『パリピ孔明』最終話に幾田りら、ハラミちゃん、関根史織、上田航平が出演!

公開: 更新: フジテレビュー!!
『パリピ孔明』最終話に幾田りら、ハラミちゃん、関根史織、上田航平が出演!

『パリピ孔明』最終話のゲスト出演者が発表されました。

現在放送中の水10ドラマ、向井理さん主演の“音楽青春コメディ”『パリピ孔明』。

原作は、累計発行部数160万部突破の「ヤングマガジン」(講談社)にて現在も連載中の大人気コミック「パリピ孔明」(原作:四葉夕トさん、漫画:小川亮さん)。

中国三国時代の名軍師・諸葛孔明(向井理)が現代の渋谷に若かりし姿で転生し、歌手を目指す一人の少女・月見英子(つきみ・えいこ/上白石萌歌)のために、魔法のような作戦を考えては、彼女の前に立ちはだかる壁を軍師のごとく切り崩し、成功に導いていくサクセスストーリーです。

このたび、11月29日(水)放送の最終話ゲストとして、シンガー・ソングライターの幾田りらさん、ピアニストのハラミちゃんBase Ball Bear関根史織さん、お笑いコンビ・元ゾフィー上田航平さんの出演が発表されました。

幾田りらは、本人役で登場!

幾田さんは、英子(上白石)が超大型音楽フェス・サマーソニアへ向かう途中、遭遇するアーティストの幾田りら(本人役)として登場します。

たまたま、道路で撮影をしていた有名人、幾田さんとの遭遇に思わず英子も「え!幾田りらじゃない!?ヤバ!本物!!」とハイテンションに。

本作のために書き下ろされ、幾田さんが作詞・作曲にも携わった英子のオリジナル楽曲「DREAMER」は、MVの再生回数200万回以上を突破し、収録されたアルバムもオリコンデイリーチャート9位、iTunesアルバムJ-POPチャート5位(※各情報は、11月23日時点)を獲得するなど、話題を呼んでいます。

『パリピ孔明』最終話に幾田りら、ハラミちゃん、関根史織、上田航平が出演!
幾田りら

ハラミちゃんが演じるのは、英子やスーパーアーティスト・前園ケイジ(まえぞの・けいじ/関口メンディー)が出演するサマーソニアの運営スタッフ・米田(よねだ)。

本番直前、あるトラブルが発生した際も、フェスのオーガナイザー・近藤剛(こんどう・つよし/嶋田久作)と秘書の霧島玲奈(きりしま・れいな/アオイヤマダ)のもとにやってきて、トラブルの対処をします。

『パリピ孔明』最終話に幾田りら、ハラミちゃん、関根史織、上田航平が出演!
ハラミちゃん

関根さんが演じるのは、イースト・サウスの南房(なんぼう/休日課長)の妻・佐智子(さちこ)。

ケイジからディナーに招待された佐智子は、娘の麻依(まい/板垣樹)と東山(ひがしやま/石崎ひゅーい)の妹の美玲(みれい/MICO)と一緒に上機嫌で南房のもとに訪れますが、ケイジの振る舞いに南房は怪訝(けげん)な表情を浮かべ…。

関根さんは、3人組ロックバンド、Base Ball Bearのベーシスト。関根さんが芝居をするのは、2005年公開の映画「リンダ リンダ リンダ」で女子高校生バンドのベーシスト役で注目を集めて以来、2度目となり、ドラマ作品に出演するのは本作が初となります。

上田さんが演じるのは、ケイジに雇われた運転手。サマーソニアの会場に到着した英子が乗車するバスの運転手で、ケイジの命令である行動に出ようとします。

上田さんは、2017年と2019年の「キングオブコント」のファイナリストになるなど、屈指の実力と人気を誇るお笑いコンビ・元ゾフィーのボケ担当。現在は、プレーヤー兼作家として活動しています。

『パリピ孔明』最終話は、11月29日(水)22時より、フジテレビで放送されます。

<幾田りら コメント>

――出演はいかがでしたか?

楽曲提供だけでなく、こういったステキな機会をいただけて、とてもうれしいです。

――撮影で印象に残っていることは?

「DREAMER」を書かせていただいた身として、英子として生きる上白石萌歌ちゃんに現場で会えたことにとても感動しました。

撮影の合間にも、互いに「大学卒業おめでとう」を言い合ったり、萌歌ちゃんのフィルムカメラで撮影したり、楽しい時間を過ごさせてもらいました。

また、ドラマの現場に入らせていただくのが初めてだったので、すごくドキドキ緊張していましたが、みなさん温かく迎えてくださったので、本番は伸び伸びと撮影することができました。

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

『パリピ孔明』と現実世界が交わるような、そんなステキな経験をさせていただきました。ぜひ、楽しみにしていてください。

そして引き続き、「DREAMER」をたくさん愛していただけたらうれしいです。よろしくお願いします。

<ハラミちゃん コメント>

――出演はいかがでしたか?

本人役の経験はあったのですが、別の役をそもそも演じることが初めてでした。「どうしたら、焦っているように見えるかな」とか、ピアノを弾くことと演技はまったく別物ですが、「表現」という部分では共通した部分もあるので、演技について考える時間も、とても自分にとって勉強になる時間でした。

そして慣れない現場でとても緊張していた私に対して、監督さんがとてもすごく丁寧に演技指導していただき、助監督さんはじめ制作スタッフや俳優のみなさまがとてもなじみやすい雰囲気を作ってくださり、想像以上にリラックスしながら演技ができました。本当に感謝しています。

――撮影で印象に残っていることは?

38度ほどあった真夏の撮影で、前園ケイジ役の関口メンディーさんが毛皮のコートを着ているにも関わらず、汗ひとつかかず演技に集中されていた姿がとても印象的でした。プロフェッショナルな姿を、間近で見ることができ感激でした。

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

私も『パリピ孔明』毎週楽しく拝見させていただいています。『パリピ孔明』のストーリーはもちろん、色味や小道具など細部のどこを切りとっても、しっかりと世界観が確立してあるドラマだな、と思います。

そんな『パリピ孔明』でしか表現できない独特な世界観に、自分が入り込めるなんて夢のようでした。

ピアノを弾いていないハラミちゃんを見ることも少ないと思うので、スタッフ役のハラミちゃんも楽しんでいただければと思います!

<関根史織 コメント>

――オファーを受けたときは、どう思いましたか?

「テンション高めの演技は、たぶんできないですけど…それでも良ければ…」という感じで受けさせていただきました。

演技に関しては不安でしたが、ミュージシャンもたくさん出演されるということだったので、新鮮で面白そうだな、と思いました。

――撮影で印象に残っていることは?

控室のすみっこで緊張して縮こまっていたら、上白石さんが「『リンダリンダリンダ』好きなんです」と話しかけてくれたり、八木さんがグミをくれたりして、大変やさしくしてくれました。

私は短パンにおでこ丸出しで、人生で一度もしたことない格好にソワソワしながら精いっぱいテンション上げて頑張りました。うまくテンション上げられているかわかりませんが…よろしくお願いします!

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

ライブシーンの撮影を終えた出演者のみなさんが控室に戻ってきたときに、お互いのパフォーマンスを興奮しながら褒め合っているのを目撃しました。

きっと、すごく良いシーンが撮れたんだろうな、とできあがりを見るのが自分もとても楽しみになりました。みなさま、ぜひご覧ください!

<上田航平 コメント>

――出演はいかがでしたか?

フジテレビ系ドラマにちょっとした滑稽な役どころで出演するのは夢だったのですが、あまりにあっけない滑稽で、思わず笑いました。

――撮影で印象に残っていることは?

猛暑にも関わらず、アゲアゲのスタッフさんがいて、「こっちにもパリピがいる」と思いました。

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

最後のシーンは監督に褒められました。我ながら滑稽でした。見逃さないよう、ぜひご覧ください!

最新放送回は、TVerFODで無料配信中!

※FODでは、地上波放送直後から次週のエピソードを先行独占配信中!

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/paripikoumei/

公式X(旧Twitter):https://twitter.com/paripikoumei_cx

公式Instagram:https://www.instagram.com/paripikoumei_cx/

公式TikTok:https://www.tiktok.com/@paripikoumei_cx

PICK UP