JO1 初単独ドーム公演レポ!全31曲の大ボリュームを全曲生バンド編成で魅了【メンバーコメントあり】

公開: 更新: フジテレビュー!!
JO1 初単独ドーム公演レポ!全31曲の大ボリュームを全曲生バンド編成で魅了【メンバーコメントあり】

11月25日、京セラドーム大阪にて、JO1の初単独ドーム公演「2023 JO1 2ND ARENA LIVE TOUR ‘BEYOND THE DARK:RISE in KYOCERA DOMEOSAKA’ 」の2日目が開催され、8月から全国を巡ってきたツアーを締めくくりました。

<【写真11枚】この記事の写真を見る>

これまで、全国ツアー全ての公演チケットが完売。追加公演として行われた念願の単独ドーム公演も満員となり、ライブツアーは延べ約20 万人の観客を動員しました。

2020年3月のコロナ禍でのデビューから、3年8ヵ月を経てステージに立ったメンバーの強い思いとファンとの絆が合わさったステージとなりました。その最終日の京セラドーム大阪でのライブをレポートします。

11月25日、京セラドーム大阪にて、JO1の初単独ドーム公演「2023 JO1 2ND ARENA LIVE TOUR ‘BEYOND THE DARK:RISE in KYOCERA DOMEOSAKA’ 」の2日目が開催
©LAPONE Entertainment

オリジナリティあふれる高難度のパフォーマンスで観客を魅了

定刻になると、ライブのタイトル「BEYOND THE DARK」を象徴するオープニング映像が流れ期待が高まります。

11月25日、京セラドーム大阪にて、JO1の初単独ドーム公演「2023 JO1 2ND ARENA LIVE TOUR ‘BEYOND THE DARK:RISE in KYOCERA DOMEOSAKA’ 」の2日目が開催
©LAPONE Entertainment

大迫力の幕開けは、JO1の代表曲「SuperCali」。そして、年末の「第65回輝く!日本レコード大賞」で優秀作品賞に選出されている「Trigger」では白岩瑠姫さんがシャウトし、会場はいっきにヒートアップ。

11月25日、京セラドーム大阪にて、JO1の初単独ドーム公演「2023 JO1 2ND ARENA LIVE TOUR ‘BEYOND THE DARK:RISE in KYOCERA DOMEOSAKA’ 」の2日目が開催
©LAPONE Entertainment
11月25日、京セラドーム大阪にて、JO1の初単独ドーム公演「2023 JO1 2ND ARENA LIVE TOUR ‘BEYOND THE DARK:RISE in KYOCERA DOMEOSAKA’ 」の2日目が開催
©LAPONE Entertainment
11月25日、京セラドーム大阪にて、JO1の初単独ドーム公演「2023 JO1 2ND ARENA LIVE TOUR ‘BEYOND THE DARK:RISE in KYOCERA DOMEOSAKA’ 」の2日目が開催

さらに9月にリリースした3rd ALBUM「EQUINOX」から「Fairytale」を初披露。「SuperCali」のファンタジックで怪しげな世界観の続編を思わせるような、芸術的で独特な群舞がインパクト抜群。

11月25日、京セラドーム大阪にて、JO1の初単独ドーム公演「2023 JO1 2ND ARENA LIVE TOUR ‘BEYOND THE DARK:RISE in KYOCERA DOMEOSAKA’ 」の2日目が開催
©LAPONE Entertainment

途中、豆原一成さんがロウソクを吹き消す仕草をすると、一気に火柱が巻き起こる演出も。続く川尻蓮さんと白岩さんのユニットパフォーマンス「Fairytake Epilogue」では、ダンサーを引き連れ赤い紐を使用した猟奇的なオリジナルダンスで鮮烈な印象を残します。

木全翔也さん、大平祥生さん、鶴房汐恩さんは、今回のツアーのために自分たちで制作したオリジナル曲「We Can Fly」を花道を駆け回りながら歌唱。「Run&Go」では、メンバー同士が肩を組んで歌う様子もあり、メンバーの絆が垣間見られました。

「NEWSmile」では、チャーミングな“えくぼダンス”を会場のJAM(ファンの愛称)も一緒に踊ります。

その後は、ラジカセデッキ型のトロッコに乗って会場を回り、11月17日に公開されたばかりの映画「 OUT」の主題歌「HIDEOUT」、「RadioVision」をJAMとコミュニケーションを取りながら歌唱しました。

11月25日、京セラドーム大阪にて、JO1の初単独ドーム公演「2023 JO1 2ND ARENA LIVE TOUR ‘BEYOND THE DARK:RISE in KYOCERA DOMEOSAKA’ 」の2日目が開催
©LAPONE Entertainment

トロッコ上からは、それぞれがサインボールを客席に投げ、元高校球児の川西拓実さんは、力強く遠くまで投げる様子も。ドームで初ライブ披露となったユニット曲「Itty Bitty」では、川尻さん、白岩さん、川西さん、木全さん、大平さん、豆原さんがキレキレのダンスで魅了。

ここからさらに、世界的アーティストのR3HABとのコラボで話題、アジアツアーで披露し反響を呼んでいる「Eyes On Me(feat.R3HAB)」を国内初披露。カメラアピールで会場を沸かせ、ドーム全体がダンスフロアと化しました。

アンコールでは、気球型バルーンに乗ってたっぷりファンサ

與那城奨さん、河野純喜さん、金城碧海さんのメインボーカル3人で歌ったのは「Voice(君の声)」。実直で繊細な歌声に大きな拍手が巻き起こりました。そして大平さんが「JAMのおかげで今のJO1があります。JAMが苦しいとき、つらいとき、僕たちJO1が支えさせてください」と伝え、遅くてもいい、立ち止まってもいい、君はひとりじゃない、という思いが込められているバラード曲「Prologue」を歌い上げ、感動が会場を包みます。

続く「Venus」では、道に迷うことがあってもお互いが光輝く目印であり続けられるようにと、今のJO1がJAMに支えられ闇を越えていく姿をパフォーマンスで力強く証明しました。

11月25日、京セラドーム大阪にて、JO1の初単独ドーム公演「2023 JO1 2ND ARENA LIVE TOUR ‘BEYOND THE DARK:RISE in KYOCERA DOMEOSAKA’ 」の2日目が開催
©LAPONE Entertainment

そして「Itty Bitty」と相反するキャラクターの主人公を歌ったボーカルユニット曲「Mad In Love」も今回ライブ初披露。

與那城さん、河野さん、佐藤景瑚さん、金城さん、鶴房さんの優しく甘い歌声と、お茶目でチャーミングなダンスに観客の口角も思わず上がります。

一転、ワイルドな衣装で登場した川西さん、佐藤さん、豆原さんはドーム公演のために作ったオリジナルラップ曲「Breaking The Rules」を初披露。3人の辿ってきた道や個性を織り込んだリリックに、大歓声が沸きあがります。

さらに「Algorithm」「Walk It Like I Talk It」「Speed of Light」「YOLO konde」と激しいダンスナンバーで畳み掛け、会場のボルテージは最高潮に。

11月25日、京セラドーム大阪にて、JO1の初単独ドーム公演「2023 JO1 2ND ARENA LIVE TOUR ‘BEYOND THE DARK:RISE in KYOCERA DOMEOSAKA’ 」の2日目が開催
©LAPONE Entertainment

ライブ本編は、JAM の掛け声が鳴り響く「Tiger」で締めくくりました。

アンコールでは、6基の大きな気球型バルーンに乗ってメンバーが登場。「We Good」「Touch!」を歌いながら会場を回り、3階やバルコニー席を埋め尽くすJAMたちとも目線を合わせながら、一体となって盛り上がりました。

最後のコメント前には、2024年に大型展覧会が開催されること、同年1月24日に2nd写真集「Unbound」がリリースされることを発表。JAMから大歓声が上がりました。

そして、一人ひとり思いを伝えます…。

メンバー11人からJAMへ感謝のコメント

11月25日、京セラドーム大阪にて、JO1の初単独ドーム公演「2023 JO1 2ND ARENA LIVE TOUR ‘BEYOND THE DARK:RISE in KYOCERA DOMEOSAKA’ 」の2日目が開催
©LAPONE Entertainment

河野純喜
「スタッフ、メンバー、大切な人たちと、この大きな会場を一緒に共有できて、素敵な景色を一緒に見れて本当に幸せです。これからももっともっと頑張って、もっともっといろんな景色をJAMの皆さんと一緒に見に行きたいと思っています。ついてきてくれますか?大好きです」

川西拓実
「足を運んでいただいて、ありがとうございます。JAMの皆さん、いつも支えてくれるスタッフの皆さん、本当に感謝しています。僕とこれからずっと一緒にいるという契約を結んでください。本当に楽しかったです」

豆原一成
「めちゃめちゃ楽しかったです。京セラドーム昔からずっと夢でした。高校1年生のとき、ここにライブを観にきて京セラドームのステージ、絶対立つぞ!と思ってから5年、こうやって皆さんの前に立てていること、本当に嬉しく思います。これからも豆原一成を応援して、JO1を、11人を応援してくれると嬉しいなと思います。絶対また帰ってきます」

金城碧海
「こうやってドームっていう夢に掲げていたステージに立つことができて、自分はやっぱり、JAMのためにここに立ってるし、生きてるんだなと実感しました。絶対このステージで、いやもっと上のステージで会いましょう。これからもJO1、11人で走り抜けていきますので、温かい応援よろしくお願いしま
す」

川尻蓮
「いつもは話すこと考えてるんだけど、今日はいいかな?と思って。だから今真っ白です。なので、思ったことだけを言います。大好きです。気球に乗れたり、トロッコとか、こんなにたくさんの人数と楽しい時間を過ごせるのも、全く俺らの実力じゃない。ベタだけど、本当にみんなのおかげです。これからも一生ついて来てください」

與那城奨
「みんなそれぞれの過程があって、この場に立って11人でパフォーマンスして、そして目の前には僕らを支えてくれるJAMがいて。これって当たり前じゃないっていうのを知っています。これまでの道のり、本当にいろいろなことがありました。オンラインのライブからスタートしたので、直接会える機会
もなかった。でも諦めずにこうやって会いにきてくれた。それがどれだけ幸せで、どれだけ嬉しいことなのか、僕たちは感じてます。だからライブでちょっとでもみんなの不安とかを僕たちが取り除けたら嬉しいです。まだまだ目指すところはたくさんありますので、これからもたくさんの挑戦を僕たちにさせてください。JO1のリーダーやってるけど、JAMがリーダーだよ。みんなが支えてくれてる。ありがとね」

白岩瑠姫
「またすぐ皆さんに会いにいくことを約束します。僕の体がもつ限り、全力で皆さんを幸せにすることを誓います。僕が今日ここに立ってるのも、皆さんにもそれぞれのドラマがあって、夢があって、希望があると思うんですけど、絶対に1回きりの人生、後悔しないように戦ってほしいなと思いますし、その時はいつもJAMの方がそばにいてくれるように、僕たちが、支えになって助けられるような存在でいたいと思っています。これからもお互い支え合って、大切な存在でいましょう。今日すごく幸せをたくさんもらったので、これからもどんどん返せるように頑張っていきます」

木全翔也
「最近、自分のことを客観視しすぎて、一人で落ち込んじゃったり、悩んじゃうことがあったんです。でもリハの時、エンドロールを見たんですよ。そこにはキラキラしてるJO1がいて、その中には自分もキラキラして映っていたんです。それを見て、自分って今幸せ空間にいるんだなと思って。メンバーのみんなもJAMのみんなも、ちょっぴり“かまちょ”でめんどくさい僕ですけど、これからもずっと面倒見ててください。またね」

佐藤景瑚
「僕、甥っ子がいるんですよ。今日初めてライブを観に、ここに来るはずだったんです。でも熱が出ちゃって来られなくて。かっこいい姿見せたかったな〜と思ってすごくショックだったので、今日頑張れるかな〜と思ってしまったんです。でも、みんなのおかげで頑張れることができました。またみんなとも会えると思うし、その時は大好きな甥っ子にもかっこいい姿を見せたいと思います。けいけいって呼ばれてるんですけど、けいけい頑張ったよー!みんなのおかげです。ありがとうございました」

大平祥生
「11人でいろんな思いをこめてここに立っています。みんなそれぞれいろいろあったと思うし、僕もいろんなアーティストさんのライブを観に行っていて。自分もいつか絶対立つぞー!と思っていました。でも、目指しているなかで、途中で予定が白紙になって人生真っ暗になっちゃって、情けなくて。その時はすごく視界が暗くて、濁ったような色をしていて。だから今日のユニット曲(「We Can Fly」)で “モノクロの世界染めていくよ”とか、昔の自分を歌っているなと、いろいろなことを考えていました。みなさん、今僕は夢を叶えた瞬間です。この瞬間を絶対忘れないでください」

鶴房汐恩
「京セラドームに立ててること、光栄に思います。僕は昔から“普通”っていう言葉が一番嫌いで、学生時代も、オーディションでも、JO1でも“変な奴”をやっています。たとえ無理でも、挑戦して失敗したとしても、絶対に一回はやらないとイヤだなと思っていて。叶えられなかったりとかあきらめようとか思っている人、たくさんいると思います。でも俺は、挑戦しない人生は絶対イヤなので、絶対自分の信じた道を進もうと思います。みなさんも人生謳歌して幸せでいてください」

鳴り止まない歓声に応えて登場したダブルアンコールでは、デビュー曲「無限大」を披露。ファンとの時間を最後の最後まで楽しみながら、メンバー同士、広いステージを歌い駆け回ります。

11月25日、京セラドーム大阪にて、JO1の初単独ドーム公演「2023 JO1 2ND ARENA LIVE TOUR ‘BEYOND THE DARK:RISE in KYOCERA DOMEOSAKA’ 」の2日目が開催
©LAPONE Entertainment

全31曲の大ボリュームを全楽曲生バンド編成で行った本公演。最後に11人は、京セラドームの真ん中に集まると、JAMはペンライトを高く掲げ、みんなで一緒に「JO1 We Go to the TOP! 」と元気よく円陣を。新たなステージに向けて力強いスタートを約束する、笑顔溢れるフィナーレとなりました。

<セットリスト>

11⽉25⽇(⼟)於:京セラドーム⼤阪

1:SuperCali
2:Rose
3:Trigger
4:Comma,
5:Fairytale
6:ユニットA「Fairytale Epilogue」by REN&RUKI オリジナル曲/川尻蓮&⽩岩瑠姫ユニット
7:ユニットB「We Can Fly」by SYOYA&SHOSEI&SHION オリジナル曲/⽊全翔也&⼤平祥⽣&鶴房汐恩ユニット
8:Run&Go
9:NEWSmile
10:HIDEOUT
11:RadioVision
12:Itty Bitty
13:Eyes On Me (feat.R3HAB)
14:OH-EH-OH
15:ユニットC「Voice(君の声)」by SHO&JUNKI&SUKAI 與那城奨&河野純喜&⾦城碧海ユニット
16:Gradation
17:Romance
18:Prologue
19:Venus
20:Mad In Love
21:With Us
22:ユニットD「Breaking The Rules」by TAKUMI&KEIGO&MAMEオリジナル曲/川⻄拓実&佐藤景瑚&⾖原⼀成ユニット
23:Algorithm
24:Walk It Like I Talk It
25:Speed of Light
26:YOLO-konde
27:Tiger
〜ENCORE
28:We Good
29:Touch!
30:僕らの季節
〜DOUBLE ENCORE
31:無限⼤

PICK UP