤することになる。

<映画「イチケイのカラス」あらすじ>

入間みちお(いるま・みちお/竹野内豊)が、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)を去って2年。

岡山に異動したみちおが担当することになったのは、主婦が史上最年少防衛大臣・鵜城英二(うしろ・えいじ/向井理)に包丁を突きつけたという傷害事件。

事件の背景には、不審点だらけのイージス艦と貨物船の衝突事故があった。だがイージス艦の航海内容は全て国家機密で、みちおの伝家の宝刀「職権発動」が通用しない難敵…。

一方、坂間千鶴(さかま・ちづる/黒木華)は、裁判官の「他職経験制度」で弁護士に。配属先は奇しくもみちおの隣町…。そこで出会った人権派弁護士・月本信吾(つきもと・しんご/斎藤工)とバディを組み、人々の悩みに寄り添う月本に、次第に心惹かれていく…。

そんななか、町を支える地元大企業のある疑惑が浮かび上がる。

<番組概要>

映画「Dr.コトー診療所」

放送日時≫:2024年1月3日(水)21時~

出演:

吉岡秀隆、柴咲コウ

時任三郎、大塚寧々、髙橋海人(King & Prince)、生田絵梨花、

蒼井優、神木隆之介、伊藤歩、堺雅人、

大森南朋、朝加真由美、富岡涼、泉谷しげる、筧利夫、小林薫

監督:中江功

脚本:吉田紀子

原作:山田貴敏「Dr.コトー診療所」

音楽:吉俣良

主題歌:中島みゆき『銀の龍の背に乗って』(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)

(敬称略)

『Dr.コトー診療所2006』(再)

放送日時:

#1~2 2024年1月2日(火) 7時~

#3~5 2024年1月2日(火)12時~

#6~10 2024年1月3日(水)7時~

#11 2024年1月3日(水)12時~13時20分

※関東ローカル

出演:吉岡秀隆、柴咲コウ、時任三郎、大塚寧々、蒼井優、泉谷しげる、筧利夫、小林薫 ほか

脚本:吉田紀子

プロデュース:中江功、増本淳、塚田洋子

演出:中江功

主題歌:中島みゆき「銀の龍の背に乗って」(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)

制作:フジテレビ

原作:山田貴敏「Dr.コトー診療所」(ビッグコミックオリジナル)

(敬称略)

公式HP:https://coto-movie.jp/index.html

公式X(旧Twitter):https://twitter.com/coto_movie

公式Instagram:https://www.instagram.com/coto_movie/

映画「イチケイのカラス」

放送日時:2024年1月6日(土)21時~

出演:

竹野内豊、黒木華、

斎藤工、山崎育三郎、柄本時生、西野七瀬、田中みな実、

桜井ユキ、水谷果穂、平山祐介、津田健次郎、八木勇征、

尾上菊之助、宮藤官九郎、

吉田羊、向井 理、小日向文世

原作:浅見理都「イチケイのカラス」(講談社「週刊モーニング」)

監督:田中亮

音楽:服部隆之

脚本:浜田秀哉

(敬称略)

『イチケイのカラス』(再)

放送日時:

#1 12月27日(水)  13時50分~

#2~3 12月28日(木) 13時50分~

#4 12月29日(金) 13時50分~

#5~6 12月30日(土) 14時45分~

#7~11 12月31日(日) 12時~

※関東ローカル

出演:

竹野内豊、黒木華、新田真剣佑、山崎育三郎、桜井ユキ、水谷果穂 ・ 中村梅雀、升毅、草刈民代 ・ 小日向文世 ほか

脚本:浜田秀哉

音楽:服部隆之

プロデュース:後藤博幸、有賀聡(ケイファクトリー)、橋爪駿輝

編成企画:高田雄貴

演出:田中亮、星野和成、森脇智延、並木道子

制作協力:ケイファクトリー

制作・著作:フジテレビ

原作:浅見理都「イチケイのカラス」(講談社モーニングKC刊)

(敬称略)

『イチケイのカラス スペシャル』(再)

放送日時:2024年1月6日(土)15時~※関東ローカル

出演:竹野内豊、黒木華 ・ 中村アン、堀田真由、髙橋優斗(HiHi Jets)、宮世琉弥、渡邉美穂、吉沢悠、北村一輝 ・ 中村梅雀、板谷由夏 ・ 升毅、草刈民代、小日向文世 ほか

脚本:浜田秀哉

音楽:服部隆之

プロデュース:高田雄貴、古郡真也(FILM)

演出:森脇智延(FILM)

制作・著作:フジテレビ

原作:浅見理都「イチケイのカラス」(講談社モーニングKC刊)

(敬称略)

公式HP:https://ichikei-movie.jp/

公式X(旧Twitter):https://twitter.com/ichikei_cx

公式Instagram:https://www.instagram.com/ichikei_mimamoru/

フジテレビ映画公式HP:https://www.fujitv.co.jp/movie/

フジテレビ映画公式X(旧Twitter):https://twitter.com/fujitv_movie

PICK UP