弁護士資格をもつディレクターが、逆転無罪を連発した裁判官の謎に迫る『ザ・ドキュメント 逆転裁判官の真意』

公開: 更新: フジテレビュー!!
弁護士資格をもつディレクターが、逆転無罪を連発した裁判官の謎に迫る『ザ・ドキュメント 逆転裁判官の真意』

カンテレ『ザ・ドキュメント』が放送されます。

今回は、『ザ・ドキュメント 逆転裁判官の真意』(11月24日/関西ローカル)として、弁護士資格をもつディレクターが、逆転無罪を連発した裁判官の謎に迫ります。

有罪率が99%を超える日本の刑事裁判において、特に珍しい二審での逆転無罪を連発した高等裁判長がいます。

退官直前に逆転無罪判決を連発したのは“告発”だったのか、それとも偶然の“巡り合わせ”に過ぎないのか

2017年7月に定年退官を迎えた、福崎伸一郎元裁判官。

最高裁判所の調査官を務めたこともある“エリート裁判官”で、2015年12月に赴任した最後の職場・大阪高裁で1年半の間に7件もの逆転無罪を出しました。

『ザ・ドキュメント 逆転裁判官の真意』のシーン
判決主文「破棄無罪」

当時、週刊誌でも取り上げられるなど、話題となりましたが、福崎さん自身は何も語らず、その真意は今も謎のまま。

退官直前に、福崎さんが逆転無罪判決を連発したのは“告発”だったのか、それとも偶然の“巡り合わせ”に過ぎないのか。

ディレクターは、そんな福崎さんの真意にこそ「日本の刑事裁判を考えるヒントが隠されているのでは」と判決文を読み込み、関係者をたずね歩きます。

『ザ・ドキュメント 逆転裁判官の真意』のシーン
上段中央)福崎伸一郎裁判官(当時) 大阪高裁法廷にて撮影

今作の上田大輔ディレクターは、“記者兼弁護士”という異色の経歴の持ち主。

その専門知識をいかして、えん罪事件を中心に取材してきました。家族が離れ離れになる、えん罪被害の全貌を描いた『ザ・ドキュメント 引き裂かれる家族~検証・揺さぶられっ子症候群』(2023年7月放送)では、今年度上期のギャラクシー賞を受賞。

『ザ・ドキュメント 逆転裁判官の真意』のシーン
上田大輔ディレクター

周防正行監督、「イチケイのカラス」のモデルになった伝説の元裁判官、“ロス疑惑銃撃事件”裁判長を取材

その原点には、痴漢えん罪を描いた映画「それでもボクはやってない」であぶり出された、“有罪推定”ともいえる日本の刑事裁判への疑問があります。

今回は、福崎さんの素顔を知る一人として、映画「それでもボクはやってない」の周防正行監督を取材。

『ザ・ドキュメント 逆転裁判官の真意』のシーン
周防監督

ほか、福崎さんが逆転無罪を出した事件の担当弁護士や漫画「イチケイのカラス」のモデルにもなった伝説の元裁判官・木谷明さんらをたずね、その証言をもとに福崎さんの真意を探ります。

『ザ・ドキュメント 逆転裁判官の真意』のシーン
木谷元裁判官

また福崎さんの“師”で、“ロス疑惑銃撃事件”で逆転無罪判決を出した裁判長・秋山規雄さんのテレビ初インタビューも収録しています。

いったい実際の福崎さんは、どんな人物なのか。ディレクターはかつて福崎さんに2度にわたって取材を申し込みましが、返事はありませんでした。

今度こそ、福崎さん本人にたどり着けるのか。はたして退官間際に逆転無罪を連発した、福崎さんの真意とは――。

『ザ・ドキュメント 逆転裁判官の真意』のシーン
福崎伸一郎裁判官(当時)

周防正行監督は「マスコミが、裁判所に深く斬り込んでいくことはほぼない。それがずっと不満だった。今回のドキュメンタリーが、どこまで裁判官に迫れるのか注目している」と番組に期待を寄せています。

また上田ディレクターは「逆転無罪が多いことが、なぜこれほどまでに目立ってしまうのか。福崎さんの裁判官人生を通して、日本の刑事裁判が“疑わしきは罰せず”の原則が守られているのかを問いたいと思いました。みなさまには、福崎さんの真意を追いかける私と一緒に、考えていただきたいと思っています」とコメント。

『ザ・ドキュメント 逆転裁判官の真意』(関西ローカル)は、11月24日(金)25時25分より、カンテレで放送されます。

<番組概要>

『ザ・ドキュメント 逆転裁判官の真意』

放送日時:11月24日(金)25時25分~(関西ローカル)

ディレクター:上田大輔

撮影:小松和平

編集:高澤宏

プロデューサー:宮田輝美

(敬称略)

公式HP:https://www.ktv.jp/docu-gyakuten/

公式X(旧Twitter):https://twitter.com/document_ktv

PICK UP